主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当にこの爺さんは死んでくれないかね。
大連立協議の裏に「ナベツネ」 混乱に拍車

会談内容が漏れない中で、2人の仲介者が、読売新聞の渡辺恒雄(わたなべつねお)グループ本社代表取締役会長(81)だったことがジワジワと知れ渡り、与野党の混乱に拍車をかけた。
 渡辺氏は、熱心な政界再編論者で、自民、民主両党の大連立を提唱し続けてきたからだ。
 渡辺氏は2日夕、民放報道番組の収録を行い、党首会談の仕掛け人なのかと問われ、「知りません」と述べたが、「大連立は早ければ早い方がいい」と持論をぶった。

マスコミのドンが、巨人だけじゃなくて、政治にまで、権力を振りかざす。老害だから、早く排除すべきだ。こいつ昔共産党員だったんだろう?もうこの爺さんの、やりたいことは明らかだと思うんだよ。
小沢氏辞任会見詳報(2)中傷報道に厳重に抗議する
マスコミの誹謗中傷など、安倍さんに対するそれと比べたらそんな大したもんじゃないだろう。
どうせ湾岸戦争の時の500億円ネタをばらされるのが嫌だったんだろう。
小沢なんて、今生きている政治家の中で一番金に汚いのは、周知の事実で、それを反日マスコミが、うまく隠していたにすぎない。そこに目が行かないように。
ただ、今回は、辞任した理由もよくわからんね。
連立を持ちかけたか持ちかけられたか、どっちでもいい話だが、問題はインド洋の給油活動を多くの国民が支持しており、本人も国益を損ねてることはよくわかったんだろう。
ただ自分の懐に一銭も入らないのが気に入らないんでしょう?小沢なんてそんなもんです。
今回福田が一矢を報いた感じなのだろうか?まあ私は福田を一切信用していないのであれですが、それくらいの図太さが安倍さんにもあればねえ。
小沢は揺さぶり掛けに行って、自らを揺さぶった感があるねえ。
スポンサーサイト

15日靖国参拝せず=政局の混乱回避、中国にも配慮-安倍首相
8月9日19時2分配信 時事通信
 安倍晋三首相は9日、終戦記念日の15日に靖国神社を参拝しない方針を固めた。参院選での自民党惨敗で政権の求心力が著しく低下する中、仮に参拝すれば連立を組む公明党が反発するのは必至で、政局の混乱を招きかねないと判断した。首相の年内訪問合意など、安倍政権下で改善しつつある中国との関係も考慮したとみられる。
 首相は、小泉前政権で靖国参拝が外交問題となったことを踏まえ、参拝の有無について明らかにしない方針を繰り返し表明。9日夜も、終戦記念日に参拝するかどうかをただした記者団に対し「行く、行かないについて明言する考えはない」と語った。 
最終更新:8月9日21時1分


靖国参拝>首相、15日は見送りへ 小池防衛相も参拝せず
8月7日21時54分配信 毎日新聞
 安倍晋三首相は7日、終戦記念日の15日に靖国神社に参拝するかどうかに関し、首相官邸で記者団に「靖国神社に参拝する、しないについては申し上げないことにしている」と語り、参拝について明言を避ける首相就任以来の姿勢を重ねて示した。ただ、参院選での惨敗を受け、公明党をはじめ参拝に批判的な与党内の声に一層配慮せざるを得ず、15日の参拝は見送る公算が大きい。
 首相周辺は「首相は15日には靖国神社に参拝しないだろう。公明党との関係もある」と語り、公明党への刺激を避けるためにも15日参拝は見送るとの見方を示した。
 また、小池百合子防衛相は7日の記者会見で、15日の靖国神社参拝について「スケジュール的に可能性はない」と述べ、参拝しない考えを表明。小池防衛相は小泉内閣で環境相を務めた04、05の両年、終戦記念日に靖国神社に参拝していた。【田所柳子、近藤大介】

首相は明言しないと言っているのに記事読んでも、行く、行かないとは明言しないが結論になっているのに、記事の見出しは、何でか参拝せずになっている。小池さんは行かないと言っていると書いてあるのであれですが。
しかし、首相も防衛大臣も若干ヘタレなようなので、不肖私が、15日に靖国に参拝しに行って来る事にします。
こう最近つくづく感じるのは、新聞とかインターネットにしても見出し付きのニュースの見出しは東京スポーツ並みにひどいを書きますね。
まあ東京スポーツはそういうネタを売り物にしていますから、高校時代はそれが楽しくてたまに買ってましたが・・・。

年金保険料横領、社保庁が全国で実態調査
 年金保険料の一部を収納担当の職員が横領している事例があるとして、社会保険庁は全国の実態調査を始めた。保険料横領は発覚している分だけで2002年までに1億1000万円を超すと判明、未発覚のケースもあると見られる。社保庁は市区町村職員を調査する方針だが、同庁の地方出先機関も対象になる可能性がある。保険料横領は、払ったはずの保険料納付記録がなくなっている「消えた年金」などの一因とみられる。調査と情報公開を急ぐ必要がありそうだ。
 会計検査院の調査資料によると、1989―02年までの公的保険料の横領額は発覚した分だけで約1億1000万円。4年間にわたり加入者から受け取った保険料を国庫に納付せずに着服していたケース(東京・蒲田)、架空の被保険者記録を職員が作り自ら開設した金融機関口座に年金を振り込ませていたケース(愛知県・半田)など計7件。 (日経07:00)

有権者がマスコミの姦計に引っかかり、自治労が諸悪の根源であることを、忘れられては困ります。
年金問題で一番悪いのは自治労。つまり社保庁の全ての職員です。
そして民主党の支持母体です。民主党では年金改革ができません。比例区で当選をした相原久美子は自治労の代弁者ですが、彼女も国民がせっせと預けた年金を、すき放題にした国賊です。
マスコミが必死に隠したい自治労の問題ですが、ここを叩かないで自民党はどこを叩くんですか?
民主党は、年金を払ってもない人に、私達の税金を投入して払おうとしております。有権者の多くはマスコミにそれを隠され、自民が悪いと思い込んでいますが、一番悪いのは自治労です。
それを隠す民主党マスコミに騙されないように。

次期首相に参拝中止要請 米大物議員の抗議相次ぐ [ 09月15日 10時36分 ] 共同通信
 【ワシントン14日共同】米下院外交委員会の重鎮、ラントス議員(民主党)は14日の公聴会で、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を非難し、次期首相に参拝中止を要請した。さらに、太平洋戦争中の南京大虐殺の実態を否定する教科書を「日本政府が認めている」と指摘。「歴史を否定する者は(同じことを)繰り返す」と、歴史問題に対する日本政府の態度を厳しく批判した。
 同委員会のハイド委員長(共和党)も同神社内の展示施設「遊就館」の太平洋戦争に関する説明内容を修正すべきだと主張しており、米議会の大物が日本側の歴史認識に相次ぎ抗議した格好だ。
 11月の中間選挙で野党民主党が下院を奪回した場合、ラントス議員は同委員会の委員長に就任する予定。同議員は第2次大戦中のホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の生存者でもある。



 

<米議会>靖国神社遊就館の展示に変更求める ハイド委員長 [ 09月15日 11時50分 ]
【ワシントン及川正也】米下院外交委員会のハイド委員長(共和党)は14日、日本と近隣諸国に関する公聴会で、靖国神社にある戦史展示施設「遊就館」について「事実に基づかない歴史が教えられており、修正されるべきだ」と述べ、展示内容の変更を求めた。
 また、民主党のラントス筆頭委員は小泉純一郎首相の靖国神社参拝を「日本の歴史に関する健忘症の最もひどい例だ」と指摘し、「次期首相はこのしきたりをやめなければならない」と参拝中止を求めた。米国内には首相の靖国参拝による日中関係悪化を懸念する声があり、米外交に影響力を持つ両議員の発言は日米間に波紋を広げそうだ。
 ハイド委員長は「遊就館が第二次大戦は日本による西側帝国主義からの解放だと若い世代に教えていることに困惑する」と批判。ラントス議員は「A級戦犯が祭られている靖国神社への参拝はドイツで(ナチス幹部の)ヒムラーらの墓に献花するのと同じ。韓国や中国の怒りをあえて招くことをする限り、日本が国際社会で重要な役割を演じるのは難しい」と述べた。
毎日新聞


いろんな方々が次はアメリカ様はこう言ってますよと言い出すに違いないっていう予想通りです。さすが共同通信、タイトルに大物議員の抗議相次ぐって二人しか名前出してないですが?アメリカの下院の大物はこの二人だけですか?そうですか。
アメリカ合衆国政府の公式見解として、靖国に干渉してきた時は、内政干渉だ!!と抵抗しますが、議員個人が、日本の何を否定、非難しようが、それは彼の思想、信条、言論の自由ですよ。ただし、私は一個の人間なんで、このブログで抗議します。
ラントス議員の発言は自らの見識の無さと頭の悪さをさらけ出してるにすぎません。
歴史を否定する者は繰り返すという頭の悪い発言をそのままラントス議員に返します。「原爆を実験目的、及びソ連への威嚇目的で落とした」ことも繰り返しますね。
ナチスと一緒にしたくてしょうがないようですが、日本にはナチスのヒムラーに該当する人物は歴史上存在しておりませんし、そもそもナチスみたいな集団自体存在してません。A級戦犯は、連合国が、該当者を適当に選んでみただけです。「アメリカの歴史に関する健忘症の最もひどい例だ」と黒羊はラントス議員を非難します。
反日マスコミは情報を都合のいいように垂れ流すのはやめてくれませんか?
アメリカだろうがなんだろうが、人様の靖国神社問題や歴史認識に口出す権利はないでしょう?アメリカにアメリカの主張があるように日本には日本の主張がある。
これで朝日新聞の夕刊と明日の社説の記事がほぼ決まりですかね?

首相→靖国に参拝→反日マスコミ→中韓にご注進→中韓騒いでみる→効果なし→天皇を持ち出す→政治利用やめろと非難される→アメリカ様の左派議員にご注進→一部議員が騒ぐ→効果なし
なんだ、反日マスコミは結局、アメリカ追従じゃないですか?
次のカードは何ですか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。