主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍氏「すがすがしい」 歴代総裁あいさつ回り
 自民党総裁選から一夜明けた21日、安倍晋三新総裁(52)は朝から故福田赳夫元首相邸や中曽根康弘元首相ら総裁経験者へのあいさつ回りを精力的にこなした。戦後生まれで最年少の総裁となった安倍氏は歴代首相からトップリーダーとしての心構えなどについて意見を聞いたとみられる。
 安倍氏は25日に党3役を発表し、26日には新政権を発足させる考えで、週末から山梨県にある河口湖の別荘にこもり、人事構想を練る予定だ。
 安倍氏は21日昼の政府与党連絡会議には議事進行役の官房長官として出席し、「昨日、自民党総裁に就任した。臨時国会は重要法案が多く自公体制のもと、団結してやってゆきたい」と協力を呼びかけた。
 この日、午前8時ごろ渋谷区内の自宅前に姿を見せた安倍氏。52歳の誕生日を迎え、詰めかけた記者団から「誕生日ですね」と聞かれると「そうですね」。一夜明けての感想については「大変すがすがしいです」と一瞬表情をゆるめ、あわただしく自宅を後にした。
 安倍氏がこの朝一番に訪れたのは故福田赳夫元首相邸。元首相の仏壇に線香をたむけ、長男の福田康夫元官房長官らに「今後ともよろしくお願いします」とあいさつしたという。
 続いて訪問した故竹下登元首相邸では、直子夫人や、元首相の秘書を務めていた青木幹雄参院議員会長らが出迎えた。安倍氏が「選挙は終わったら普通は楽になるが、今回は楽にならない」と苦笑すると、直子夫人が「体に気をつけて頑張ってくださいね」と気遣う一幕もあった。
 合間をぬって安倍氏はハドリー米大統領補佐官と電話で会談。ハドリー氏は「総裁就任おめでとう。誕生日おめでとう」と祝意を伝え、安倍氏は「ありがとう、日米関係は協力してやっていきたい」と応じた。
 安倍氏はこの後、都内のホテルにある森派事務所で森喜朗元首相らと会談した。
 また、安倍氏は公明党関連施設で神崎武法代表と会談し、「連立の信頼関係をより確かなものにしたい」と強調。終日、分刻みの日程をこなした。from iZa


伊藤博文
山縣有朋
桂太郎
寺内正毅
田中義一
岸信介
佐藤榮作
以上7人が、山口県出身の首相です。ここに安倍氏が加わり8人目ということになります。錚々たる面々が揃っていますが、負けぬようしっかり国政の舵をとっていただきたいです。
ところで最初に引用した記事の中で、神崎氏と連立の信頼関係云々がありますが、何度もお願いしますが公明党との連立は解消してください。
あの集団は美しい国日本のために百害あって一利無しです。
安倍氏に期待すること
公明党との連立解消
・教育基本法の改正
・憲法改正
・堂々とした外交
まずはこの4つです。
公明党と連立を改正するのはそんなに困難なことなんでしょうか?
確かに彼らは創価学会の票を持っているとは思います。しかし、そんな一宗教団体を頼りにしなければならないほど情けない状態なんでしょうか?もちろん私は、公明党自体の消滅を願って止みませんが、安倍氏が公明党との連立を解消すれば、支持者がもっと増えるかもしれません。国民を投票に向かわせる政策を激しく期待します。
実は去年、衆議院選挙で私は、投票所に行き、白票を投じました。理由は、急速な郵政民営化に反対だったのと、8月15日に首相が靖国参拝しなかったこと、そして一番大きい理由が、公明党です。
創価学会の友人が、今回もよろしく、でも自民党でもOKですなんて言ってきたもんだから、頭に来て、共産党に入れてやろうかと思いましたが、思い直して白票を投じました。
そんなですから、公明党は是非切り離してくださいね。
スポンサーサイト
ところで下でとくらblogを紹介しましたが、反植民地体制レジスタンスに関するところでさらに意味不明のことが書いてあります。
それは愛人主義です。

安倍政権が誕生しても、きっと「反植民地体制レジスタンス」運動は必要でしょう。そう考える私って愛国心のかたまりではないかと考えることがあります。(笑) こんなことを書くと、華氏451度さんに、「オレの方が愛国心が強いぞ、という――愛国心の取り合いは、もうそろそろ止めようではないか。」 と、たしなめられるかな?「人を愛する。だから「愛人主義」(爆)なのだ。」と華氏さんのところのコメント欄にLooperさんが書かれていますが、私ももちろん愛人主義です!


なんか不倫が好きなのかと思っています。それは冗談ですが、この人はご存知でしょうか?敬天愛人と言う言葉を。
そう西郷隆盛が好んでよく使った言葉です。
「道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とす。天は我も同一に愛し給ふゆえ、我を愛する心を以て人を愛する也。」
(現代訳)「道というのはこの天地のおのずからなるものであり、人はこれにのっとって行うべきものであるから何よりもまず、天を敬うことを目的とすべきである。天は他人も自分も平等に愛したもうから、自分を愛する心をもって人を愛することが肝要である。」 (西郷南洲顕彰会発行・南洲翁遺訓より抜粋)
言うならこれくらい高尚なことを言うと今後政治家としてやっていけるでしょうね。ま無理なんで愛人主義です!なんて言い放つんでしょうが。
とくら氏によると、

仮に、そこに暮らす人が幸せなら植民地でもいいのかな?いろいろ考えていたらわからなくなってきました。でも、文化や価値観を塗り替えられるのはいや!それに、本国に貢ぐために、働いても働いても楽になれないんでしょ?
 抵抗はするけど、攻撃はしない。これもビミョーだな。解釈次第で、集団的自衛権みたいになりそう。話が難しくなったので、このへんでやめます。


らしいです。
文化や価値観って・・・・。とても日本の伝統や文化やそれに基づいた価値観を持ち合わせてるとは思えないです。

抵抗はするけど攻撃はしない。これもビミョーだな。


・・・・・はあ?
民主党はこういう人を公認するらしいです。おそるべき低レベル。
仮にも一国の立法府に入り国を動かそうという人間のこの見識のなさ、考えの浅さ。
愛国心の国は、ただ単に国家制度、システムをいうものではないということさえ理解できないとは。
愛国は主義じゃなくて、当然、一人一人の心の中に芽生えるものです。
自分を愛し、家族を愛し、他人を愛し、生まれた土地を愛し、周囲の環境を愛し、所属する社会を愛す。すべてを包んで愛国と言うのではないでしょうか?
まずは、ここ反日ブログ監視所の皇孫殿下御誕生 に対する反日ブログの感想集1-4及び、きっこの反日日記のエントリを読んでください。管理人の静流さんが集めてくださっています。

これを読んで、思想云々に関わらず、普通の人間は、吐き気を覚えるのではないかと思う。
「これほど生まれただけで呪詛の声を浴びる赤ん坊は居ないのではないだろうか。」「開いた口から水子の霊が出てきちゃうよ。」「アンタ所詮は子産みの道具ですからー!ザンネーン!!」「しかしその男児が“種無し”の可能性だってある。伯父さんを教訓にうんと若くてお尻の大きな嫁(あえて書く)をもらったところで“種無し”ではどうにもならない。」「たかが子供が一人生まれたくらいで騒ぎ過ぎだよ」
なんだこれは。これが人としてのお前らの在り方か?

これは既に反日だとか、左翼だとか通り越してる。お前達が言う言論の自由ってのは倫理や道徳まで凌駕するとでも言うのか?それならお前ら全員、人間ではない。人としての心すら失ったものは、畜生以下だ。日本から出て行くまでもない。地球上から消えてくれ。こんな腐れ外道は地球において害をなすのみ。

もちろん「天皇制自体に疑問がある。」、「マスコミは騒ぎすぎだ。」そういう意見はあってかまわないと思います。なぜ構わないかというのはまたいつか別の機会に。
マスコミが何につけても騒ぐのは正直鬱陶しいと私も思う。
天皇制に疑問を呈すのも意見として十分有効だと思う。(もっとも私自身は、その意見は断じて受け入れられませんが)
しかし、よりによってお前らの台詞は、ひどすぎる。
普通の人間は

[子産:宮城谷昌光より引用]
生は人が好む物であり、死は人が悪む物である。好む物は楽しく、悪む物は哀しい。
哀楽がほどよいものであれば、即ち天地の性に適い、それによって長久となる。


なのである。生は人が好む。だから普通の人々は喜ぶんです。
天網恢恢疎而不漏(老子)。
悪人は逃れるすべを持たぬことを心に刻むべし。
[かくも礼なき日本の反日左翼よ]の続きを読む
久々にSAPIOを買って今日読んでたら、こんな時間になりました。
ゴーマニズム宣言久々だな。
実は家族を理論武装させるためにいわゆるA級戦犯は買ったんですが。

前にネット上の様々なブログで、小林さんが、ネットで保守発言を行っている人たちを批判してるとかを読んでいたんで、小林さんも、アメリカ憎しのあまりむちゃくちゃ言ってるなあと思っていました。

今日読んだら最終的に、力を貸してほしいって言ってるじゃないですか。小林さんは知らなかったかもしれないが、新聞でも何でもチェックが入ったりして、なかなか保守の主張はできなかったんですよ。インターネットの普及によって世にだせなかった庶民の声が意外にストレートにだせるようになった結果、国民がずっと不思議に思っていたあんなことやこんなことが納得する形で理解されるようになり、左翼洗脳から目が覚め始めたんです。ニュースを鵜呑みにしなくなったんです。
なので小林さんは一度、保守の方々のブログを見るといいと思いますよ。もうすでに反日メディアにうんざりし攻撃を開始していますから。
むしろ小林さんが、こうしたネットにとどまっている声を漫画や、テレビを通して訴えかけてくれれば、反日日本人に止めをさせます。
たとえば私が姜尚中と論戦しなくても無名の私とは応じないですよ。ブログで彼を非難するのが精一杯です。でも小林さんはできるじゃないですか。
日本の未来は、結局日本の国民が担ってるわけです。
日本の歴史は日本の国民が作って来たわけです。信長も、頼朝も、竜馬も、大隈重信も、伊藤博文も、近衛文麿も、東条英機も、吉田茂も、岸信介も皆そのきっかけを作る役割をしただけで、動かすのは国民自身です。
日本を破壊しようとする動きから日本を守ろうとするのも結局は国民です。
小林さん、目あらば見よ、耳あらば聞け!!です。
とまあこんな風に感じました。彼の反米の考え自体は、理解はできるんですが、今アメリカと離れては日本は中国になります。
私は、日本の道路にバナナやスイカの皮が平気で転がってたり、アパートメントやマンションのベランダから、みかんの皮やお茶の葉や、使った生理用品が落下してくるような国にはなってほしくないです。
待望の太陽の子が誕生された今は、私達日本人が目覚める合図だと思います。

次期政権も自公連立維持 小泉首相と神崎代表
 小泉純一郎首相と公明党の神崎武法代表は6日の政府・与党連絡会議で、自民党総裁選後の次期政権でも両党が連立政権を維持することを確認した。神崎氏は財政健全化、少子化対策、教育改革、アジア外交について「明確な道筋を国民に示してほしい」とも要請。首相は「自公の信頼関係は非常に大事だ。今後もよろしく」と述べた。
 一方、公明党執行部は次期政権をにらみ、今後2年間の運動方針案を固めた。30日の党大会で正式に決める。この中で、首相の靖国神社参拝について「中国や韓国との首脳間に不協和音を生じさせているのは実に不幸な事態だ」とした。これは安倍晋三官房長官の外交姿勢を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。
 ただ、2年前の運動方針に盛り込んだ集団的自衛権の行使に反対する記述は削除。集団的自衛権の見直しに前向きな安倍氏への配慮もにじませている。(iZa)


とっとと連立解消してください。自公の信頼関係は、国益を損ねるだけです。

「中国や韓国との首脳間に不協和音を生じさせているのは実に不幸な事態だ」

創価学会が四川省で活動するのが辛くなるからそんなこと言ってるだけじゃないか。四川大学出版とかにいっぱい池田大作先生のありがたい?お言葉を記した本があるけど、君ら創価学会は一体いくら、中国共産党に支払ったんだい?
公明党は、共産党よりもあの社民党よりもいらない党です。君らの政治理念は、それこそ一カルト宗教思想でしょ?日本からでていってください。安倍さんお願いします。公明党と連立解消してください。
後悲しくなるのでシンガポールとかで信者集めたりしないでください。
シンガポールの友人が、創価学会を心のより所にしてますが、完全に心の弱い人の弱みに付け込んだいやらしいやり方じゃないですか。
私は彼女をどう救ってやればいいかわからないですよ。地上から消滅してください。
皇室典範改正の問題が先送りされそうだ。
だがちょっと待ってほしい。次代が確約されたとはいえ、その後同じようなことは起こりうるかもしれない。
勝手に女系天皇制に変えるだの言い出す者が沸く前に、今こそ話し合うべきではないだろうか?
旧皇族の復帰は検討してもいいと思う。ちなみに私は女性天皇は容認する。ただし女系は一切の容認はしません。

男子誕生にあたり、雅子様の胸中はいかようでしょうか?プレッシャーから解放されたでしょうか?胸中は複雑かもしれません。
我々国民が雅子様をやさしく、暖かく包み込むべきだと思います。
いずれにせよ、皇后となられるお方ですから、これからは公務として、どんどん外遊なさって、得意の語学を生かしていただきたい。日本と諸外国との友好の架け橋となられる器だと思っております。

何はともあれ、ひとまず、お祝いの空気を胸いっぱいに吸い込みたいと思います。
日本万歳!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。