主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール四面楚歌 ベトナム急接近
2月15日8時0分配信 産経新聞
 ■タイ「軍事機密を盗聴」/インドネシア砂供給停止/マレーシア「洪水の元凶」
 【シンガポール=藤本欣也】小国ながら東南アジア随一の経済発展を遂げたシンガポールと近隣諸国との関係がぎくしゃくしている。タイからは「軍事機密を盗聴している」と名指しされ、インドネシアからは、建設に欠かせない砂の供給を突然止められた。政治・経済的に緊密な関係を築いてきたタイのタクシン政権が崩壊した影響は大きく、国家戦略の見直しを迫られたシンガポールは新たなパートナーとしてベトナムに橋頭堡(きょうとうほ)を築こうとしている。
 「わが国はトリプル攻撃に見舞われた」。シンガポールの英字紙ストレーツ・タイムズがこう指摘したように、同国は今、四面楚歌(そか)の状況に置かれている。
 まず、軍事クーデターで失脚したタイのタクシン前首相が1月、シンガポールを訪問した際、友人のジャヤクマル副首相が面会したことにタイ当局が激怒。両国間の交流を一部制限した。タイ軍部も、シンガポール政府系企業の傘下に入った自国の通信会社を通じ、軍事機密がもれている疑いがあると広言し、シンガポール政府が打ち消しに躍起となっている。
 次にシンガポールに降りかかった難題は“砂”不足だった。シンガポールは建設用コンクリートに必要な砂をインドネシアから輸入していたが、今月6日、インドネシア政府は突然、砂の供給をストップ。建設費の高騰が懸念されている。
 インドネシア側は環境保護を理由に挙げるが、「(国境問題など両国間の未解決問題で)歩み寄ろうとしないシンガポールへの報復」(ジャカルタ・ポスト紙)との見方がもっぱらだ。
 さらに、洪水に見舞われた対岸のマレーシアからは、「シンガポール領の埋め立てのせいで河口が狭まり、洪水が引き起こされた。悪いのはシンガポールだ」との非難の声が上がっている。
 小国なのに経済発展を謳歌(おうか)するシンガポール人へのやっかみもあり、シンガポールと隣国のインドネシアやマレーシアとの関係はこれまでもよくなかった。「マレー人の海に浮かぶ華人の島」(リー・クアンユー顧問相)のシンガポールはここ数年、華人系のタクシン政権との関係をテコに域内での発言力を確保しようとしてきた側面がある。それだけに、タイのクーデターで国家戦略の見直しを迫られた格好となっている。
 その点で注目されるのは最近の同国とベトナムの急接近ぶりだ。リー顧問相が1月、東南アジア・トップの経済成長率を持続するベトナムを約10年ぶりに訪問し、政府要人と会談を重ねた。シンガポール企業のベトナム進出や、シンガポールによる証券市場整備なども相次いで決まっている。「シンガポールは長期的戦略に立った対越支援に乗り出した」(外交筋)との見方が出ている。 最終更新:2月15日8時0分

うーんシンガポールは孤立してるのかあ。
>小国なのに経済発展を謳歌(おうか)するシンガポール人へのやっかみもあり
これは結構あるみたいですね。確かにシンガポールの生活水準は日本と変わらないかそれ以上に感じる面がありましたし。
シンガポールがベトナムに目をつけているのは当然でしょうねえ。インドネシア、タイ、マレーシアと比べて、ベトナム人の勤勉さは突出してるんですよね。他がダメなんじゃなくて、皆それぞれ勤勉なんだけど、ベトナム人は、本当に努力家が多いです。日本人も一番ベトナム人と分かり合えるんじゃないかなあ。
シンガポールは、都市国家で本当に小国ですが、軍隊もきっちり存在し、徴兵制も完備しているので、うらやましい限りです。まあ、徴兵制は、体を鍛えるって言う意味ではいいらしいってだけですけど。
シンガポールの女の子に言われたのが日本人の男は、皆BOYだ。徴兵を受けた男はManだって。
確かに徴兵を終えたシンガポールの男は結構ムキっとしてていい感じでしたね。
韓国の女の子も同じようなことを言ってましたね。
ただ、韓国の男の友人は、「俺みたいな勉強しか出来ない奴を徴兵させるより、研究させた方がよほど国の役に立つ」って怒ってました。
まあ近代戦で徴兵制で徴兵された兵士よりは、志願制で、常に厳しい訓練を受けてプロフェッショナルな兵士の方がよほど強いと思いますが。
近代戦なんて言っちゃったけど、昔から白兵戦オンリーの頃から、戦は兵の大小ではない、将の駆け引きだって言うのが常識だと思うし、だからこそ孫子の兵法は、現在にも通用するんですが・・・・。

シンガポールの孤立が、東南アジアの間隙になり、中国などの介入を許す前に、日本が東南アジアの安定に寄与することが国益だと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。