主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウオッカ、64年ぶり牝馬V=3歳馬8470頭の頂点に-日本ダービー
5月27日19時31分配信 時事通信
 27日、東京競馬場で行われた競馬の第74回日本ダービー(芝2400メートル)で、3番人気のウオッカが後続に3馬身差をつけて圧勝、牝馬として64年ぶりの優勝を飾り、2004年生まれのサラブレッド(外国産馬含む)8470頭の頂点に立った。
 牝馬の挑戦は11年ぶりで、優勝は1937年のヒサトモ、43年のクリフジ以来史上3頭目。今秋には世界最高峰と言われるフランスの凱旋(がいせん)門賞に挑む計画もある。
 ウオッカは父タニノギムレットが02年のダービー馬で、父子2代制覇となった。四位洋文騎手、角居勝彦調教師ともダービー初制覇。
 逃げた14番人気のアサクサキングスが2着に入り、3着は4番人気のアドマイヤオーラ。配当は3連単が100円の購入で215万5760円となり、クラシック競走での最高を記録した。
最終更新:5月27日19時31分

皇太子と安倍首相と一緒に府中の東京競馬場でレース観戦してきました。朝から行って来ましたが、非常に熱かったです。ちょっとね、二着に16番のアサクサキングは予想しませんでしたが・・・・。
しかしウォッカが勝ってくれて単勝は取れました。ウォッカ有難う。そしておめでとうございます。
だんだん、当りが出てきているので、そろそろ万馬券、十万馬券、百万馬券と夢は広がりそうですね。
今年はウォッカに注目ですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。