主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて珍道中も大詰め。
最終目的地浅草
秋葉原で疲れた一行はすでにヘロヘロ。
浅草寺境内を目指す途中、至る所で記念撮影。
おでん屋を見つけ、不思議そうに煮られたおでんを見る。
これはおいしいのか????
一椀600円と聞き、高すぎるとその場を後にする。
まあ中国人からしたら、野菜を煮たものが40元もしたらそりゃ引くさ。
一日歩きっぱなしで皆お疲れモード。
しかし、買い物エネルギーは尽きない。
仲見世で適当にお土産を買いあさりつつ、境内へ。
買い物をしない連中が、「天皇と言うのは、日本では絶対的な権力があるのか?」という政治的な話題をし始める。彼らに入っている情報では、日本は天皇と言う絶対的な権力の元に存在していると言うことらしい。
イギリスの国王と同じかと言うので、「いやあくまでエンペラーだ。でも君らが思っている権力はない。あくまで権威だ。歴史的に見てももう1500年以上続いている伝統なんだよ。」と言うと、中にはある程度日本の象徴天皇制を理解している人もいるので、納得したようだ。
「親王が生まれると皆うれしいのか?」と聞かれたので、「普通の日本人なら、男であれ女であれ、子供が生まれるというのはうれしい話だし、ましてや、日本の象徴である、天皇家に男子が誕生したって言うのは喜ばしいことだと思わないか?」と聞き返したら、「そりゃそうだねえ」と納得していましたね。

帰りの電車の中で、皆東京は大きいなあ、すごく発達してるなあと感心仕切りでしたね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。