主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2005/08123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/10

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は、阪神ファンで巨人が大嫌いです。なのでナベツネは大嫌いです。しかし、それは許容できる大嫌いでした。
ところが、反日メディアのドンであるナベツネを知ると許容できない状態になりました。

【内閣改造 土俵際の再出発】(下)本気だった「倒閣」
安倍は平成5年の政治制度改革をめぐる自民党分裂こそが、日本経済をどん底に落とした「失われた10年」の原因だと考えている。その引き金を引いた小沢がどんな動きをするかは容易に想像がついた。

安倍さんのこの認識は正しいと思う。日本を壊したのは小沢であり、国民はマスコミに煽られて忘れてしまったのだろう。小沢は湾岸戦争で金だけ出すと言う対外的な大失態を演じた。もちろん彼の懐は豊かになったのだが。
しかし、安倍さんもそれを知っているのなら、もっと前面に押し出していけばよかったのに。小沢が如何にだめかをきっちり、伝える努力をしておけば、国民も昔小沢に対して持っていた怒りを思い出しただろうに。

翌29日午後4時、ワンボックスカーでひそかに公邸に乗り付けた。安倍が自らの意向を伝えると麻生の返事は明解だった。
 「衆参逆転など大したことない。安倍政権が打ち出した教育、安保などの大方針はちっとも間違っていないんだから胸を張って続投すべきだ。しっかり支えますよ」
さすがだ。麻生さんは、正直な人ですね。そして正論です。安倍さんは一生麻生さんに頭が上がりませんね。

「メディア界のドン」といわれる人物が主催する秘密会合に顔をそろえたのは派閥領袖級の4人。元副総裁の山崎拓、元幹事長の加藤紘一、元幹事長の古賀誠の「新YKK」、そして元厚相、津島雄二だった。
 誰とはなく「安倍はもうダメだ。世論が分かっていない。一気に福田擁立でまとめよう」と声を上げると、新YKKとは一線を画していた津島も「あの人(安倍)には人の暖かみを分かる心がない。『正しいことさえ言っていれば人は分かってくれる』と思いこんでいる」と応じた。
売国奴が雁首そろえて最低ですね。メディア界のドンって言うのは、ナベツネですかね?どちらにせよ、そのドンの意向が福田と言うことで、それならメディアの今回の安倍自民ネガティブキャンペーンの黒幕ですね。
マスコミが、民主主義で一番の権力を持っていて、しかも悪用すると言う最低な状態ですね。今マスコミに携わっている人間は全員クビにしてもう一度一から、公正とか中立とか一次ソースを国民に知らせるとかの常識を持ったメディアの人間を作成しないとだめでしょうね。

森「君は今後も安倍さんを支えてくれるか」
麻生「安倍政権は国家的に正しいことをやっていると思うから、私はそれに乗っているんです。参院選で負けたのは小泉改革のツケが最大の原因で、安倍さんのせいとはいえないでしょう」
森に派閥領袖級の人物評などを次々に問われ、「おれの意向を探りに来たのか」と感じた麻生は、こう切り出した。
「なんだかちまたには福田擁立なんて動きがあるらしいが、こんなものは絶対にのめない。安倍さんと総裁を争った私が支えるといい、『安倍だ』『安倍だ』とはしゃいだ連中がハシゴを外すなんてまったくおかしな話ですよ。そもそも福田さんは総裁選に出てもいないじゃないですか」
森は「福田さんには安定感があるから…」と言ったが、麻生は頑として譲らなかった。
「もし福田擁立という動きが本格化したら、即座に手を挙げて総裁選を要求します」
森は幹事長時代から、加藤と敵対して「冷や飯生活」を送ってきた麻生に「目をかけてやった」との思いがある。麻生もその恩義を強く感じているが、この会談は2人にシコリを残した。
さすがだ。やはり、麻生→安倍の感じで行けば一番よかったのかな。やはり森さんは、ちょっと頭が悪いな。ここで中国に阿ってどうする?
安倍さんが支持を残しているのは、外交面が大きいんだよね。福田じゃ無理。
麻生さんの敗因分析は非常に的確ですね。

何だかんだで、安倍さんと麻生さんは、ベストのコンビだね。
それでもナベツネ率いる売国反日メディア軍団と戦うのは厳しいな。
スポンサーサイト
カナダの先生が都民に失望して、またも叫んでいます。
所詮、石原は裸の王様にすぎない
まあタイトルからして、そりゃ自分だろって話なんですけど。

今日のアクセス、いやに多いんだけど、今回都知事選前にぐっとアクセスが減って、選挙が終わたとたん増えるって、やっぱり検索で規制されていたのだろうか。この現象は私だけではなくて、AbEnd仲間のブログほとんどに言える。そう言えば、ヘンリー・オーツさんが台東区で運営されている生涯学習センターのパソコンでAbEndのブログがアクセス規制されていて見られなかったって言ってたけど、誰かが台東区に指摘して規制を解いてくれたのかな?

規制云々は、よく知りませんが、アクセス数が増えたのは、浅野大敗について、あなた方、反日がどういう反応を示すか、つまり共産党のせいにするのか、マスコミのせいにするのか、石原慎太郎を応援した芸能人のせいにするのかetcを見たかったからですね。
そしたら都民に失望するという、まさに予想もしない反応を示したためさらにアクセス数アップです。
『OhMyNews』しかニュースソースがないのはかわいそうな限りですね。

石原は、やはり、あと4年はもたないでしょう。となると、都知事補選がもうすぐ行われることになる。その前にリコール運動の動きもあるけど、リコールされる前に体調をくずして自分から辞任するでしょう。でも、もし、リコール運動が実現したら、是非、協力させていただきたいけどね。

まあ妄想ですね。いずれにせよ、あなた方のあり方では選挙では勝てないです。日本人を馬鹿にするのもいい加減にした方がいいでしょうね。

ただ、あいかわらず、OhmyNewsのコメント欄はネトウヨでごったがえしているけど、これってどうにかならないものだろうか。こいつらがいる限り、OhmyNewsの記者になろうと思う人はあまりいないだろうね

多分カナダの先生の意見に合わない人は、皆ネット右翼なんでしょうね。なんであなた方はそんなに独善的でいられるのか・・・謎です。やはりストレス解消だからでしょうか?
ストレス解消反日ブログランキングにすれば、ダントツでTopになれますよ。
静流さんのひこ ふたたび(カテゴリー:ブログ批評)エントリから日本の将来を変えたいので、ブログを始めました。での最近のいわれひこの活躍ぶりをうかがいました。
彼は日本の将来を変えたいと言いつつ、戦争反対を唱えているのはまあいいのですが、あくまで戦争は外交の延長上にしか存在しないことは知らないようです。
前提として静流さんも指摘していますが、いわれひこ氏は、自分の意見に異論、反論を唱える者を敵と見なします。彼のブログに異論、反論を書き込むと即削除です。何故なら、いわれひこ氏こそが絶対的指導者でその高潔なる思想に逆らうものはサタンの所業以外の何者でもないからです。

今回は東京大空襲の話から始まっているんですが、どうしても今の政治に転換したくてしょうがないようで無理矢理こじつけます。
そもそも戦争の悲惨さを伝え、反戦を主張したいところが原点のはずなのに、いわれひこ氏は、日本政府への攻撃に行き着きます。
ここら辺が嫌安倍厨の本領発揮のポイントですね。
さらに

なぜなのか? ここからはわたしの想像です。やはり、アメリカからの横やりなんではと思います。戦争資料館を作って、アメリカの卑劣な空襲や戦争の内容を、わざわざ知らない人や若い人に伝えることは、アメリカにとって、決して良いとは言えないでしょう。このまま戦争や、空襲体験者がいなくなるのを待つ作戦なんだと思います。


想像ですと断って書いておきながら、中畑さんの「妄想かよ!」と言う突っ込みに対し、

この記事を読んで、妄想と思う人間がいる現実が、まさしくアメリカの思うつぼだと言えます。ものの見事にアメリカと日本政府のだまくらかしに、洗脳されてしまったかわいそうな人間と言えるでしょう。合掌

と逆切れしてますが、自分で「想像です」と断りを入れたことを忘れちゃったのかな?じゃあ丁寧に言い直しますか?「でもそれは所詮あなたの想像ではないでしょうか?」

で何より香ばしいのがいわれひこ氏の記事のコメント欄。

CAN:こいつらの場合、アメリカの圧力というより、「自ら率先して」アメリカ様のご機嫌取りに走ったきらいもありますね。あと、旧帝国信者からすると、彼らの信奉する旧軍が本土爆撃を全く防げなかったことを隠したい、闇に葬りたいという気持ちも働いたのかもしれません。でもそんな連中の運動が少しずつ効果を発揮して、今の若い世代に影響を与えているのは警戒すべきことだと思います。

本土爆撃を防げるくらいなら、勝ってますね。無差別攻撃をしたアメリカは非難しないのですか?

いわれひこ:CANさん、いつもコメントありがとうございます。もうアメリカ追従の時代ではs、世界から孤立します。あまりにも先を見る目がありません。政治家はお金にしか目線がいかない人種なんです。

いわれひこ氏説では、政治家はお金が欲しいから、アメリカ様に追従し、世界から孤立するということでよろしいのでしょうか?

堀端勤:東京大空襲の話は調べれば調べるほど悲惨で目を背けたくなる思いです。昨日ですが大空襲の被災者が国に損害賠償を求めて提訴しましたね。当然の事だと思います。軍人には恩給が出るのに被災者にはこれっぽっちしかない。これぞ正に戦後日本の「いいかげんさ」を追認する始まりだったと感じます。

うんと大空襲を行って日本人を虐殺したのは、アメリカなんですが、それにあの戦争で国民だけが一方的に被害を受けたんでしょうか?マスコミに煽られ、戦争を支持したのは国民だと思いますよ。南京陥落で提灯行列作ってノリノリだったのも国民ですよ。これがブロガー新党の主張ですね。

いわれひこ:堀端さん、いつもコメントありがとうございます。民間人を見殺しにしたのと同じですね。責任追及する裁判は注目ですね。しかし、権力で責任無しとするのが見えるようです。。。

え?いわれひこ氏は、「あれだけひどいことされて、あっという間にアメリカの属国です。日本人としてのプライドなんてありません。忘れやすいにも程があります。 」って堂々と発言してたのに民間人を日本政府が見殺しにしたってどういうこと?アメリカを訴えるべきだって言うのが正統な主張なんじゃないの?しかも日本人の美学としては、アメリカにはひどいことをされた、本来なら、アメリカに損害賠償を請求してやりたいところだが、それを敢えてしないというところなんじゃないのかな?いわれひこ氏は本当に日本人としてプライドある?

いわれひこ:仲村さん、コメントありがとうございます。靖国参拝は、日本の外交の程度の低さを示しただけに思います。今後も影響が出て来ると思います。拉致問題に味方してくれないなど、影響は出ています。

靖国に関して政治的に問題だとしているのは、韓国と中国だけですが、「拉致問題に味方してくれない」の意味がさっぱり分かりません。中国と韓国と書きたくないから、わざと抜いて書いているんでしょうか?そもそも中国や韓国にとって靖国神社なんて問題の本質ではないことは、いくら腐っていてもいわれひこ氏もご存知だと思いますが。で靖国問題で外交の程度の低さを見せたのは中国と韓国です。あからさまな内政干渉、嘘による反日プロパガンダ。日本の外交の程度の低さはそこではなく、堂々と主張すべきを主張し、非難すべきを非難する態度の欠如だと思います。つまり情報戦において全く手が出ないことです。(外交の延長上に戦争という選択肢をもてないからですが。)

3月10日は東京大空襲の日です。 その4 この記事には非常に痛ましい写真が含まれており、それをこれ見よがしにブログに貼り付けてあるので、見に行かない方がいいですよと先に言っておきます。

この写真を見て、このようなコメントを入れられる人間の神経を疑います。人格崩壊しています。わたしは戦争を憎みますが、このような人間には哀れみと悲しみしか感じません。通常は削除してしまいますが、みなさんにお見せしたくて、あえて残してみました。よろしかったら、このような人間がいることについて、感想をコメント下さい。

私も雑誌から無許可で転載していると思われるこの写真を貼り付けて、ホレホレと見世物に使う人間の神経を疑うと共にこのブログの管理人は、人格崩壊が極度のところまで進んでいるようだと感じます。私は戦争を決して美化しませんが、戦争に向かうには何らかの理由があると考えます。それも物凄い複雑な事情だと思います。
いわれひこ氏式考え方は、
どっかの悪い政治家が突然隣の国に攻めたくなったら戦争が始まるということでしょうか?もちろん指導者が道を誤り、戦争が起こることはありますが、それでも外交の延長上にしか存在していません。なぜなら隣の国が欲しいと思えばまず恫喝したら手に入る可能性が消えない限りはわざわざ戦争を起こす必要性がないからです。いわれひこ氏の戦争論は幼いですね。
で、戦争の悲惨さは、歴史上戦争が始まってずっと人間が学んで来たことで、それでもどの時代も戦争はあります。つまり悲惨さのみで戦争をやめることができると言うのは、歴史的裏づけを無視している妄想です。過去滅びるまで戦争を続けた国は数多です。

またこのエントリのコメント欄も香ばしい限りですね。

いわれひこ:いつもコメントありがとうございます。わたしは全世界に、核保有国すべてに核兵器廃絶を訴えるべき立場にあるのが日本だと思っています。日本の国民がまず戦争の実体を知り、世界に戦争反対を訴えるべきと思っています。産業の発展のために戦争するのは、本末転倒です。戦争が無くても、産業はちゃんと発展します

ここまで馬鹿丸出し発言です。「核保有国すべてに核兵器廃絶を訴えるべき立場」もう何十年も訴えてますが、保有国は減るどころか増えていますが。「産業の発展のために戦争するのは、本末転倒です。」誰もそんなことはしていないですよね?結果的に戦争に勝つために産業や技術が発展したことはあっても、(破壊されたものもあるでしょうが)産業の発展のために戦争している国はありませんし、いわれひこさんに対するコメントの中にそんなこと書いている人はいませんが。
いわれひこ氏も、憲法9条があるために戦争を起こす可能性が極端に低い日本を攻撃するよりも、となりで拡大政策を取り肥え続ける、中華人民共和国や、金正日の野心で日本を常に攻撃対象にしている北朝鮮などをもっと非難したら如何ですか?韓国のように人様の国の領土を侵略しながら開き直る国にもっと強く言えないんですか?

最後にいわれひこ氏に聞きたいのは、憲法9条でどうやって、世界平和に貢献するんですか?今の所東アジアの不安定しかもたらしておりませんが?
さらにもう一つ。
戦争は相手がいないと起こらないです。戦争の当事者は複数です。

いわれひこコメント欄はまさに嫌安倍厨劇場ですね。

共産・志位委員長が自民民主批判
 共産党は9日、党本部で統一地方選に向けた全国都道府県委員長会議を開いた。志位和夫委員長は委員長報告の中で、安倍晋三首相が内閣支持率の低下を受けて、「タカ派的傾向」を強めていると批判。各地の知事選挙で与党と対決型の構図を描こうとする民主党の姿勢を「野党ポーズ」と断じた。
 志位氏は、国民投票法案をめぐる国会内の動きや、慰安婦問題での反省と謝罪を表明した河野談話に見直しの動きが出てきていることを踏まえ、「(安倍政権は)政治局面の打開のためタカ派的、反動的傾向を強めている、厳しい警戒を払うことが必要だ」と訴えた。
 民主党が、通常国会で政府・与党との対立軸路線をとっていることについては、「選挙目当てのポーズに過ぎない」と批判。地方議会では、民主党も含めた「オール与党」体制が続いていると主張し、「民主党は各地(の選挙で)で野党ポーズを前面に打ち出しているが、国民を欺く卑劣な態度だ」と批判した。
(2007/03/09 12:57)


共産主義政党でなければある程度聞く耳持てるのにね。民主が選挙で負けたのを、共産党のせいにされたらそりゃ怒るよね。
何より民主党シンパはろくでなしが多いから、兎に角選挙に勝て、中身はそれからだ的な、あほな状態をやめたほうがいいと思う。

山崎氏、首相発言に「弁解がましい」 慰安婦問題で
 自民党山崎派の山崎拓会長は8日の派閥総会で、安倍晋三首相が従軍慰安婦動員をめぐり「官憲が人さらいのように連れて行く『狭義の強制性』」を否定していることを念頭に、「弁解がましいことは一切しない方がいい」と批判した。
 山崎氏は「(日本に謝罪を求める決議案採択に向けた)米下院の動きは決して愉快でないが、従軍慰安婦なるもの(の存在)は事実だ。それが強制によるか、間接的な強制かの議論は実は弁解にすぎない」と強調。「そういう議論をするより、われわれは(旧日本軍の関与を指摘した平成5年の)河野洋平官房長官談話を認めるべきだ」と述べた。
(2007/03/08 17:58産経WEB)


冤罪は当然認めることはできない。先祖に謂れのない汚名を着せられたのだ。抗議して当然だろう。ああお前北朝鮮人だから関係ないのか。
じゃあ北朝鮮へお帰りください。

河野談話 慰安婦「強制性」に韓国から働きかけ
 宮沢内閣末期の平成5年8月、河野洋平官房長官(当時)は「慰安所の設置、管理および慰安婦の移送は旧日本軍が直接、間接に関与した。慰安婦の募集は、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、甘言、強圧によるなど本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、官憲等が直接これに加担したこともあった」とする談話を出した。
 官憲による慰安婦募集の強制性を認めたもので、韓国などにより、日本政府が正式に慰安婦の強制連行を認めたと拡大解釈、宣伝された。
 しかし、談話の根拠は元慰安婦女性からの聞き取り調査だけで、9年3月の参院予算委員会で平林博内閣外政審議室長は「個々の証言を裏付ける調査は行っていない」と答弁。河野氏自身も同年、自民党の「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」の会合で「強制的に連行されたものかについては、文書、書類では(証拠は)なかった」と述べている。
 証拠がないにもかかわらず、政府が強制性を認めたのはなぜか-。河野談話作成にかかわった石原信雄元官房副長官によると、当時、韓国側は談話に慰安婦募集の強制性を盛り込むよう執拗(しつよう)に働きかける一方、「慰安婦の名誉の問題であり、個人補償は要求しない」と非公式に打診していた。日本側は「強制性を認めれば、韓国側も矛を収めるのではないか」との期待感を抱き、強制性を認めることを談話の発表前に韓国側に伝えたという。
(2007/03/01 11:00)


河野は当時官房長官の要職にあり、証言に対し裏も取らないで、そのまま受け取り、
「強制性を認めれば、韓国側も矛を収めるのではないか」
などと安易な発想から、ありもしないことをあったという談話を発表し国家の利益を著しく傷つけた、その行為は、万死に値する。即刻、衆議院議長の座を辞し、談話を取り消し、議員を辞し、謹慎すべきだ。
また当時、河野周辺の役人、(官房長官なので総理府か?)も同罪であり、これを放置した外務省の売国奴も全員本来であれば処刑されてしかるべきだと思う。
河野洋平よ、とりあえず国民に土下座して謝罪しろ!!
靖国で一週間土下座して英霊に詫びよ。

慰安婦決議案、「河野談話が根拠」 ホンダ議員
 米下院に慰安婦問題をめぐる対日非難決議案を提出したマイク・ホンダ議員(民主)が25日、フジテレビの「報道2001」に中継で出演し、決議案が「日本軍による強制的な性奴隷化」などと軍による強制連行を一方的に断定している根拠について、「官房長官談話が出て、首相が謝っている。実際に(強制連行が)なければどうしてそういうことが起こるのか」と述べ、平成5年の河野洋平官房長官談話を挙げた。
 これに対し、日本側の出演者は「日本政府に謝罪を求めながら、強制連行の根拠を『日本の首相が謝罪しているからだ』というのは論理矛盾だ」(山本一太参院議員)などと反論。日本政府の対応にも注文が相次いだ。
 ホンダ氏は、自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」が河野談話の修正を求めていることについて、「議員が声明の内容を変えようとしている。本当は心から謝っていないのではないか」と非難。レーガン政権が1988年、第2次世界大戦中に強制収容した日系人に謝罪と補償をした例を挙げ、日本政府がこれに習うよう訴えた。また、決議案が日米関係に及ぼす影響について「日米関係をさらに強固にする」と述べた。
 河野談話をめぐっては、安倍晋三首相が昨年10月の国会答弁で「狭義の強制性(強制連行)を裏付けるものは出てきていない」と強調。首相サイドでは部分修正を模索する動きも出ている。
(2007/02/25 19:00産経Web)


河野洋平は、こういう報道を聞いて何か感じることはあるのだろうか?
彼が軽率にも出した談話において、ホンダなる日系人の言い訳に利用されている。
そもそもアメリカ人が何様で慰安婦に関して日本を裁こうとするのか?

レーガン政権が1988年、第2次世界大戦中に強制収容した日系人に謝罪と補償をした例を挙げ、日本政府がこれに習うよう訴えた。

そりゃアメリカ政府がやったことだろう。日本政府は、従軍慰安婦を強制連行していない。何を謝罪するんだばか者が。売春婦にならざるを得なかったことは哀れだが、それを日本軍や日本政府のせいにするんじゃない。
そして性奴隷云々言うんだったら、今いる売春婦を救ってやれ。
嫌安倍厨劇場でも取り上げた、嫌安倍厨主要メンバーのkomichi氏がまた吼えているようだ。
ネタ元はサンデー毎日の記事で、しかも小泉前首相が、昨年の1月頃に「皇室が最後の抵抗勢力」と言ったらしいと言う内容です。まあ私は週刊誌自体あまり読まないので、該当記事も知らないので、komichi氏が「では、今知っただろうが。どうせ幣サイトを見ているのはわかっているんだ。こっちだって、そちらの記事や書き込み等をチェックしている。」と仰るのでそのまま伝聞で書いていきます。
初めに言っとくと、小泉前首相が、該当する発言をしたとしても、不思議ではない。が結果を見ればお分かりのように、皇孫の誕生において、皇室典範の改正を見送らざるを得なくなったわけですし、安倍政権誕生で、期待通り皇室典範改正はなくなりました。
でkomichi氏が何をそんなに興奮しているのかは知りませんが、あなた右翼ですか??
反日ブログ監視所

黒羊 2006/09/07(木) 02:08
まあ
彼らも現人神の奇跡を目の前で見せつけられて、自分達の存在意義を失い、何か抵抗できることはないかと必死なんですね。
こいつらが、再び元気にならないためにも一刻も早く皇室典範を改正して、男系天皇が存続できるようにすべきだと思います。(これは旧宮家の皇室復帰以外になさそうですが)


この私のコメントの皇室典範改正の意味をkomichi氏の溶けた脳みそではわからないと思いますね。小泉の女系天皇のための皇室典範には私はそもそも大反対です。そういう輩が出ないために、旧皇族の皇族復帰を盛り込んだ皇室典範を作れと言う意味です。
ちなみに安倍晋三も女系に変える小泉の皇室典範改正には反対してましたよ。私はまずその一点が安倍晋三に好感が持てたところです。

根本的にkomichi氏が間違っている点をいくつか上げます。
私が、小泉政権を支持したのは、対東アジア外交に楔を打ち込んだことです。中韓の言いなりにならなかったのは大功績ですよ。
ただし私は郵政民営化は反対ですし、小泉構造改革もそんなに評価していないです。

日本は共和制ではなく、天皇制によって成り立つ国である」というのが、あの人たちの考えであるから。

頭がおかしいですね。私は保守ですが、今の象徴天皇制を支持していますよ。天皇に政治的な権力を憲法上で持たすと自分で責任取らないやつらが多くなりますからね。天皇は、日本人の心であればいいと思っています。なので女性天皇は賛成です。女系天皇は反対。d( ̄  ̄) オワカリ?
小泉前首相の狡猾なところは、女性天皇と女系天皇をごちゃ混ぜにしたところです。

「小泉・安倍擁護の言説を繰り返し、その批判者に対して様々な形で攻撃を加えている人たちは、今度の問題をどのように捕らえているのか?」

これについては安倍総理を擁護させていただきますが、安倍総理は、小泉皇室典範改正には明確に反対しています。なので私は麻生氏ではなく安倍氏の方がいいと思ったのですよ。
小泉前首相が、「皇室は最後の抵抗勢力だ」と言ったとしてもそれは言論の自由、思想信条の自由の範囲ですが何か?それを暴力的に怒れと言っているkomichi氏は、何ですか?
そもそも柳沢大臣の発言を非難したkomichi氏は、菅発言はいい間違いだと解釈するような、ダブスタとは全く違いますよ。

いわれひこ:小泉発言が、現代でなければ即刻反乱者として打ち首ですね。蘇我入鹿と同じように、首を切られて当然の発言です。

こんな言論弾圧主義者みたいな発想は私は持ち合わせておりません。
反日ブログ監視所の皆さんはどうお考えですかと質問してきてますけど、私や篠原静流さんやmiracleさんさんや他のコメンテーターの皆さんの意見が全て一致してると思ってる低脳さはどうにかなりませんか?
全て一緒だったら、共産主義者みたいで気もいでしょうが。

komichiさん、あなたが安倍首相が憎いのは何故ですか?
私は小沢が嫌いです。なぜなら彼は、自民党の金権体質の継承者でそのまま民主党の党首に納まっているからです。

民主・小沢氏、事務所費公表 不動産「権利ない」(産経新聞)
 民主党の小沢一郎代表は20日、自らが代表を務める資金管理団体「陸山会」(東京都港区)の事務所費の詳細を公表した。平成17年の事務所費約4億1500万円のうち約3億7900万円を東京都世田谷区の不動産取得に充てたとしている。小沢氏は記者会見で、事務所費で購入した不動産について「私個人としては何の権利も持っていない」と強調した。小沢氏は自らの公表を足がかりに政府・与党にも公表を迫る考えで、政治資金規正法改正をめぐる議論も加速されそうだ。
 公表したのは、陸山会が15~17年、事務所費として支出した総額5億5300万円分の領収書や関係書類。同会は15年に約9900万円、16年に約3800万円、17年に約4億1500万円を事務所費として計上している。
 特に高額となっている17年の事務所費については、「深沢事務所・寮・作業場地代」約3億4300万円、「同建築費等」約2600万円など東京都世田谷区の土地・建物購入に総額約3億7900万円を充てたことを明らかにした。また、15年には、「仙台事務所・寮購入関係」約3400万円、「盛岡事務所・寮購入関係」約2800万円が計上されていた。
 小沢氏は、小沢氏個人が不動産に対して権利を有しないとする陸山会との確認書を公表。会見で「今後、私が政界を引退したとき、これらの不動産が、もし『陸山会』の資産として残存していた場合は、その資産は後進の人たちのために使う」と述べた。
 安倍首相は20日夜、記者団に「閣僚は議員個人として法令にのっとって適切に処理している」とと述べ、現時点では自発的な公表に応じない考えを表明した。政治資金規正法については、民主党がすでに独自の改正案をまとめており、与党内の調整が本格化しそうだ。
(2007/02/20 19:07)


はい自分から自分へ名義を貸すわけね。はい茶番、茶番。後確か10億越えてたんですよね。残りは?
事務所費は、法的に問題がないわけなので、議論するなら、法改正論議にしてもらいたいものです。
周公旦という人がかつて、周にいました。
周の武王の弟に当たる人です。
太公望や召公セキ(夾の左右の人の部分が百)と並ぶ周建国の立役者です。孔子が尊敬し敬愛しやまなかった人です。(聖人としてあがめていた)
武王が、若くして亡くなった後、成王がまだ幼かったため召公と共に補佐しました。
周公旦は礼学の基礎を作った人物とされ、周代の儀式や儀礼について書かれた"周礼"、"儀礼"を記したと言われています。

さて周公旦を突然出したのは、この前のエントリで、晋について唐叔虞が封ぜられたと言及したからです。その当時を知る上で、周公旦ははずせない人物です。

先に周の武王は若くして亡くなったといいましたが、継いだ、成王はまだ幼く、周公旦達が補佐したと述べました。
成王が成人すると、周公旦は、政権を返して職務に戻りました。補佐している間、実は周公旦が王位に就いたという説もあります。
この政権を返すことが、大政奉還・・・・即ち、幕末の日本に影響を与えたわけですが。

唐叔虞については以下のような逸話があります。
成王が弟の叔虞と庭で遊んでいました。その時に枝を取って、「これを以ってそなたを封じよう」と封建ごっこをしていたのです。
この事実は、史官によって記録されました。当時、その後も、史官は重要な役割をしています。また、彼らは、主観ではなく客観的に事実を記載し、君主の命令でも、一度書いた事実を削除することはありえなかったのです。(あくまで模範例で、当然捏造を許す史官もいたとはおもいます。)
宰相が、宮殿でそのことを知り、「叔虞を何処に封じますか」と聞いたので、成王は、「私は弟と遊んでいただけだ」と答えました。
宰相は「天子に戯言なし。王が一度発した言葉は、覆すことができない。」と答え、周公旦が唐を討って帰ってきたので、改めて叔虞を唐に封じました。

「天子に戯言なし」この言葉は天子の責任の大きさを端的に表した言葉です。天子は大きな権力があるわけですから、その言葉に嘘やまやかしが含まれると誰も命令を聞かなくなるわけです。

では、庶民には、その言葉に責任は伴わないのかと言うとそんな事はないわけで、全ての人は自ら発した言葉に、責任を持つべきです。言論の自由もその裏には責任が伴われていて当然だと思います。

ところで、周公は魯に封じられました。しかし、国政を預かる身の上のため、長男の伯禽を行かせました。孔子が生まれた国はその魯です。
前に「いいわけ」でも取り上げているのですが、柳沢発言は有問題で、菅発言は、没有問題な理由として大まかに整理すると以下の3つです。
厚生労働大臣と元厚生大臣で政党の代表代行は、その職責も違うから。
TPOで許される場合と許されない場合があるから。
失言は一度なら許されるから。

オマケ:石原慎太郎はもっと暴言吐いているから。
それで、
負け犬のkomichi氏が更に吼えています。ホワイトカラーエグゼンプションに関して対象外になる人もいるよと言うことを柳沢大臣は言いたかったらしく、「工場労働者というか、そのぉ~、ベルトコンベアの仕事、 労働時間だけを売り物ですと言うようなとこです」と言ったことに、komichi氏は猛然と噛み付く。
差別意識・選民意識はこの柳沢伯夫という人物の意識の根底から根付いているのではないか? ここまで来ると、そう考えざるをえない。
 しかも、このような意識の持ち主が「少子化対策」や「残業代タダ制度」など、国民生活の根本に関わる諸問題に関する意志決定をする立場にいる。

確かにねえ、さらっとブルーカラーって言ってしまえばよかったんだとは思いますが、失言を政争の道具にしたって根本的な話ができないでしょ?ブルーワーカーを端的に説明しちゃえばそういうことなんだし。そこに差別意識や選民意識を感じてしまうkomichi氏の脳みそには一体何が入っているんでしょうか?
むしろ厚生労働大臣は、失言したらだめだけど、野党第一党の代表代行で、元厚生大臣は失言してもOKだという方が、差別的で、選民的なんじゃないのですかね。
仮にブルーカラーに成果報酬を導入したらそれこそ大変なことになるわけですが。

で、komichi氏によると
菅発言を取り上げることは、
また、管直人・民主党議員の「(愛知や東京は)子どもを産む生産性が最も低い」と発言したことなどをあげて、柳沢批判に水をさそうという人たちもいる。
 これこそ「言葉狩り」とか「揚げ足取り」、あるいは「ちょっとしたミスをあげつらうもの」ではないだろうか? 要するに、なんだかんだ言って、柳沢批判を邪魔したい……もっと言えば、安倍政権を擁護したいだけではないのか? そう私は思うのだが。
らしいですが。
そんな安倍政権擁護とか批判を邪魔したいとか、どこかのkomichi氏みたいに次元の低いことを考えている暇はないです。ただ、予算や、労働に関して、役人が勝手に考えて役人が勝手に通そうとしている法案などがあるのに、くだらない揚げ足取り合戦に時間を使って欲しくないのです。野党も与党も十分に審議することが仕事なのであって、言葉尻を捉えて何日も何日も無駄に給料費やされても困るんですよね。
komichi氏達は結局兎に角安倍政権を潰したいだけなんではないだろうかと思うんですよね。そんなネガティブ思考が私は大嫌いだ。いや反対するのは大いに結構だが、やはり、それに反対だったら、「こうすべきだ!!」って言うのも出していかないと、何も構築できないわけですよ。それで失礼だ、差別だ、選民だじゃ、まるで子供の喧嘩ですよ。「ばーか、あーほ、お前の母ちゃんでーべーそ」なんて言い合ってもそこから何も生まれないわけです。
さらにkomichi氏は、菅発言が許される理由としてカナダの先生を引っ張り出します。
でそれを簡潔にまとめると最初に挙げた以下の4つ?
・厚生労働大臣と元厚生大臣で政党の代表代行は、その職責も違うから。
・TPOで許される場合と許されない場合があるから。
・失言は一度なら許されるから。

・オマケ:石原慎太郎はもっと暴言吐いているから。
失言は一度なら許されるからについては、皆一度どころかなんども失言しているわけですよ。菅直人は、拉致容疑者の、辛光洙の釈放嘆願書に署名しているわけですよ。本来、日本国民としても認めていいのかどうかすら怪しいですよね?
そうやってアラというものは探せばいくつも出てきますよ。小沢、鳩山も元自民党でそれなりの地位にあった人達ですよね。だとすれば、あなた方が自民を攻撃すれば、当然それはみんな小沢、鳩山に返って来るんです。(同じ穴のムジナっていいますね。)

そしてkomichi氏は、何を思ったかここから矛先が突然反日ブログ監視所に向けられるのである。(前回は石原慎太郎叩き)で静流さんが紹介してくれた、小沢、菅の失言・暴言に対し、カナダの先生が的確に反論したから自分はしないとkomichi氏はのたまうのだが、そもそもカナダの先生の反論は、「私は安倍が倒れれば何でもいいです」というだけの話ですよね?komichiさんも同じってことですよね?
厚生労働大臣と元厚生大臣の職責が違うことはありえません。元厚生大臣はかつてその職責を担っていたわけですから。
問題発言は場所を変えても問題だから問題発言です。
柳沢、菅共に複数回失言しています。また菅に至っては、凶悪犯罪者の釈放要求に署名しております。
「石原慎太郎」は今回関係ないです。
であれば柳沢大臣発言を執拗に取り上げるのは、兎に角安倍政権を潰したいと解釈するしかないですよね。
ということでもっと論理的な、反論をして欲しいですね。
で後、いつ静流さんが、柳沢発言を擁護したのか知りたいですね。
私は柳沢大臣の言いたいことはわかる。でも言い方がまずい。と思います。

ところで民主党の千葉景子議員が、安倍総理に「子供は国の宝」に関連して、「子供は経済や年金のために生まれるのでない。子供は国のために生まれるという発想があるのではないか」と批判したらしいですが、この状態になるとやくざの因縁だと思いませんか?
こういうくだらない絡み方をして一体何が審議されるんですかね?

しかし、そこまで熱心に小泉・安倍政権及び、彼らが推進する対米売国にもつながる新自由主義(=市場原理主義)路線を擁護する人たちがいるのは何故だろう?

やれやれ経済左翼の私に言わせると、行き過ぎた市場原理主義は、危険だと思いますよ。対米売国って言ったって、戦後ずっとアメリカの属国なわけで、国民の命を抱えて、いきなりアメリカと敵対しろって言うのは無理な話だと思うんですよね。
かといって、平等平等と、声高に唱えて、悪平等を推進するのもどうかと思うんですよ。能力のある人はそれを公正に評価されないのであれば、怠け者が勝つ世の中になるだけで、中国とか見れば分かるように結局文化大革命で失ったのは、中国が昔から大切に育ててきた伝統や文化でそんな中国に日本を売り払おうとしているよりは、アメリカに売り払っている方がマシって話なんではないかと思いますよ。
私は日本はまず普通の国になってほしいと思うから、消極的に安倍政権を支持するわけです。でkomichiさんは、どういう国にしたいの日本を。

女性問題など彼らには結局は政治闘争の道具
>なんで先生もこみちたんも突然石原発言叩き?
それは菅の発言を擁護することとワンセットなんですよ。
柳沢の発言は許されないが菅の「生産性」発言は許されるという根拠に、菅の社会的地位が大臣のそれよりも低く、それゆえ免責されるという論法を取っていたでしょう?
ところが俄に菅が東京都知事選に立候補する(せざるを得ない)可能性が出てきましたよね。
そうなると社会的地位や影響力のなさを理由に庇いきれなくなるでしょう。
そこで、「こんな発言をしていた人物を東京都知事に推してよいのか」という批判を「石原だって過去にはこんな発言をしている」と持ち出すことで、両者を相殺して菅を擁護するという魂胆です。
2007/02/15(木) 16:02 | URL | 静流 #os126ke.[ 編集]

「いいわけ」という記事に静流さんがコメントしてくださったないようです。つまりこれで解釈すると、菅は、都知事選にでないということになったので、komichi氏はとりあえず開き直ってみたってところですかね?陰謀論つきで。
追伸:
とくらさんへ質問状を出すのはごく普通の話です。だって彼女民主党から政界に打って出るわけですよね。自己批判もできない人間が、また政界に増えたら困りますからね。
民主党の党首や代表代行の不適切発言についてどう思うかっていう質問は、民主党支持不支持を問わず自然に出るものではないのですかね?
静流さんのところで、「出産を「生産性」と発言した民主、菅直人(カテゴリー:時評)」のエントリが上がっていまして、私もいろいろ散々柳沢批判した人のブログを見てるんですが、
きっこ
負け犬
カナダの先生
その他もろもろ。
結論:
大臣と政党の代表代行は、その職責も違うから同じではない。
TPOで許される場合と許されない場合がある。
失言は一度なら許される。
なので厚生労働大臣の柳沢発言は許されないが、
元厚生大臣で野党第一党民主党の代表代行は許されるらしい。
例えばカナダの先生は、

厚生労働大臣の立場でありながら、国民の経済状況や周りの環境が悪化して、子供を産みたくても産めない人が増えている時に、こういった女性に産めよ増やせよ的な戦前の日本の人口政策のようなことをぬけぬけとみんなが見ている記者会見で発言したのだから、女性を侮辱しているととられてもしょうがないし、辞任を要求されて当然だ。


子供を産みたくても産めないのが、経済的になのかなあ?むしろ経済的に貧しい家の方が、子沢山だったよ。戦後の第一次ベビーブームはどう説明するのよ?中国は?インドは?
身体的要因で産みたくても産めない人はいっぱいいて、政府は積極的にサポートすべきだと思うけどね。でももし人をものに例えてはいけないのであれば、立場や、身分に関係なく批判すべきだよ。生産性は言い間違いで、機械は故意だなんて暴力的です。
それにしても救われないのが負け犬の人。

それらの根底には、「自分たちエリート・勝ち組(の男)以外は人でない。大衆は自分たちに奉仕するだけの奴隷か機械だ」という、恐るべき選民意識が存在する。


なぜそんなに飛ぶのかわかりません。飛びすぎだろう。
で勝ち組って何の勝ち組よ?また金ですか?
金なんてそこら辺に転がってますよ。んでさあホワイトカラー・・・ですけどね、意識としては、定時内に仕事を終わらせることができないのは無能の証と自分で意識しとくのは重要ですよ。実際残業代欲しさに、仕事の遅い部下なんてつけられたら最悪ですよ。残業代込み込みの給与を請求して認められれば、ホワイトカラー・・・なんて痛くも痒くもない。ダメなら転職?も視野に入れて動けばいい。
それはともかく「健全な希望」は全く失言ではないです。
子供を欲しいと思うことが不健全なわけがない。健全なんです。だから不妊に悩む夫婦もいるんです。子供を持たないと考えることだって不健全ではないです。価値観が多様化している時代ですからね。

とまあこんな感じで、柳沢批判、菅、小沢擁護は、彼らのデフォルトらしいです。
ちなみに菅氏「生産には出産の意味がある」とのたまわったらしいですが、あなたが言ったのは生産性ですからね。
しかしすごいダブスタでお腹いっぱいです。

追伸:
なんで先生もこみちたんも突然石原発言叩き?石原慎太郎は確かに下品で程度は低いけどね。今回のこととは関係ないでしょうに。

中国 海軍力の大幅増強 狙いは日本…領有権争いに布石 (産経新聞)
 【ワシントン=古森義久】中国海軍の研究では米国でも有数の権威とされる米国防大学のバーナード・コール教授は「中国の膨張する海軍パワー」と題する論文をこのほど発表し、中国の海軍力の大幅増強の目的は台湾海峡での紛争に備えることとともに、東シナ海での尖閣諸島などをめぐる日本との領有権争いに軍事的に対処することだという見解を明らかにした。
 同論文は国立ウッドローウィルソン国際学術研究センターの特別報告書最新号で公表された。
 コール教授は同論文でまず、中国当局が目覚ましい経済成長の成果を軍事増強に投入するなかで、人民解放軍全体では海軍の強化が最も顕著だとしている。
 同論文によると、海軍のなかでも潜水艦の増強が最優先され、すでにロシアから購入したディーゼル機動では世界でも最高性能とされるキロ級が12隻、国産の「宋」級10隻がすでに配備されたほか、2004年夏には新鋭の「元」級潜水艦が開発された。原子力潜水艦では従来の「漢」級5隻に加えて「093」級が少なくとも2隻、配備された。
 さらに注目されるのは、中国海軍がこれまで長距離弾道ミサイル発射能力を持つ潜水艦の「夏」級の実戦配備に成功していなかったのに対し、いまやロシアの支援を得て「094」級の弾道ミサイル原潜の建造を始めたことだという。
 コール論文はこのほか中国海軍が海上艦艇や海軍航空部隊、海陸両用戦闘部隊などを増強する実態を報告している。
 同論文はさらに中国軍がなぜこの種の海軍力の大幅増強を図るのか、その目的や動機について(1)台湾が独立への動きをとった場合、武力で台湾を制圧し、米軍の介入を阻むための能力を保持すること(2)東シナ海での尖閣諸島などに対する中国主権の主張への日本側の動きに軍事的に対処する能力を保持すること(3)中国自身に不可欠なエネルギー資源を輸入するための海上輸送路の安全を確保する能力を保持すること-などを主要点としてあげている。
 同論文は以上を「中国海軍の近代化」という大幅な増強の主要な理由だと述べ、なかでも日本への対応は中国にとって「ほぼ台湾有事への対処と変わりのない重要性を持つ戦略的な海上案件への懸念」と位置づけている。東シナ海で実際に中国が日本と軍事紛争を起こす場合のシナリオについて同論文は、「日本側は日米安保条約に基づき米軍の支援を求めるだろうから、中国側は台湾有事への対応と同様に米海軍の介入を抑止し、阻止し、場合によっては戦闘をも辞さない態勢をとらねばならない」と述べている。
 しかし同論文は、その種の日中軍事衝突で中国側が米軍の介入を阻むことは台湾有事の際よりもずっと困難だろうとして、「米軍基地が日本の国内や至近の位置にあり、日米安保条約での明白な共同防衛規定に加え、米側の日本防衛への責務感が台湾に対するよりもはるかに強い」などという諸点を理由としてあげている。
(2007/02/09 08:01)


中国の領土的野心は留まる所を知りません。他方日本は単独では対抗しきれず、結局アメリカ依存。世の似非平和主義者が、中国に対してクレームをつけたり、拡大政策を非難したと言う話を聞いたことがありません。中国は遠交近攻策をとるわけで、当然先に台湾、そして日本と迫ります。日本のメディアは中国の軍事はいい軍事、アメリカと日本の軍事は悪い軍事と偏向を繰り返すばかり。
日本は憲法を改正し、アメリカとの対等な関係を築くことを最終目標に、中国に対抗していかなければならない。
<このエントリ取り消します。理由は続きを読む部分に書きます

<衆院予算委>柳沢発言で野党欠席 与党単独質疑の異例事態 [ 02月01日 12時15分 ]
 衆院予算委員会は1日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席し、災害対策費などを盛り込んだ06年度補正予算案に対する基本的質疑を始めた。しかし、柳沢伯夫厚生労働相の「女性は産む機械」発言を受け、厚労相の罷免を求めている野党4党は委員会を欠席し、与党単独で質疑に入る異例の事態となった。
 柳沢厚労相は「不適切な言葉遣いをし、国民、女性の方々の一番大事な部分を傷つけた。心からおわびする」と改めて陳謝した。野田毅氏(自民)の質問に答えた。
 与党は共産党が「丁寧な委員会運営」を求めたことにも配慮、午前9時予定だった開会時間を2度延期。質疑は午前11時過ぎにスタートした。
 これに先立ち、自民党の二階俊博、公明党の漆原良夫両国対委員長は国会内で河野洋平衆院議長を訪ね、厚労相の辞任を求めず、予算案の質疑を始める考えを伝えた。議長は「丁寧な審議を心掛けてほしい」と応じた。 一方、民主、社民、国民新3党は1日昼、愛知県知事選の投票を4日に控えた名古屋市で厚労相発言に抗議する街頭演説会を開き、民主党の小沢一郎代表と社民党の福島瑞穂党首がそろい踏み。小沢氏は「安倍内閣そのものの問題。女性べっ視だけでなく、復古主義的な思想が背景にある」と批判した。【谷川貴史】[毎日新聞]


野党は、本日サボってるんですが、給料からその分差っ引かれるんでしょうか?であればどうぞそのまま欠席し続けてください。
いや私だって会議で相手が不適切な発言を行ったから欠席しますと会社行かなければ欠勤で、給与から引かれちゃうんです。小沢君「復古主義的な思想が背景にある」相変わらず意味不明なことを言うな。
で各紙一斉に野党欠席って書いてあるけど、共産党は無視?
共産党も辞任は求めてるみたいだけど、重要な会議は欠席しないという主張に一貫性があり、そういう部分はほめられると思うので、もっとメディアが褒めるべきだと思いますよ。
前に民主支持者が、選挙で負けたのは共産党のせいだと言ってましたが、よっぽど共産党の方がまともですよ。ちゃんと仕事はするんですから。
大臣の発言は本当に馬鹿げたことだと思いますがね。私の母親は、「私は機械じゃないから全く気にならないわよ。そんなことより、徳島の崖で保護された犬の貰い手抽選の件のほうが気に入らないわよ。偽善者ばっかりで。」って怒ってました。
で予算委員会を欠席した分の給料はどうなるんでしょうね?
[休暇申請]の続きを読む
先に「維新政党・新風を応援するか」と言うエントリをUpしました。
それについて。miracleさんさんから、「維新政党・新風を支持しない理由」の記事のTBを頂きましたので、返事を書きます。
実は私もmiracleさんさんと、同じ所に引っかかりを感じております。
わが党が主張する国憲復権に関して、現憲法の改正条項に拘束される謂は全くない。

私は現憲法が今の日本の最高法規であることを認めた上で、改正すべきと感じるわけですから、当然、現憲法の定める改正手続きを経て承認されるべきだと考えます。
さらに彼らの日本憲法案
第七十六条 将釆此の憲法を改正するの必要あるときは、勅命を以て議案を国会の議に付すへし。
此の場合に於て両議院は各々其の総員三分の二以上出席するに非されは議事を開くことを得す。出席議員三分の二以上の多数を得るに非されは改正の議決を為すことを得す。

とありますが、これも拘束される謂れはないと一蹴されても文句が言えなくなるでしょう。
これは実際に矛盾だと思います。
後この案全体に天皇の政治的な責務が多すぎる。私個人としては、天皇にあまり負荷をかけたくないです。
その他にもまだまだ突っ込みどころはあるんで、このBlogを通し、また直接メールで問いかけていくつもりです。
そういう意味で応援します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。