主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「戦争記念館展示は誤り」 中国人作家、反日批判論文を撤回
 

【北京=野口東秀】中国・上海大学中文系教授で作家の葛紅兵氏(38)が今月上旬、中国各地の抗日戦争記念館について、「復讐(ふくしゅう)心をあおるような展示はやめるべきだ」とする論文を発表したところ、非難が殺到、葛氏は10日弱で論文を取り消す事態に追い込まれた。胡錦濤指導部は「中日友好」を重視し、対日批判を押さえ込んでいるが、葛氏への非難のなかには「(中日)友好宣伝に反感がわく」と政府批判まで登場、当局は社会の安定を重視し事態を沈静化させる方向に動いたとみられる。
非難殺到、政府にも矛先
 論文は、日中戦争の発端となった盧溝橋事件から70周年にあたる7月7日に北京郊外の抗日戦争記念館で行われる行事を前に今月12日、同氏のブログに掲載された。
 論文は「歴史を記憶させることに反対はない」としながら、「しかし恨みをあおる展示の仕方は誤りであり反対する」「寛容と和解を抱くことが中国の国益にもなる」などとして、事実上、「反日教育」の転換を訴える内容だった。
 葛氏は論文撤回直前、産経新聞に対し、「事態はすでに自分がコントロールできる範囲を超えた」などと返答、電話などでの批判が想像を超えるほど多いことを示唆した。ただ、当局から論文撤回要求があったかどうかは明言しなかった。
 ネットでの葛氏への非難は、「おまえは中国人か」「日本に対し中国は、まだ寛容ではないというのか」といった批判や、旧日本軍の「人体実験」や、靖国神社参拝問題、石原慎太郎都知事の過去の発言に言及し非難を展開したものもあった。一方、「中国人の反日感情は中国政府の中日友好の宣伝教育のなかで生まれたものだ」などと政府への反発の意見も少なくなかった。
 論文が削除された後の22日のブログで、同氏は「私の論文がネットで反復され重大な争議を巻き起こした。その影響は予想もできなかった。ここで正式に論文を撤回する。多くの読者の民族感情を傷つけ謝罪する」としている。
 胡錦濤指導部はすでに、靖国神社参拝問題や南京事件についてメディアや学術界で反日をあおらないよう通達しており、逆に19日の中曽根康弘元首相を顧問とする「日中青年世代友好代表団」の一行と胡国家主席らが会見したことを大々的に報道した。「友好」と「対日関係重視」の姿勢を示すことで、反日の動きを封じ込める狙いがある。
 消息筋は「当局は葛氏の論文をめぐる動きが反日を逆にあおる導火線になると判断したのではないか」と指摘する。
(2007/06/25 09:25産経)

今まで、反日教育を続けてきた結果が顕著ですね。中国人が自国の国益を本当に考えたら、どうすればいいのか、自ずと答えが出るはずなんですがね。
中華人民共和国とは、日本は関わらなければどうしようもないが、それは中華人民共和国も同じ条件。
ただ中国人の中でも、特に天安門世代の友人や、文革の被害者の子孫なんかは、中国の反日教育に疑問符を持っています。しかし共産党一党独裁のその中国ではそのような声は圧殺されます。
スポンサーサイト
ジアンパ・ピンツオ氏、ダライ・ラマは単なる宗教家ではないと非難 2007-06-20 17:09:45 cri
 

中国チベット自治区のジアンパ・ピンツオ主席は20日北京での記者会見で、「ダライ・ラマは単なる宗教家ではなく、政治屋である」と非難しました。
 ジアンパ・ピンツオ氏は、「ダライ・ラマが外国の政府部門や政治界の要人と頻繁的に接しているが、これは単なる宗教の問題でなく、中国の祖国統一と領土保全、国家分裂反対に関わる問題である。中国政府とチベット自治区は一貫して外国政府と政治界の要人がダライ・ラマと接することに反対している」と示しました。
 ジアンパ・ピンツオ氏はまた、「ダライ・ラマが『チベットにおける高度な自治』を打ち出したが、下心がある。歴史を顧みると、この言い方はチベット人民の願いに背くもので、中国の憲法や現行の基本制度にも違反している。つまり、形を変えた漸進的な独立を企むものである」と指摘しました。(翻訳:姜平)

チベットは、中華人民共和国が一方的に侵略し、民族浄化を行っている地域です。中国共産党と人民解放軍は、この平和で、穏やかな宗教国家を蹂躙し、悪逆非道の限りを尽くしているものであります。チベットはチベット人に返されるべきで、中華人民共和国は、そこからすぐにでも撤退すべきです。歴史上一度も中華人民共和国に所属していなかったチベットを侵略し、不法占拠し、民族浄化を行っているような状態を国連は、見ないふりをし、正義を唱えて止まないアメリカもアクションを起こしません。
将来的にアジアの平和を守るには、日本が目覚めるしかないのです。
チベットをチベット人の手に戻しましょう。
チベットでの宗教保護政策を政府機関がアピール―中国

2007年6月20日、国務院新聞弁公室で行われた記者会見によると、現在チベット全自治区には、1700余りの宗教活動場所があり、4万余りの僧侶、尼僧が寺に居住し、さまざまな宗教活動が行われている。
チベットは、チベット伝統仏教の発祥地である。チベット仏教は人々の間に深く浸透し、信者の数も多く、多種多様な宗教活動は、特有の文化・雰囲気を創り出している。
チベット自治区人民政府の向巴平措主席は、中国政府がチベットにおいて信教の自由政策を施行し、信仰の自由を保護していると報告した。さらに向巴平措主席は、「チベットでは、信者も非信者も、さらに異なる宗教の信者も、互いに平和に暮らしている。これは世界でもあまり見ないことである」と述べた。(翻訳/編集・wume)


共産主義者が、宗教を保護するなんて、笑わせるな。
中国が出て行けば済む話だ。こんな腐った国が、日本からの援助を受け、一方で反日プロパガンダを流し、やりたい放題。
そして国連の常任理事国。世界は狂っている。
カナダの先生が都民に失望して、またも叫んでいます。
所詮、石原は裸の王様にすぎない
まあタイトルからして、そりゃ自分だろって話なんですけど。

今日のアクセス、いやに多いんだけど、今回都知事選前にぐっとアクセスが減って、選挙が終わたとたん増えるって、やっぱり検索で規制されていたのだろうか。この現象は私だけではなくて、AbEnd仲間のブログほとんどに言える。そう言えば、ヘンリー・オーツさんが台東区で運営されている生涯学習センターのパソコンでAbEndのブログがアクセス規制されていて見られなかったって言ってたけど、誰かが台東区に指摘して規制を解いてくれたのかな?

規制云々は、よく知りませんが、アクセス数が増えたのは、浅野大敗について、あなた方、反日がどういう反応を示すか、つまり共産党のせいにするのか、マスコミのせいにするのか、石原慎太郎を応援した芸能人のせいにするのかetcを見たかったからですね。
そしたら都民に失望するという、まさに予想もしない反応を示したためさらにアクセス数アップです。
『OhMyNews』しかニュースソースがないのはかわいそうな限りですね。

石原は、やはり、あと4年はもたないでしょう。となると、都知事補選がもうすぐ行われることになる。その前にリコール運動の動きもあるけど、リコールされる前に体調をくずして自分から辞任するでしょう。でも、もし、リコール運動が実現したら、是非、協力させていただきたいけどね。

まあ妄想ですね。いずれにせよ、あなた方のあり方では選挙では勝てないです。日本人を馬鹿にするのもいい加減にした方がいいでしょうね。

ただ、あいかわらず、OhmyNewsのコメント欄はネトウヨでごったがえしているけど、これってどうにかならないものだろうか。こいつらがいる限り、OhmyNewsの記者になろうと思う人はあまりいないだろうね

多分カナダの先生の意見に合わない人は、皆ネット右翼なんでしょうね。なんであなた方はそんなに独善的でいられるのか・・・謎です。やはりストレス解消だからでしょうか?
ストレス解消反日ブログランキングにすれば、ダントツでTopになれますよ。

慰安婦問題 米紙、米中韓の“反日連帯”主張
 【ワシントン=山本秀也】いわゆる慰安婦問題に関する米下院での対日非難決議案について、米紙ニューヨーク・タイムズは6日の社説で、「日本に全面的な責任受諾を迫る国は米国にとどまらない。韓国中国も日本のあいまいな姿勢に長年憤っているのだ」と主張した。慰安婦に関して、ここまで明確に米中韓の“反日連帯”を主張したケースはリベラル系メディアでもまれだ。
 「慰安ではない」と題した社説は、書き出しで慰安婦問題を「日本軍の性的奴隷」と言い換え、日本統治下の朝鮮半島で兵士との性行為を提供するよう求められていたと断言。こうした性行為は「売春ではなく、連続レイプだった」と指摘した。
 そのうえで、慰安婦問題で強制性を裏付ける証拠はなかったとした安倍晋三首相の発言については、「首相は傷ついた日本の国際的な声望を修復するよりも、あの恥ずべき行為が民間の営利活動だったとする自民党内右派にすり寄っているようだ」と激しく非難する社説を掲載した。
 社説は「恥ずべき過去を乗り越える最初の一歩」として、(1)日本の国会による公式謝罪(2)生存者に対する公的な賠償金支払い-を要求している。
(2007/03/07 09:45産経WEB)

よくもまあアメリカ人が抜け抜けと・・・・。
(1)アメリカの議会による公式謝罪
(2)生存者に対する公的な賠償金支払い
要求してもいいよね?
アメリカはするのかよ?パンパンと呼ばれた人たちは「売春ではなく、連続レイプだった」のだろう?
特殊慰安施設協会
GIベビー
占領軍進駐直後の米兵による強かん事件捜査報告書
さあ落とし前つけようぜ。脳みそがアメリカンの癖に自分を棚に上げていけしゃあしゃあとまあよく言うぜ。
まあオオニシとか言う反日売国奴が影響してるんだろうけど。
なにぶん根が反米なもので、言葉遣いが乱れておりますがご容赦の程を。
韓国大統領が、吼えてます。

盧武鉉大統領「訪日に条件をつけたくない」
 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日、青瓦台(大統領府)で記者会見を行い、南北首脳会談とヨルリン・ウリ党問題、改憲問題、韓日関係などについて自身の見解を示した。
 盧大統領は任期中の訪日問題について、「訪日に条件をつけたくない。小泉首相が包括的な前提を無視し、靖国神社を参拝したため、会談も断り、面会しなかった」と述べた。
 また盧大統領は「安倍首相は靖国参拝をしていない。日本の各指導者も世論も、この問題を真摯に考えてほしい」と語った。
朝鮮日報JNS


来ないでください。お前に靖国は関係ないです。キモイから日本に付きまとうのはやめてください。

盧武鉉大統領「“平和の海”は即興ではない」
 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日、青瓦台(大統領府)で記者会見を行い、南北首脳会談とヨルリン・ウリ党問題、改憲問題、韓日関係などについて自身の見解を示した。
 盧大統領は東海(日本海)の呼称を「平和の海」と提案した問題について、「平和の海に関して批判を受けたが、即興で出したものではない」と語った。
 盧大統領は「(平和の海を提案したことは)外交チャンネルを通じ公式に提案することはできないため、首脳会談でプラスアルファとして提案してみたもので、突然提案したわけではなかった」と語った。
 また「道が開かれているのが政治であり、外交だ。あの提案は首脳会談以外にできるものではなかったので、そのように理解してほしい」と語った。
 盧大統領は「少しずつ歩み寄るため、“平和の海”“和解の海”と言えば、志のある国民は歓迎するだろう」と述べた。
朝鮮日報JNS


どうでもいいけど、日本側に譲歩する理由が全く無いです。日本海は日本海です。

盧大統領「日本人拉致問題は核問題と同列ではない」
 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日、青瓦台(大統領府)で記者会見を行い、南北首脳会談とヨルリン・ウリ党問題、改憲問題、韓日関係などについて自身の見解を示した。
 盧大統領は北朝鮮による日本人拉致問題について、「韓国国民のほとんどが日本人の心情をよく理解しており、日本政府の主張に対してもおおむね同意しているだろう」と述べながらも、「だが6カ国協議の枠内で拉致問題が最優先課題となったり、北朝鮮の核問題と同列で話し合われるのは、6カ国協議参加国のほとんどが望んでいない」と述べた。
朝鮮日報JNS


本当はお前の国がもっと解決に血道をあげるべきだろうが?お前らはお互い様だったかもしれんが、日本人で拉致された人間は、無辜の民だ。それを協議で主張するのは当然だ。お前は、拉致された自国民のためになんでもっと働こうとしないんだ?金正日の配下だからでしょ?
ちょっとは自国民のために働いたらどうよ。

盧大統領「日本だけがなぜ特別待遇を受けようとするのか」
 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は25日、青瓦台(大統領府)で記者会見を行い、南北首脳会談とヨルリン・ウリ党問題、改憲問題、韓日関係などについて自身の見解を示した。
 盧大統領は歴史問題や靖国問題における日本政府の対応について、「誠意を尽くせば解決できる問題に誠意を尽くしてくれることを望む」とし、日本側の努力を求めた。
 盧大統領は「解決が難しい問題は先送りするとしても、歴史問題や靖国問題といった易しいものは解決可能な道がある」と語った。
 また盧大統領は「日本だけがなぜ特別待遇を受けようとするのか。なぜ日本だけ過去の問題を黙殺しようとするのか」と日本側の対応を批判し、「普遍的な原理に基づき、誠意をもって取り組んでくれればいいと思う。両国関係において、協力基盤を拡大するための小さな努力がなければならない」と語った。
朝鮮日報JNS


韓国からの誠意を見たことがありません。少しは努力しろ!!普遍的原理に基づき、韓国の本当の歴史を見つめ直し、自分達が今如何に捏造した歴史の上に立っているかを考えるべきですよ、韓国とその国民は。
韓国だけがなぜ特別待遇を受けようとするのか。なぜ韓国だけが、なぜ過去の問題を黙殺して、平気で他国を貶めようとするのか」と黒羊は韓国の馬鹿大統領の態度を批判。
で兎に角、日本に来なくていいので、日本に関わらない方向でお願いします。本当に大統領、あなた気持ち悪いです。何で北朝鮮に自国民売り払おうとしてるんですか?
国民が選んだとは言え、あんな馬鹿が大統領じゃ、なんか国民もかわいそうですな。

先にr氏の言を紹介したが、
それが消極的自民支持の方々へと題されて多少修正されてまとめられているので皆さんに紹介しておきます。
まあ私が突っ込んでたコメントがそのまままとめられただけなんで、あれですが、

そして反日ブログ監視所の方々からは「反日売国奴」認定を受けたようです。(笑)


だそうです。
私は、r氏が売国奴とは思いませんね。なんでかって?r氏如きが国を売ることが出来るほどの要職についているとはとても思えないからです。
でこれ以上はもういじる気ないです。リンク先を御覧になればわかるように、論点が分散しつくして、支離滅裂だからです。
誰か、rさんのリハビリに手を貸してやってください。
2006/11/2追記:
ちなみに反日ブログ監視所が、r氏を「反日売国奴」認定したことはありません。
r氏が、嘘を言った理由を推測しますと、
1:売国奴はまず、それなりの要職、国会議員や国家公務員、自衛官、外務官僚、経済界の重鎮などが外国に国を売ることができると一般的に考えられているため、おそらくr氏は、「僕は偉いんだじょ」と言いたいと考えられること。
2:左派からは保守と呼ばれるr氏がは、「自分を売国奴と認定するほど、反日ブログ監視所は当てにならないんだじょ」と反日ブログ監視所及び、関係者を貶めること。
3:負け犬komichiなんかが反日だと指摘されたことに対して、怒りを覚えるため、komichiの仇討ちとばかりに、思わず名前を出してしまったこと。
などが考えられます。
べそかきpaintboxの言いたい放題というブログがあります。多分前に反日ブログ監視所で静流さんが紹介していた気がします。
ここの「死人に口無し」というエントリが、私の腹を痛くさせたので(笑い死にするかと思ったよ。)、同じタイトルで突っ込みます。

読売新聞社説が、従軍慰安婦問題でお詫びと反省の意思を表明した'93年の河野談話に関して、「もう少し事実関係を、韓国などとよく研究し合って、その結果どうなのか、客観的に科学的な知識を収集して考えるべきだ」と、25日に都内で講演した下村官房副長官について、
 この発言のどこが問題だと言うのだろうか。
と、下村発言を問題視すること自体を非難しています

とpaintboxさんは、言論の自由を守るべきだという社説に噛み付きます。

この件については単に言論の自由云々の問題ではなく、河野談話にある重大な誤りを問題にしているわけです。簡単にいうと河野談話は中身に虚構があるのに、なぜそれを訂正しないのだということですね。
この読売社説は、せっかく、対中国、対韓国で、予想外の協調的姿勢を示して、小泉外交の失地回復を行ってきた安倍政権に冷や水をかけるようなものです。
韓国・中国が問題視すれば、核兵器開発を中止しない北朝鮮に対する共闘体制にひびが入りかねず、日本の防衛にも赤信号がつきかねません。


?????意味がわかりません。
小泉外交の失地とは?対中国、対韓国で予想外の協調的姿勢とは、訪中、訪韓した話のことですよね?でいつ韓国と中国と共闘体制を組んだんですか?生まれて初めて聞きましたよ。しかも日本の防衛にも赤信号がつきかねませんって、北朝鮮や中国やロシアみたいな国が近所にいるだけでずっと赤信号のままですよね?

大事なのは事実である。
と、読売新聞は書きます。
しかし、韓国側に、被害を受けたと主張している人が存在していることも紛れのない「事実」です。
安倍首相が、「今に至っても事実を裏付けるものは出ていない」といくら主張しても、韓国側には被害に遭ったと主張している人がいるのです。
そんな事実があったのなら、証明して見せろ、と、日本が韓国に言い返せば、外交は終わりです。
そもそも、強制連行問題にしても、従軍慰安婦問題にしても、あるいは、南京事件にしても、事実関係を事後に証明できるような筋合いの事柄なのでしょうか?
 事実は、わからない、でも、泣いている人がいる、ならば、日本人としての善意を示そう。


もうね、無茶苦茶。裏付けがない=事実ではないです。
また、被害を受けたと主張している人が存在しているのは事実でも、その人が被害を受けたかどうかは、裏付けがないと事実とはいえないわけです。
なので「証明して見せろ」→「できません」→「事実ではない」と言える訳ですね。
そもそも事実関係を事後に証明できないような事柄を事実といっていいなんて法学を一切無視するようなことが法治国家で行われていいんですか?
事実はわからないでもないている人がいる、ならば、その国が責任を持って面倒をみるのが当然であり善意でしょう。なぜその国より前に日本が善意を見せる必要があるんですか?ましてややってもない事柄に対して、何で善意を見せる必要があるんですか?
簡単に言うと、事実かどうかわからない→日本が善意を見せろ!!ってことですよね。馬鹿ですね。

先日、福島県では元知事が逮捕されるという事態に至りました。
弟が所有する土地を売却する際に、時価を上回る価格で事業者に購入させていて、そのことを元知事も了解していた、と、伝えられています。
どういうような証拠があって逮捕に至ったのか私にはわかりませんが、仮に容疑が事実だったとしても、まさか、元知事が、私が指示して時価を上回る価格で購入させ、選挙資金にした、などと書いた文書を残しているとは思えません。


誤認逮捕だって主張ですか????はあ?このブロックの言いたいことがさっぱりわからないので先に進みます。

「あの戦争」において、日本国内で戦況を伝える大本営発表が事実と全く異なっていたことを思えば、日本軍の兵士・将校が、日本軍にとって都合の悪いことを事実を歪めて文書化しているために事実関係が不明になっている、ということもまた、否定できない「事実」です。
「あの戦争」では、中国・韓国から何を言われても言い逃れできない、というのが本来であって、対中、対韓の外交努力によって、戦争責任がチャラになっているに過ぎません。


はあ?この引用部分の解釈はおしょうさんにお任せします。
上の段から下の段への話の繋がりがさっぱりわかりません。
何を言われてもなんで言い逃れできないんですか?戦争責任がチャラ?え?
韓国といつ戦争したんですか?生まれて初めて聞きました。中華人民共和国とも戦争したなんてどこのどの教科書にも出ていない新事実ですね。

熊本県水俣市で、化学工場の廃液に含まれていた有機水銀が魚類に蓄積され、それを食べた人が有機水銀の中毒により手足の痙攣を訴え、多数の犠牲者が出ました。「水俣病」と呼ばれ、原因が究明されるまで、水俣固有の奇病・難病と言われていました。
早い段階から、工場廃液が原因であるという指摘がありましたが、事実関係を証明してみろ、という産業界の圧力の前に、工場側の責任がなかなか問われず、長年にわたり被害が拡大してしまいました。
水俣病の病理学的原因は、私が大学1年のときに「環境問題研究法入門」というゼミでお世話になった、西村肇先生の研究によって解明されています。
しかしながら、水俣病の科学的な原因解明というようなことが、被害者自身の手で行い得ることなのでしょうか?
西村肇先生のような専門家が生涯をかけて水俣病の原因究明に当たったからこそ、やっと、水俣病の原因が解明されたのです。
こうした困難な原因究明・被害の証明を待っていたのでは、手足がしびれると叫びながら命を絶たれた人の怨念を晴らすことはできないでしょう。


事実関係を証明しないと、水俣固有の奇病・難病のままで終わってたんじゃないでしょうか?科学的にも原因究明しないと、被害者は増え続けますよね?ああ、わかりました、paintboxさん、そういうことですね。とにかく被害者に金払っとけばいいんだよ、原因なんてのんびり調べりゃいいんだよ、と。
いや実にひどいですね。まず第一にこういう問題が、起こらないようにすること、起こってしまった場合は、速やかに原因を究明し、被害者を治療、被害の拡大を防ぐこと、第三に、事実関係を明確にし、被害者に対し補償することが必要だと思いますよ。また被害者を被害にあわなかった元の健康状態に戻す努力をすることを忘れてはいけないし、そのためにも可及的速やかに原因を究明すべきなんです。

大事なのは事実である。
と、被害を受けたと主張している人に日本が言い返せば、怨念だけが蓄積されていきます。
こうした被害の声を踏みにじることが、日本の将来にプラスに働くとは、とても思えません。


言われっぱなしでほいほいと謝罪と賠償を無意味に繰り返すことが日本の将来にプラスに働くことはありえません。事実でもないことに対してなぜ責任を取る必要があるんですか?

信号が青だから交差点に進入したバイクが信号無視の自動車と衝突し、バイク運転者が死亡に至った、という事故で、被害者が死亡してしまっていることを良いことに、バイクの方が信号無視で突っ込んできたと言い逃れる事例がいくらもあります。
被害に遭ってしまえば、被害を自分で立証するのは困難を極めます。
泣いている遺族に向かって、そちらが信号無視したのではないことを、科学的に証明してみろ、大事なのは事実である、と、言い返すようなことを、日本の大手マスコミがやって許されるとは、私には思えません。


はあ?青信号で交差点に進入したバイクと信号無視の自動車が衝突して、バイクの運転手が亡くなったと。それは何でわかったの?
もしあなたの論法に従うと、被害者は死んでて証言できないのだから、本当にバイクが信号に従ったのかどうかわからないですよね?
最初の事実があったことを証言するのは、被害者、加害者の当事者じゃなくて、目撃者、すなわち第三者じゃないんですか?
そんなの当事者だけの言い分で判断してたら、交通事故なんて何年たっても解決しなくないですか?もっと言うと、当事者がそこにいたかどうかは誰が証言するんですか?paintboxさんの論理が通用するなら、世の中犯罪者しかいなくなりますよ。
私はpaintboxさんにひどく傷つけられましたと大きな声で言えば、paintboxさんは逮捕されたり、賠償請求されたりしてもそれに応じるんですよね?身に覚えがなくても。
根本的なことをいうと、Paintboxさんの例文では、自動車側が青信号で進入して、信号無視のバイクとぶつかったとしても、自動車側は前方不注意で罰されますよ。
無茶苦茶なことを言って、私のおなかを痛くさせたので、賠償請求しますよ、本当。
やっても無いことをやったと言われて、亡くなった人は、どんどん勝手に罪を擦り付けられても文句は言えないですが、いいんですか?
それこそ死人に口なしではないんですか?
慰安婦の強制連行を日本の軍がやってないのに、paintboxさんの論理を適用すれば、当時軍人だった今は亡き人たちは、どうやってやってないことを証明するのよ。
馬鹿ですね。
きっこのブログという猛烈な毒電波ブログがあります。管理人はきっこという謎のおばさんのようです。
このきっこ表現力がなくてすごく下品なのは、知性がないからということで仕方ないんですが、前にこちらで取り上げた、美爾依さんなんかもすごく信頼しているんですよね。それはまあいいんですけど。
本題は、なぜあそこまで安倍氏を叩くか?ということなんです。
相当ひどい人格攻撃、誹謗、中傷の嵐なんですよね。
私も小沢氏が昔から大嫌いで、なにが一番嫌かというとあの悪人面なんですけど、別にそれは本人のせいではないので、まあいいとします。
他にも嫌いな理由はたくさんあるんですが、特に何か材料を集めて叩こうとも思いません。建設的ではないからです。
きっこのあの暴言っぷりを見るとまるで安倍氏に昔、こっぴどく振られたんじゃないかという恐ろしい女の嫉妬を感じてしまいます。
統一教会とのつながりも躍起になってますけど、何なんですかね?いやそりゃ統一教会が自民党とずぶずぶだったのは事実で、そういうのはよろしくないわけですが、私が思うにズブズブなのは安倍氏だけではなく、自民党全体と、小沢、鳩山を含む旧自民党の連中みんなであると思うんですよ。つまり安倍氏と統一教会のみの関係だけを叩いても無駄なわけですよね。
本当に信頼のおける情報なら、大手マスコミ、とくに朝日新聞あたりが、大々的に報じるはずなんですが、きっこが出す情報って、マスコミが動かない。そういう場合、反日の人って何故か揃って他人のせいにするんですよね。マスコミが権力に牛耳られているせいニダ。(いやニダって付けてみたのはなんか朝鮮人がよく、自分のミスを棚に上げて他人のせいにしたがるのでね)
できっこは安倍氏を執拗に叩いてどうしたいんだろう?愛してもらいたいんだろうか?総理という立場にいる人間がおいそれと反論できないことを利用して、美爾依さんのようにストレス解消のためにやっているんだろうか?
と言うことは反日のほとんどはストレス解消のためという図式があるのではと思ってしまいます。
例えば中国の反日デモは、日常に不満のある中国人が、中国政府を直接批判できないものだから、反日デモでストレス解消していることもありますし、韓国人が日本の国旗燃やしたり、首相の写真を切り裂いたりするのもやはりストレス解消の一面があると思うですよ。
ストレス解消なら、スポーツでもやった方が健全ですよ。反日はすごく迷惑だと思うんですよね。
反日の人の発想で明らかに欠如してるのは、ある意見、考え方に反対なら、じゃあどうするのよ?っていう問いに対する明確な反応、現実的な反応、実現可能な反応、論理的な反応などですね。大体全て感情でしか言わないからどうしようもないですよね。
本日、以下の二つのエントリ、
反日の人は他人に反省を求めるが、自らは省みない件
ストレス解消のため、議論すら認めません
をUpしたわけですが、読み返すと論点がむちゃくちゃになってます。
早速miracleさんに止められました。
で本来論点とすべきは、miracleさんが指摘された、
・拉致事件に対してあまりにも無理解。
・核武装という論点に対してあまりにも盲目的。
そのままです。
と言うことで
我日暮れて途遠し、故に倒行し逆施す
と言い訳します。
彼女のブログを見て、またすごいこと言ってますねと言う段階で、読んでるうちにだんだん頭に来たのが真相です。

きっこ


耐震偽装被害者については無視なの?
北朝鮮問題は、政治的に利用できるから?


極めつけはこれ

実は、前々からおかしいと思っていたのだが、例えば、このブログへのアクセス数にしても、GoogleとYahooとの検索をたどってきた人の数の違いがかなりある。
例えば、今現在のアクセスの場合、
Google:1120
Yahoo:636
うすうす感じていたんだけど、このブログもYahooによってアクセス制限されているようだ。
Yahooの掲示板にはFC2のURLが表示されないという規制を受けていることは、以前書いたが、それ以外にも、Yahooは、完全に政府によって情報操作されているようだ。


単にyahooで検索する人より、googleで検索する人が多いだけじゃないか!!
とどんどんイライラしてしまった訳で、miracleさんの仰るとおり、
「あんまりそこまでムキになるのもどうかなあと思いました。」
ですね。
と言うことで落ち着きを取り戻しました。ありがとうございました。

ただ、新型兵器より先に核を持っておくべきだと私はやはり思います。
反日ブログ監視所
美爾依(みにー)がオーマイでボコボコ(笑)
明日に架ける橋
いったい何様だ!

上の静流さんとおしょうさんが取り上げているのが以下のサイト。
カナダde日本語管理人の美爾依という人は、どうやら共謀罪に問われるような活動を行っている方のようです。与党が今国会での成立を断念して大喜び?のようですね。
私も共謀罪は反対です。なぜなら、美爾依さんや、多くの言論弾圧、排他、差別主義の左翼の反日人間が万が一政権を獲った場合、私や私の家族も含め、共謀罪で弾圧されそうだからです。でも彼らは、安倍首相への野党、マスメディアの思想統制、言論弾圧及び、反日日本人の度を越した、安倍首相個人への人格攻撃を見ればわかるように、数と言葉の暴力で、襲い掛かってくるので、共謀罪があろうとなかろうと変わらないのではとも思います。いずれにせよ、私が、今のままの人生を送る限り、美爾依さんや、多くの言論弾圧、排他、差別主義の左翼の反日人間政権さえ誕生しなければ、共謀罪が適用されるような犯罪(こんなの)を犯すことはないので文句はないです。
むしろオウムの時のように破防法が適用できなくするくらいの反日左翼権力の方が恐ろしいです。
でオーマイニュースというネタ発信メディアに、美爾依さんの記事が取り上げられたことがとてもうれしかったんでしょう。しかし蓋を開けると反論の嵐。結局ネットウヨが悪い、オーマイニュースが悪いと全く自分の意見のどこがおかしいとかそういう考えには至れない模様。
該当記事を読みましたが、確かにブログにおける美爾依さんの暴論っぷりに比べると非常におとなしいものですね。まあそもそもストレス解消で反日の人なんで治療法はないんですが・・・・。
簡単に言うと、北朝鮮が一方的に悪いのに、日本も(アメリカも)悪いみたいに濁すからでしょうね、突っ込まれるのは。
次におしょうさんがお怒りのこれ
拉致問題と耐震偽装問題が並列で暴論をかざしてます。すごいですね。
耐震偽装問題の被害者に対して政府はいち早く支援を約束しませんでしたっけ?だって国土交通省の大臣は、創価学会ですよ。あの事件の関係者、加害側及び被害側にたくさんいるのは学会信者でしょ。某社長(藤田氏ではない)もちゃんと、象徴の数珠を手に、参考人質疑と裁判所に行ってましたよね?
だからあんまり触れないんでしょ?
藤田氏は検証機関の人間ですよね。建築物じゃなくても、私が携わるデジタルデバイスなんかでも検証機関が、バグを見逃したら、検証機関は責任を問われます。ただ私の携わるものは、人命に関わるものではないだけですね。

美爾依さんは、きっこの記事を見て大喜びだったみたいですけど、さらにそれととむ丸さんという人のブログで、言いたいのは安晋会とアパグループの繋がりですよね。
日本を語るワインの会でそこのアパの会長とかと写真が写ってるのを証拠に喜んでらっしゃるようですが、鳩山由紀夫夫妻もその会で同じように写真に写ってますが、これは同じ穴の狢ということでよろしいですか?参考(依存症の独り言)
国土交通省の大臣は、小泉内閣のころから、学会信者であることをお忘れなく。(国土と交通をこんなカルト団体に牛耳らせている自民党は許せませんがね。)
で拉致問題なんですけど、耐震偽装問題の被害者と同格なんですか?
横田めぐみさんは自分の意思で北朝鮮に行って、思ったのと違ってたと訴えてる話ですか?違いますよね?
耐震偽装問題で私が思ったのは、被害者側にもある一定の責任があるということです。結局「安かろう」の一面があるわけです。そこには安い理由があるわけで、それが何かはわからないまでも、ある程度覚悟とリスクに対するヘッジを考えるのが常識でしょう。なんでそこに私の支払った税金を使うんだという思いもありますよ。

拉致問題はどうですか?被害者に責任があるんですか?
あるとすればどんな責任?工作員に目をつけられた責任ですか?
しかしどこの脳みそから、耐震偽装の被害者が、拉致被害者より多いのだから、騒ぐべきだというようなおばかな発想が出てくるんですかね。
日本政府が、日本人を守りきれなかった罪は大きいでしょう?我々の責任であるので当然税金を投入して、何が何でも救わなければなりません。

結局、美爾依さん達は、「自分達は言いたいこと言うけど、責任はないよ。言論の自由は、自分達にはあるが、私のような保守の人間にはないよ。
自分の言った事に対して、反論が多い原因は、それを載せたメディアと、反論してくる人間であって、自分の書いたものや言った事は絶対正しいんです。」
すごい幸せな回路を脳みそに持っているようですね。
そんな人間が、カナダで反日侮日活動を行ってるんですか?欧米人に嫌われませんかね?

中国、チベット亡命少年僧ら射殺映像が世界中に
 【北京=福島香織】9月末に中国チベット自治区とネパールの国境近くで亡命を試みたチベット尼僧(25)や少年僧(15)らが、中国の国境警備隊の銃撃を受け少なくとも2人が死亡した事件の映像が世界中で放映され、国際社会を騒然とさせている。
  北京五輪を控え、「和諧(わかい)(調和のとれた)社会」構築という胡錦濤政権が提唱する“理想”の陰で行われている中国の人権蹂躙(じゅうりん)に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)も調査を開始、米国などが非難の声を上げ始めている。 
 映像はルーマニアの登山家、セルゲイ氏が偶然撮影したものをルーマニア民放局が14日に放映。その後、日本を含む各国でも放映され、米国の動画投稿サイト「ユーチューブ」などインターネットの映像配信で世界中を駆け巡っている。
 現場はエベレストに近いチョオーユー峰のベースキャンプから見渡せる氷河。映像は9月30日早朝、氷河の上を1列に並んでネパール国境のナンパラ峠に向かって歩いている約30人の行列を見下ろすように撮影されている。警告発砲音が響いた後、次の発砲音で先頭の尼僧が倒れた。カメラは銃を構える中国兵士の姿、続く発砲で行列の最後尾の少年僧が倒れる様子、倒れた人を抱き上げる兵士の姿をとらえ、目撃した登山家の「犬のように撃ち殺された」というコメントが流れる。
  セルゲイ氏がテレビのインタビューに答えたところによると、一行はチベット仏教徒でダライ・ラマ14世に会うために亡命を敢行した。セルゲイ氏は兵士の襲撃を逃れた亡命者を助け、食料や衣類を分け与えたという。
  この事件について12日に中国当局は、兵士が違法越境者に対し引き返すように説得したものの、「(抵抗したため)発砲した。正当防衛だ」との公式見解を発表。1人が死亡、2人が負傷したとしている。
  しかし、映像が公開されたことで、亡命者の約半分が6~10歳の子供で、無防備な状態を背後から銃撃されたことが判明。チベットの難民組織など複数の人権団体の情報を総合すると、亡命者は全部で73人で、ネパールにたどりついたのは43人。そのほかは子供を中心に相当数が当局に拘束されているという。(産経新聞)


中国では人の命は軽い。
これは私が5年間生活して感じたことです。中華人民共和国という国の現実の姿ですね。
しかし反日メディアは、むしろその事実を隠そうとすらしています。一体君らは、中華人民共和国にいくらもらってるんですか?
日頃60年以上前の、日本軍が悪だった、残虐だった云々言っている、連中も押し黙ったまま。このチベットの事件は、今、この瞬間にも起きている現実の話ですよね?なぜそれには目もくれない?
これだから私は日頃から日本は平和憲法に守られて・・・など、核を議論するのは以ての外だなど言う嘘吐きを一切信用しない。
陰謀論の好きな連中は、北朝鮮同様、安倍首相と結びついて云々いうのですかね?笑っちゃいますよ。
人権屋よ、日本で、虫けらの如く、政府によって命を奪われる人間がいますか?中華人民共和国はそういう国ですよ。
小沢よ、そんな国にあからさまに、跪いて、あなたが得られるものは何だ?あなたの好きな金か?
チベットは、おとなしい宗教国家です。歴史上、中華の支配化には一度もなていません。チンギス・ハーンは、長春真人を大切にしましたよ。
なのに今の中華人民共和国は何ですか?侵略し、虐殺し、民族浄化、同化をしてチベットの人の命、文化、伝統を、破壊しつくそうとしている。まさに焼き尽くせ、殺し尽くせ、奪い尽くせを今、現在進行形行っています。
日本は一体何ができるんでしょう?今の日本では、こうやって眺めているだけです。しかしこのままでは、今のダライ・ラマが亡くなったら、きっと完全にチベット人は消滅させられます。
日本人として我々が何かをしなければならないのではないでしょうか?
私が大変お世話になっておりました、反日ブログ監視所が、新しくなります。
静流さんのお仕事の関係のようです。今までもお忙しかったのでしょうが、とりあえず、お疲れ様です。
今後は管理人としてではなく、記者として頑張るそうなので、これからもよろしくお願いします。
この「礼の宇宙」は元々細々と私の主張を記録しており、おそらく、過去のエントリを読むと、途中で意味不明な状態になっていたり、共産党を応援したりと一年間おかしなことをしていたのですが、ネットの世界では、昔なら右翼=街宣右翼=暴力的というイメージだった、保守的な考え方が、すごく広まっており、私はすごく驚くと共に、興味深くいろんなブログを拝見していました。
そんな中で、反日ブログ監視所というブログのタイトルが衝撃的であり、また内容もすごく面白かったため、毎日確認するようになっておりました。人様のブログに、友人以外でコメントを残すのははじめての場所となりました。その時には若干自分のブログも忘れていたのですが。
アンテナや、ブログ記事で反日人間のサイトやその考え方を見るにつけ、疑問符がたくさん湧きました。なぜ、自国を誇りに思う努力をしないのか?
私は中国留学がきっかけで洗脳から醒めたわけですが、それでもおいそれと日本国内で、愛国心や、保守的な考え方を述べる手段がなかった。
韓国人の女の子と付き合っていた頃に、あなたは愛国者だねと言われたので、「だめですか」と聞いたら、普通はそうなはずだと言っていました。彼女自身は、今の韓国はきらいだと言っていました。
理由は聞きませんでしたが、想像はつきました。
中国人も同様でした。
友人の家に行ったら、その娘のおばあさんが、「君は日本人だからわかるかもしれない。共産党は異常だ。私の旦那は、文化大革命当時比較的裕福であったために、捕えられ、最終的には自殺させられた。日本ならそんな中国を助けてくれるかもしれないと思う。君も中国の事をいつも気に留めておいてもらいたい。」と涙ながらに語ったことを今でも覚えています。
まず日本人であることに誇りを持つべきです。自分が今いる国を愛しましょう。国は人を以って楚とする。これは曹操の言葉ですが。
国を愛すことは、その国の人も、土地も、すべてを愛することです。
国家体制は、その愛する人々と土地のためにあるのです。
国家体制も道を誤ります。しかしそれは我々その国家体制に組み込まれた人間の責任でもあるわけです。
決して自分だけが正義であると反日の方々の主張はただしくありません。
国を愛さないことに立脚した、国家体制批判は、無意味です。

などと、自分の考えをある程度まとめられるようになったのも反日ブログ監視所へコメントして、静流さん達と交流させていただいたためです。

これからも仕事が忙しいでしょうが、お体には気をつけてください。
お互いいろいろ頑張りましょう。

先に紹介した華氏451度さんのブログのコメント欄に、

私は「愛人主義」です(爆) (Looper)
2006-09-07 08:42:35
華氏さんのこだわりがよく出てて良いですね。
私は、家族や親戚や友人が、平和で穏やかな人生を歩むことができるように、社会がよりよくなる事は望んでいますね。特に、病気や障害を持ったような時にでも、ちゃんと希望を持って生きていける社会になることをね。
それと同じように、中国北朝鮮韓国アメリカやイスラエルやヒズボラやイラクなど、世界中の人々、特に子どもたちが、衣食住に困らず、希望する教育を受けられ、他人に命を奪われる恐怖を受けることなく自分の道を追求できる社会になることを心より願っています。
だからこそ、自分の子どもだけでなく、地域の子どもたちを世話する活動もしているし、地域をより良くする運動にも手を出しているわけですね。地域の自然や文化を子どもたちに知ってもらう運動もやってる。
しかし、国家を無理やり愛させる必要ってなんだろ?
それは、自分より国家が大事だっていう下らない思想を押し付けたいだけにしか思えない。つまり、「お国のために死ねる人」、正確には、「お国のためという名目で、人を殺し・殺されにいく人」を作る事ですね。私は、自分が殺されたくないのと同じくらい、他人を殺したくない。だから、国(郷土のことではない、国家体制の事)なんか愛さない。人を愛する。だから「愛人主義」(爆)なのだ。
ましてや、恥ずかしくて堪らない外交しかしてくれない政府のおかげで、海外で「日本人です」って言うときに、なんて気の引けることか・・・堂々と言えるようにしてくれよ!ってお願いしたいもんだ。


まず最初にヒズボラは国じゃなくて武装組織です。ちゃんと新聞を読んでヒズボラとレバノンの違いくらい学んでほしいものです。
願っていることや実際に行ってる活動は、とてもいいことだと思います。子供達のために。私も未来の子供達のために、日本人の誇りを取り戻したいと強く考えています。

しかし、国家を無理やり愛させる必要ってなんだろ?
それは、自分より国家が大事だっていう下らない思想を押し付けたいだけにしか思えない。つまり、「お国のために死ねる人」、正確には、「お国のためという名目で、人を殺し・殺されにいく人」を作る事ですね。


え?なんで?国家システムを無理矢理愛せなんて誰も言ってないですよ。そんな人がいるなら、中国共産党や北朝鮮以外でつれてきてほしいものです。

私は、自分が殺されたくないのと同じくらい、他人を殺したくない。


私は、自分が殺されて、同胞が生き残れるのであれば、喜んで死にますよ。(平和主義者ですから。)仲間が殺されそうな時、自分の命を懸けて、殺そうとしている人間を殺しますよ。そんな状況があれば、ですが。
国家システムは、あなたを守っていることを知りませんか?またお国のために死ぬ時の国は、国家システムだけじゃないですよ。郷土のことです。なので安心して愛してくださいね。

だから、国(郷土のことではない、国家体制の事)なんか愛さない。人を愛する。だから「愛人主義」(爆)なのだ。


ぽかーん。あなたの愛するその人は、その国の人ではありませんか、そうですか。郷土としての国であれば、愛国心を持つと言うことですよね。うーん。錯乱してるんでしょうね。

ましてや、恥ずかしくて堪らない外交しかしてくれない政府のおかげで、海外で「日本人です」って言うときに、なんて気の引けることか・・・堂々と言えるようにしてくれよ!ってお願いしたいもんだ


確かに、恥ずかしくて堪らない外交しかしてくれない政府には同意します。日本の外務省の売国体質にはうんざりですね。
でも海外で堂々と日本人と言えないなんて、海外行った事ないでしょう?っていうかもし言えなかったとしたらどこに行ったんですかね?北朝鮮ですか?
中国では、こちらから言わなくても大体日本人かって聞かれるし(私は韓国人かって聞かれますが。)、どの国の空港でも日本人ってわかると入国審査すごく甘くなりますよ。先人が、外国に対して信頼感を築きあげたおかげですよ。日本人って言うと、台湾のおばあさんは、日本が統治してた時はよかったなんて言ってくれますよ。
白人なんか、堂々と日本人ですと言って胸を張って答えないと見下されますよ。このLooperさんは、とくらん並みの見識の浅さですね。
結局愛人主義は私の中では、愛人を囲う主義と解釈することにします。
意味不明ですからね。
下の反日blog監視アンテナに登録されているブログがあります。
とくらblog
反日ブログ監視所のアンテナより、日課として、いろんなブログを見てて、とくらblogの管理人が民主党の推薦で、参議院議員の候補になったのを以前静流さんの情報で聞いていたので覗いてみた。(ちょくちょく覗いてます。)そこで反植民地体制レジスタンスという文字列を見てなんだろうとリンク先の下のブログに行ってみた。
喜八ログ

以下そこからの引用の引用です。
********************************************
■反植民地体制レジスタンス、そして海外邦人の役割 2006-09-04
私たちは間違いなく「反植民地体制レジスタンス」でしょう。
権力(小泉安倍体制)から常に監視されている事を前提に行動しなければなりません。
されど、四六時中気を張ってたら神経が参ってしまいますので適度な「いい加減さ」を持ち合わせなければならないでしょう。
賛否両論ありますが、「噂の真相」編集長の岡留安則氏のように「ある程度のチャランポランさ」が不可欠と思います。
真面目すぎてはならない。そして不真面目すぎてもならない。
適度に真面目で適度に不真面目。それが大事だと思います。
明治大正期のジャーナリストはそうだったらしいですね。宮武外骨などその典型でしょう。
昭和期(戦前戦中そして戦後から今現在)のジャーナリストは一部、それもほんの極一部を除くと「最低な連中」ばかりに思います。
それが「国民の味方」「労働者の味方」を気取る「自称左翼新聞」ですからね。
昭和期の新聞は戦前から今現在に至るまで、特に今現在は「自称右翼新聞(実質ニセ右翼新聞)」「自称左翼新聞(実質ニセ左翼新聞)」に集約され、その本質はイデオロギー以前の問題で、ニアリーイコールどころか実質イコール。
こんな連中がデカイ顔をしていたかと思うと腹が立って仕方ありませんね。
どこの新聞社かは書かなくてもわかりますね。
片方は「愛国主義を唱えながら対米売国を奨励し、それどころか外国カルト宗教とズブズブでその本質は売国主義の新聞社」でもう片方は「平和主義を唱え、一般国民の味方を標榜し、反米的色彩を装いながらも実は対米売国を奨励し、平和主義と明らかに反し一般国民の敵である小泉政権をヨイショし続けた新聞社」ですね。
それ以外の新聞社もこの二つと殆ど同じ。
左翼のフリした売国新聞。
右翼のフリした売国新聞。
これらの子会社関連会社のテレビ局は言わずもがな…
安倍政権が誕生したら間違いなく「ネット弾圧」が始まります。
だってそうでしょう。
権力の監視役を標榜する「大新聞社」「大テレビ局」が実は権力ベッタリで対米売国・対朝売国・対韓売国・対中売国に染まっているのですから今更弾圧の必要はありません。
ニセ右翼新聞社・ニセ左翼新聞社を筆頭にこれら大マスコミは競うように権力側に協力するでしょう。


ざっと読んだけど???なんです。でいつもお世話になっている、篠原静流さんに聞いてみたら、以下のようにわかりやすく教えていただけました。

黒羊さん
>反植民地体制レジスタンスっていうのはまさにポストコロニアリズムですかね?

そんな言葉聴いたことがないでしょ?
反体制派の工作員が今月作った造語です(笑)で、意味するところは彼らが言うには、こういうことです。
「現政権はアメリカ中国韓国北朝鮮、いずれの国に対しても売国的な政策をとっている。大手マスコミも政府を追従するのみ。左翼メディアも右翼メディアも、結局は売国奴政治を担いでいるに過ぎない。これでは日本は多くの国の植民地になっているようであり、市民は連帯して政府に抵抗し、脱植民地をさけびましょう。」で、結局何が言いたいかというと、今までの反体制運動の批判の矛先をかわすために取ってつけたように特亜を名前だけ入れたということです。
本当に反中国、反韓国なら、それを明確に叫んでみやがれ!(爆笑)
これで終了です↑
* | 2006-09-08 (Fri) 17:42:27 |* 静流 |* URL* [ 編集 ]



確かによく読むと、

片方は「愛国主義を唱えながら対米売国を奨励し、それどころか外国カルト宗教とズブズブでその本質は売国主義の新聞社」でもう片方は「平和主義を唱え、一般国民の味方を標榜し、反米的色彩を装いながらも実は対米売国を奨励し、平和主義と明らかに反し一般国民の敵である小泉政権をヨイショし続けた新聞社」ですね。


と言っていて、さらに

権力の監視役を標榜する「大新聞社」「大テレビ局」が実は権力ベッタリで対米売国・対朝売国・対韓売国・対中売国に染まっているのですから今更弾圧の必要はありません。


と言っていますが、中国韓国北朝鮮に対して具体的にどの新聞がなどの記述が見当たりません。
とりあえずつけたという感じがします。
さらに自分達が監視される、監視されると叫んでいますが、どこの政府が、好き好んでこの人たちみたいな、くだらない小者を監視する必要があるのかさっぱりです。ここらへんは、静流さんの反日ブログ監視所を必要以上に意識してるとしか思えません。
最後に

だからの「ネット弾圧」

最近になって「AbEnd 安倍晋三トラックバックピープル」に不可解な動きがありました。
反日ブログ監視所の動きが活発になってきました。
共謀罪が成立したら?
探偵業法を拡大解釈したら?
そして種々の公安立法が成立したら?
タダでさえ公安当局の別件・微罪の国策捜査劇が横行しているのに日本版NSCが発足したら?
日本国内のネット言論、特に権力当局に都合の悪い言論活動は実質出来なくなるでしょう。
それでもスキルがあって骨のある「◎◎氏」は頑張るでしょうが、私たち一般市民はどうしようもない。
そこで海外在住の日本人の出番です。
海外邦人有志がサーバーを立ち上げ、「反植民地体制レジスタンス」を手助けする。
そんな現実が目の前にあるような気がします。


って言ってることから、明らかに後ろめたいんでしょうね。
監視されるだとか、政府に都合の悪い言論活動が出来なくなるとか、普通の一般市民はそんなこと考えません。ちょっと自分達の器がはかれてないんでしょうね。この陰謀論が大好きなのは、何ですかね?理解できないですね。

昔の話を思い出しました。
中国留学中の話です。
中国語の先生が、文化大革命の話をはじめました。青春時代に長江大橋を建築するのに強制的に動員され、青春時代を奪われ、勉強したかったのに、満足に勉強もできなかった。あれは毛沢東が悪い。
先生はそう語りました。
その時同級生のアメリカ人が、先生に対し、耳をふさぐ格好をしてから指に人差し指を立てて、「そんなこと言ったら、公安に捕まるよ。ほらそこに盗聴器があるかもよ」ってからかったんです。
先生は毅然と「確かに昔ならありえましたが、今は随分言論の自由がみとめられてきました。ここに盗聴器はありません。」と仰ってました。
そう、世界から、言論の自由、思想の自由、報道の自由などが全くないと思われている中国ですら、そんなもんなんです。もっとも先生が街中でそれをいえるかというとそんなことはないと思いますが。

少なくとも、今の日本で喜八やrが言うような状態は、ありえません。それは杞憂なんてものじゃなくて、妄想と言います。
まずは、ここ反日ブログ監視所の皇孫殿下御誕生 に対する反日ブログの感想集1-4及び、きっこの反日日記のエントリを読んでください。管理人の静流さんが集めてくださっています。

これを読んで、思想云々に関わらず、普通の人間は、吐き気を覚えるのではないかと思う。
「これほど生まれただけで呪詛の声を浴びる赤ん坊は居ないのではないだろうか。」「開いた口から水子の霊が出てきちゃうよ。」「アンタ所詮は子産みの道具ですからー!ザンネーン!!」「しかしその男児が“種無し”の可能性だってある。伯父さんを教訓にうんと若くてお尻の大きな嫁(あえて書く)をもらったところで“種無し”ではどうにもならない。」「たかが子供が一人生まれたくらいで騒ぎ過ぎだよ」
なんだこれは。これが人としてのお前らの在り方か?

これは既に反日だとか、左翼だとか通り越してる。お前達が言う言論の自由ってのは倫理や道徳まで凌駕するとでも言うのか?それならお前ら全員、人間ではない。人としての心すら失ったものは、畜生以下だ。日本から出て行くまでもない。地球上から消えてくれ。こんな腐れ外道は地球において害をなすのみ。

もちろん「天皇制自体に疑問がある。」、「マスコミは騒ぎすぎだ。」そういう意見はあってかまわないと思います。なぜ構わないかというのはまたいつか別の機会に。
マスコミが何につけても騒ぐのは正直鬱陶しいと私も思う。
天皇制に疑問を呈すのも意見として十分有効だと思う。(もっとも私自身は、その意見は断じて受け入れられませんが)
しかし、よりによってお前らの台詞は、ひどすぎる。
普通の人間は

[子産:宮城谷昌光より引用]
生は人が好む物であり、死は人が悪む物である。好む物は楽しく、悪む物は哀しい。
哀楽がほどよいものであれば、即ち天地の性に適い、それによって長久となる。


なのである。生は人が好む。だから普通の人々は喜ぶんです。
天網恢恢疎而不漏(老子)。
悪人は逃れるすべを持たぬことを心に刻むべし。
[かくも礼なき日本の反日左翼よ]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。