主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の母子殺害:差し戻し審 検察、弁護双方が更新意見書 /山口
5月25日17時1分配信 毎日新聞
 24日に広島高裁であった光母子殺害事件の差し戻し審初公判で、検察側、弁護側双方が出した更新意見書の要旨は次の通り。
 ◇検察側更新意見書
 1審判決は、犯行の罪質、動機、態様、結果、遺族感情、社会的影響などから帰結される被告の刑責の重大性を認めながら、死刑適用の判断方法を誤った。被告の更生可能性の有無に集約させた主観的事情を重視した。判断は著しく正義に反し不当で、速やかに是正されなければならない。
 ◇弁護側更新意見書(要旨)
 ■概要
 1審判決及び旧控訴審判決、上告審判決も事実認定を誤り、量刑にあっても誤りを犯している。
 (1)強姦(ごうかん)殺人という性暴力事件でなく、被告の失った母に対する人恋しさに起因する母子一体ないし母胎回帰の事件。
 そもそも強姦の意思はなかったが、予想に反して被害者に大声を上げられ、制止しようとして誤って窒息死させた。被害者を殺害する意思はまったく存在しない。死亡した被害者を見て初めて姦淫意思を生じた。傷害致死罪にとどまる。
 (2)被告の著しい精神的な未発達がもたらした偶発的な事件で、被告の対応能力の欠如によって予想外に拡大した。
 被害者の予想外の激しい抵抗を受けパニック状態に陥った。被害児に対しても殺意はなかった。
 (3)精神状態は著しく未成熟で極度の退行状態にあり、成人と同じく非難することはできない。
 精神的に著しく抑圧されて育った。母親が自殺し唯一絶対の庇護(ひご)者を失い、精神的に発達する機会をほぼ失った。
 就職という新しい環境に不適応をきたし、強度な精神的ストレスのため重篤な退行現象を起こしていた。18歳を超える者と同等の処罰は誤り。
 (4)反省・悔悟が十分でないと非難されてきたが、被告の悪性としてとらえることは誤り。
 現在では、いまだ十分とは言えないまでも、反省としょく罪の意を深め、被害者に謝罪の手紙を出すまでになった。1日6時間、時間給5円70銭の袋はり作業を願い出て、作業報奨金を被害者遺族に送付した。
 ■上告審判決批判
 原判決に事実誤認の違法があることをおくとしても、永山事件にいう死刑選択基準の適用を逸脱し、実質的な判例変更を(大法廷でなく)小法廷において審理、判断したことは法令の解釈を誤る違法がある。
〔山口東版〕
5月25日朝刊
最終更新:5月25日17時1分

キチガイ弁護団が21人ついたようですね。
うちの母親や妹もこのニュースを聞いて「弁護団も一緒に死刑にすればいい」と言ってましたが、私もそう思います。
大体マスコミも未だ、犯人の名前を出さないです。21人の弁護団の名前のリストが欲しい所ですね。
もし私が被害者の遺族なら、やはり、裁判で死を与えないのなら、私自ら加害者に死を与えるでしょうね。キチガイ弁護士安田は、「死刑は国によるリンチだ」とか抜かしてるらしいですけどね。じゃあ殺された人間は殺されっぱなしなんですか?殺したもの勝ちですか?
命には命を以って贖うしかないだろうが、ボケどもめ。
21人の弁護団も死刑にして欲しいと願う今日この頃。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。