主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、と出身地を絡めて書きます。
前回失敗したのですが、
日本語では"かばね"と言います。古代中国では、にあたります。
日本語では"うじ"と言います。古代中国ではに当たります。
で私は古代中国の意味でと書きますのでそれは母体の部族集団を指す名前であると理解してください。
ちなみには既に漢の時代には中国でも混同されています。
中国で二字のは、少ないですがいくつかあります。
日本人も親しんでいる二字は諸葛がありますね。
元々この名前は、葛だったと言われます。全国に葛がいっぱいいたのでそれと区別するために、諸という地域にいた葛氏が諸葛氏を名乗ったのが始まりと言われています。
つまり諸葛一族のルーツは諸と言う国(地域)にあると言うことが分かります。

魏という苗字の人がいます。この苗字は、地名から来ています。春秋時代に晋の国に来た畢萬が晋の献公に魏に封ぜられてから、魏氏を名乗るようになりました。畢萬はそもそも畢公高の子孫であり、畢公高は周の文王の息子で、武王の弟に当たるのでは、"姫"です。高という武王の弟が、畢という地に封ぜられたので畢公高と呼ばれ、畢を氏にしていたと言うことです。
また晋も始祖は唐叔虞で、周の成王の弟、周の武王の息子です。なので姓は"姫"です。元々は唐という地に封ぜられたのですが、後に国名を改め晋としたわけです。
晋は後に、韓、魏、趙分かれます。
魏は、既に述べたように"姫"姓で、韓も晋の一族から分かれて発生していますので、"姫"姓です。
趙だけが異なり、秦と同じ"エイ"です。
それぞれ氏は韓、魏、趙氏を名乗ります。
(続く)
スポンサーサイト
さららさんのところのコメントで、名前が出てきたので関連して書いて見ます。

中国では、が先でが後なので、日本とは逆ですね。といっても、日本で言う所の中国では中国ではなだけですが。
は、血縁集団を表しているのですが、女偏なので、古代の中国は母系集団だったのではないかと言われます。
もっと細かく言うと、代表的な
姫→周王朝の王家
姜→太公望を出した羌族
女以(女偏に以"じ")→夏王家の
子→商(殷)王家の姓
などがあり、女偏の姓が多いことからも、それらの姓は元々は母系部族だったのではないかと伺えます。
それに対し族としてのがあるわけですが、
地名だとか、官職などから作られます。
日本でも同じように、時代が下ると姓との関係は曖昧になっていき今では消滅しています。
儒教では同姓の結婚を認めないわけですが、それは姓です。
なので周王室に魯や晋などの同じ姫姓家との婚姻はいけないわけです。
未だに華僑や、華人や朝鮮人では同姓の婚姻が認められないのですが、(法律で禁止されてるかどうかはしりません)、古い時代の習慣を踏襲しているわけです。しかし既に姓や氏といったボーダーがないので、どれほどの意味があるのかはわかりません。
例えば何度も取り上げている子産ですが、
姓は姫、氏は公孫、名前が喬で、字が子産ですが、鄭の穆公の孫なので、氏は公孫となっています。しかし、子産の家は国氏とも言われていますので氏として国を挙げることも出来ます。(子産の父親の公子発、座あざなは子国なので国氏)
つまり子産を姫喬とも公孫喬とも国喬とも呼べるわけですね。
で同じ氏が公孫であっても、例えば宋(子姓)や斉(姜姓)の国の公孫であれば、婚姻は認められるわけです。
ちなみに、
中国の古代でややこしいのは、諱と字ですね。諱は、親や、目上や、身分が上の人しか呼べない。普通は、字を呼びますね。
例えば
諸葛亮孔明は諸葛が氏、亮が名、孔明が字です。彼は蜀の丞相になったわけですが、劉備や、劉禅しか彼の名を呼べないわけです。
劉備玄徳も備が名で、玄徳が字になるわけです。
しかも字と名前には関係があることが多いです。
例えば、亮は明るいという意味ですので、孔明の字は孔だ(はなはだ)明るいです。劉備玄徳も徳を備えるということです。
また曹操孟徳の字の孟というのは最初と言う事ですから、彼が長男であることがわかります。
後は伯仲叔季が字に付いていれば、4人兄弟の何番目かがわかります。
姜維伯約なら、姜維は長男。
司馬懿仲達であれば、次男。
夏侯称叔権であれば、三男
劉邦季であれば、四男。
と推測できます。ところで劉邦についてですが、もちろん漢の高祖であるのですが、邦は、アニキくらいの意味しかなく、季も単に末っ子って意味しかないため、実は名前がないわけです。(親につけてもらえていない。)
次回は、苗字と出身地について考察してみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。