主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史記卷六十五 孫子呉起列傳 第五   孫子武者,齊人也。以兵法見於呉王闔廬。闔廬曰:「子之十三篇,吾盡觀之矣,可以小試勒兵乎?」對曰:「可。」闔廬曰:「可試以婦人乎?」曰:
「可。」於是許之,出宮中美女,得百八十人。孫子分為二隊,以王之寵姫二人各為隊長,皆令持戟。令之曰:「汝知而心與左右手背乎?」婦人曰:「知之。」孫子曰:「前,則視心;左,視左手;右,視右手;後,□視背。」婦人曰:「諾。」約束既布,乃設鉄鉞,□三令五申之。於是鼓之右,婦人大笑。孫子曰:「約束不明,申令不熟,將之罪也。」復三令五申而鼓之左,婦人復大笑。
孫子曰:「約束不明,申令不熟,將之罪也;既已明而不如法者,吏士之罪也。」
乃欲斬左古隊長。呉王從台上觀,見且斬愛姫,大駭。趣使使下令曰:「寡人已知將軍能用兵矣。寡人非此二姫,食不甘味,願勿斬也。」孫子曰:「臣既已受命為將,將在軍,君命有所不受。」遂斬隊長二人以徇。用其次為隊長,於是復鼓之。婦人左右前後跪起皆中規矩繩墨,無敢出聲。於是孫子使使報王曰:「兵既整齊,王可試下觀之,唯王所欲用之,雖赴水火猶可也。」呉王曰:「將軍罷休就捨,寡人不願下觀。」孫子曰:「王徒好其言,不能用其實。」於是闔廬知孫子能用兵,卒以為將。西破強楚,入郢,北威齊晉,顯名諸侯,孫子與有力焉。

史記には上記のように簡単に孫武についての列伝が載っています。これを読むと兵法とはどういうものかということが分かります。
簡単に内容を説明すると、孫武は呉を訪れた際、呉王に孫武の兵法書は読んだが、実際に兵法を教えてくれと言われます。そこで呉王の後宮の美女180人を使って実演することになりました。美女を半分ずつに分け、呉王の寵愛している二人の美女をそれぞれ隊長に任命し、「前と言ったら、胸を見、左と言ったら左手を見・・・」と動き方を説明しました。そして1回目は美女達は大笑いして動かなかったため、「命令が行き渡らなかったのは将の非です」ともう一度動き方を教え、再度指示をすると、また美女達は笑って動きませんでした。そこで孫武は、「命令が行き渡らなかったのは将の罪であったが、既に明らかになっており、これは隊長の罪である」と持っていた鉞で隊長二人、呉王の愛妾二人を斬ろうとしたので、呉王が慌ててやめてくれと頼みました。「将、軍にあれば君命でも受けざるなり」と愛妾二人を斬ってしまいました。その後また指示を出すと、美女達は、きっちりと命令通りに動きました。
「王が命令してもその通り動きます。試しますか?」と孫武は報告し、王は「将軍は下がって休んでくれ」と言いました。
「王は徒にその言を好み、その実を用いることが出来ません。」
これで呉王は孫武を将軍として採用し、軍事において隆盛を極めることになった。
という話です。
この故事から、私は、人に何かを教えた後、教えられた人間が、一回ミスをした場合は、私の罪と思い、もっと丁寧に指導し、再びミスを犯した場合は、ペナルティを与えるという方針で仕事をしています。

この孫武が、世に名高い孫子の兵法を記した人間です。実は、その後に、孫ビン(月賓)が現れますが、それはまた別の機会に書きたいと思います。今の世では簡単に斬るということはありませんが、孫子の兵法は現代でも人の上に立つ時にはその統率力を発揮するためには十分参考になる書です。
中国の古代の思想のどの辺がすごいのかということもたまには書いていこうと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。