主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日さららさんの「花より韓国」にて、こんな遣り取りがあった。

小学生でも分かることですが、レイプは悪い事だと判らず発言すれば非難されます。 同様に占領は悪い事だと考慮に入れて発言しないと、ピント外れな意見にしかならないですよ。
2006/10/4(水) 午後 10:50 [ 三井 ]


とリンク先のエントリにコメントが入った。(それまでの流れはさららさんのところをご覧ください。)以前おしょうさんの「明日へ架ける橋」でも話題に上がっていた、朝鮮併合に関する事柄です。
私は三井さんが連発する「悪い」と言う言葉にものすごい違和感を感じた。そこで、

三井さんの意見がピントはずれです。レイプは悪いことだから議論の余地はないです。同様にという言葉の使い方がおかしいです。 占領は悪いか良いかなんて三井さんが決めることでも私が決めることでも、誰が決めることでもないです。そこには原因と結果しかないです。 物事にはいろんな側面があることを覚えた方が良いです。答えは二つに一つじゃないんですよ、特に歴史認識はね。
2006/10/4(水) 午後 11:17 [ 黒羊 ]


とコメントを入れた。
レイプが肯定されていた社会は、古今東西に記録として少なくとも私は知りません。そういう意味では占領の引き合いにレイプが出てくること事態がまず、おかしいのである。
三井さんは占領を悪と捉えて、意見しろと主張していますが、占領が悪だと断罪されるのは、戦後のことですね。
それまでは武力の時代でした。ドイツや、日本を断罪するために、作られた新しい価値観と言って過言ではないと思います。
それまでは力あるものが力なきものを支配する時代でした。(今でも基本的には変わってませんが。)
歴史事実の検証をしているエントリに、自分の思う歴史認識を掲げ、コメンテータに挑んでいるので、私としては滑稽にすら思えます。
その指摘に対し、

黒羊さん yjsanも占領は悪いことで小学生でもわかることだと言ってるのです。 私だけでなくyjsanにも共通する前提で話しているので、黒羊さんが違う前提で話しても筋が違うでしょう。
2006/10/4(水) 午後 11:23 [ 三井 ]


と反論?をしてくれたようなんですが、前提が違うのは、三井さんの方だと気づかない事がまた滑稽です。
そもそも小学生にしろ、成人にしろ、占領は悪いことと教育を受けない限り、それを知る術はないんです。そういう後天的価値観を以って前提とするのは、歴史を語るにおいて失格です。
歴史は、事実の積み重ねである。そこには善悪の判断基準はないのです。原因があって経過があって、結果があるだけです。

人之性惡 其善者僞也 今人之性 生而有好利焉 順是 故爭奪生而辭讓亡焉 生而有疾惡焉 順是 故殘賊生而忠信亡焉 生而有耳目之欲 有好聲色焉 順是 故淫亂生而禮義文理亡焉 然則從人之性 順人之情 必出於爭奪 合於犯文亂理 而歸於暴 故必將有師法之化 禮義之道 然後出於辭讓 合於文理 而歸於治 用此觀之 然則人之性惡明矣 其善者僞也


荀子性悪篇です。
いわゆる善と言うものは人為です。しかし歴史と言うものは、人の歴史であれど、自然と積み重なって出来たものなのです。
それに対する見方、つまり歴史認識は、人の数だけあるんです。
絶対善とか絶対悪なんてものは当然存在しないのです。
日本人が、韓国人に対し、あの占領は朝鮮のためだったのだといくら主張しても韓国人が受け入れるわけがないです。また韓国人が、あの占領は害悪以外の何者でもないと認識せよと日本人に言っても日本人が受け入れる必然は一切ないです。
ある共通の事柄に対する見方の問題にすぎませんからね。
では、何が問題かというと歴史事実の捏造です。
例えば、朝鮮半島の基礎インフラが日本によって為された、また漢江の奇跡も日韓基本条約における日本からのお金を使うことが出来た面があるというのは歴史事実です。それが、収奪だけを行ったとなると捏造ですね。
だから日本に感謝せよとは誰も言わないです。韓国人が、日本に占領されたことを屈辱だと捉えたとしてもそれは別に構わないことです。
当然、日本には、当時朝鮮併合をしなければならない理由があったわけですし、朝鮮には日本に占領されざるを得ない事情があった。その結果併合となった。その事に対して、占領自体が悪いなんて一面的な見方をして悦に入っても仕方ないかと思います。
なぜなら当時の人間と、今の人間では、その立場も環境も全く異なるからです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。