主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<安倍首相>慰安婦問題で理解求める ブッシュ大統領に
4月4日1時18分配信 毎日新聞
 安倍晋三首相は3日夜、ブッシュ米大統領と電話で約20分間協議し、いわゆる従軍慰安婦問題について、旧日本軍の関与を認めた93年の「河野洋平官房長官談話」を踏襲するとの立場を説明した。米国内で安倍政権批判が出ていることを踏まえ、26、27両日の米国訪問を前に、自らの立場に理解を求める必要があると判断したとみられる。
 協議は安倍首相側が申し入れた。首相は、米下院に慰安婦問題に関する謝罪要求決議案が提出されていることに触れ、「自分の真意や発言が正しく報道されていない」と釈明。「辛酸をなめられた元慰安婦の方々に心から同情するとともに、極めて苦しい状況に置かれたことについておわびを表明している」と述べた。
 これに対し、ブッシュ大統領は「首相の率直な説明に感謝する。私は首相を信じているし、日本国民の元慰安婦の方々に対する同情の気持ちを信じている」と応じた。
 また、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議に関し、2月に合意した文書に基づき「北朝鮮が非核化に向けたステップを取ることが重要」との認識で一致。拉致問題の解決を含め日米が引き続き連携することで一致した。
 また首相は、7月末に期限を迎えるイラク復興支援特別措置法の2年延長を閣議決定したことを説明し、「引き続き米国と協力しつつ、イラクの復興と安定を支援していきたい」と述べた。ブッシュ大統領は謝意を伝えた。【大前仁】

特に言うことはない。ただブッシュの回答には憤りを感じざるを得ない。安部さんもくだらない事は踏襲しないでいいだろう。問題になっているのは慰安婦があったかどうかではなく、政府が組織的に強制連行を行ったか否か。答えは否。
慰安所があり慰安婦がいたということに対して日本政府だけがお詫びする必要は微塵もない。どうしてもしたいのだったら国連決議にして世界中の政府が世界中の性奴隷に謝罪しろ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。