主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍氏「女系天皇容認、見直しも」 旧宮家復活など

 安倍晋三官房長官は15日午後、女系、女性天皇を容認する「皇室典範に関する有識者会議」の最終報告に基づく皇室典範改正作業の見直しもあり得るとの認識を表明した。フジテレビの番組収録で語った。
 安倍氏は父方に天皇を持つ男系の女性天皇について「今までも(皇位の継承は)あった」と容認する姿勢を示した上で、その子供である女系天皇に関しては「ずっと男系できた伝統をすぐに変えるのかどうか慎重になるのは当然だ」と述べ、男系維持が望ましいとの考えを強調した。
 男系維持の具体的方法については、旧宮家の復活や旧皇族による現宮家の継承などを挙げた。from iZa


チャンネルを間違えて、日本テレビを見てしまい、太田の頭の悪い発言にむかつきました。いやシンクロ見ようとつけたら日本テレビだったんですけどね。

さて、安倍氏、期待通りの発言をした。

「ずっと男系できた伝統をすぐに変えるのかどうか慎重になるのは当然だ」


女性天皇の容認、女系天皇には慎重、当然だと思います。2600年に渡る伝統を簡単に変えるべきではありません。
日本の歴史を考えると、日本を象徴するのはやはり天皇だと思います。
天皇は日本人にとって、良心であると思います。
日本人は今まで、時代を天皇と共に歩み、これからも歩んでいくべきだと思います。そして私は共に歩んで行きたいと思います。
また、日本という国は天皇と共にあり、これからもずっと・・・・。
長く続けることは難しいことです。天皇家もその歴史の中で、何度か危機を迎えることがありました。
足利義満は、天皇に取って代わることを目指し、織田信長もまた。
そして敗戦。
この偉大なる歴史をもつ天皇家を尊重することは、これまでも尊重してきた、過去の日本人の歴史を尊重することを意味するのではないかと私は思います。日本人の日本人たる所以ではないでしょうか?
千代に八千代に・・・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。