主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2005/08123456789101112131415161718192021222324252627282930312005/10

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
声の大きい者は、中身が空っぽである。
でも社会では声の大きい者が、評価される。
それは評価する側に具眼の士がいないからであろう。黙々と決められた職務を遂行し、淡々とその任を全うした者に対して、社会は余りに冷たいことが多い。

(荘子)介子推至忠也,自割其股以食文公文公後背之,子推怒而去,抱木而燔死。


介子推は至忠なり、自らそのももを割いて以って文公に食べさせた。文公は後に背き、介子推は怒って去った、そして樹を抱いて焼け死んだ。
春秋時代の故事である。文公とは文公重耳であり、覇者となった人である。
文公が背いたとはどういうことだろうか?

(史記)文公元年春,秦送重耳至河。咎犯曰:「臣從君周旋天下,過亦多矣。臣猶知之,況於君乎?請從此去矣。」重耳曰:「若反國,所不與子犯共者,河伯視之!」
乃投璧河中,以與子犯盟。是時介子推從,在船中,乃笑曰:「天實開公子,而子犯以為己功而要市於君,固足羞也。吾不忍與同位。」乃自隱渡河。秦兵圍令狐,晉軍於廬柳。二月辛丑,咎犯與秦晉大夫盟於郇。壬寅,重耳入於晉師。丙午,入於曲沃。

文公元年春、秦は重耳を黄河まで送った。咎犯は「私は君に従って天下を巡り、過ちが多かった。私もこのことは分かっています。ましては君ならなおさらでしょう。ここで去ることをお許し願いたい」と言った。重耳は「何ということを・・・。帰国後も貴方を重用することを誓おう。河の神御覧あれ」と壁を黄河に投げ入れ、咎犯と誓った。この時介子推は船の中で笑って言った。「公子の運を開いたのは、天であるのに、咎犯は、己の功として、君に報酬を要求した。これは固より恥ずべき事だ。私は彼と共にあることには堪えられない。」介子推は身を隠して入国した。その後は訳を省略。

文公修政,施惠百姓。賞從亡者及功臣,大者封邑,小者尊爵。未盡行賞,周襄王以弟帶難出居鄭地,來告急晉。晉初定,欲發兵,恐他亂起,是以賞從亡未至隱者介子推。推亦不言祿,祿亦不及。推曰:「獻公子九人,唯君在矣。惠、懷無親,外内□之;天未絶晉,必將有主,主晉祀者,非君而誰?天實開之,二三子以為己力,不亦誣乎?竊人之財,猶曰是盜,況貪天之功以為己力乎?
下冒其罪,上賞其奸,上下相蒙,難與處矣!」其母曰:「盍亦求之,以死誰対?」推曰:「尤而效之,罪有甚焉。且出怨言,不食其祿。」母曰:「亦使知之,若何?」對曰:「言,身之文也;身欲隱,安用文之?文之,是求顯也。」
其母曰:「能如此乎?與女偕隱。」至死不復見。
介子推從者憐之,乃懸書宮門曰:「龍欲上天,五蛇為輔。龍已升雲,四蛇各入其宇,一蛇獨怨,終不見處所。」文公出,見其書,曰:「此介子推也。吾方憂王室,未圖其功。」使人召之,則亡。遂求所在,聞其入撓上山中,於是文公環撓上山中而封之,以為介推田,號曰介山,「以記吾過,且旌善人」。


文公が即位し、政治を始めると共に論功行賞が行われた。介子推は、論功行賞の対象に入らなかったが、禄について介子推は言及せず、禄も介子推に与えられなかった。
「献公の子は9人いて、今は君を残すのみとなった。天はを絶えさせず、必ず主がおり、の祀の主は、君ではなければ誰であろうか?天が運を開いたのに、二三の者が、己が功とする、偽りでは無いと言うのか?人の財を盗むのを盗人と言うが、天の功を盗むものは何と呼ぶのだろうか?下はその罪を冒し、上はその奸を賞す。上下が騙しあう、共にいるのは難しい。」と介子推は嘆いた。介子推の母親が言った。「功を明らかにすればいいのでは?死を以って誰に答えるのですか?」
介子推は答えた。「このことを知っててそれをするのはさらに罪が重い。さらには恨み言まで言って、その禄を食むことはできない。」母親は言った。「このことを知らしめればいいではないですか?」介子推は言った。「言葉は身の文(飾り)である。身を隠したいと思う。どうしてこれを飾る必要があるだろうか?これを飾ることは、明らかにすることを求めていることになる。」
母親は「では皆で隠れましょう。」といい、死ぬまで現れなかった。
介子推の従者が、これを哀れみ、宮門に書をかけた。
「龍は天に上ろうとして、五蛇はこれを輔ける。龍はすでに雲に升り、四蛇はそれぞれその所を得たり。一蛇は怨みを抱き、居所は不明なり。」
以後の訳は省略。
功あって功を誇らない者が報われなければ、中身の無い人間だけが、世にあふれるだろう。

私は、介子推に笑われるだろう、お前は天の功を盗むものだと。
人の上に立つ者は須らく目が良くなければならない。
おそらくその功績の背後には、功を誇らない者がいるのだから。

スポンサーサイト

総連集会 5000人参加で開催 東京・日比谷公園
3月3日17時11分配信 毎日新聞
 日本政府の制裁に抗議し、在日朝鮮人の人権を守ろうと在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)などが呼びかけた「在日本朝鮮人中央大会」が3日午前、東京都千代田区の都立日比谷公園野外音楽堂で開かれた。約5000人(主催者発表)が参加し、貨客船「万景峰(マンギョンボン)号」の入港再開を求める訴えなどが相次いだ。
 都側が一度認めた会場使用許可を「混乱が予想される」として直前に取り消し、主催者側が裁判を起こした末に予定通り開かれた集会。約1500人の警察官が警戒に当たる中、周辺で右翼団体の街宣車などによる抗議活動が行われた。
 朝鮮総連によると、関係団体主催のこれほど大規模な集会は、93年3月以来だ。冒頭、朝鮮総連の南昇祐(ナムスンウ)副議長が「制裁の矛先が在日朝鮮人に向けられ、人権と生活が脅かされている」などとあいさつした。集会後、参加者らは公園周辺をデモ行進した。【工藤哲、棚部秀行】

人権と生活が日本で脅かされて住みづらいなら帰ればいいだろうが。
拉致被害者を返せよ。お前達にはお前達の国があるんでしょう?帰ればいいじゃん。日本にいて何をするつもり?拉致のお手伝い?テロでも起こすつもり?在日の人権って何ですか?
朝鮮人が朝鮮に帰ることに、私は全く反対していません。早く帰ってください。そして二度と来ないでください。日本社会としては、拉致の片棒担ぎをしている朝鮮総連社会的制裁を科さなければなりません。
それも嫌でしょうからどうぞお帰りください。
静流さんのところで、「出産を「生産性」と発言した民主、菅直人(カテゴリー:時評)」のエントリが上がっていまして、私もいろいろ散々柳沢批判した人のブログを見てるんですが、
きっこ
負け犬
カナダの先生
その他もろもろ。
結論:
大臣と政党の代表代行は、その職責も違うから同じではない。
TPOで許される場合と許されない場合がある。
失言は一度なら許される。
なので厚生労働大臣の柳沢発言は許されないが、
元厚生大臣で野党第一党民主党の代表代行は許されるらしい。
例えばカナダの先生は、

厚生労働大臣の立場でありながら、国民の経済状況や周りの環境が悪化して、子供を産みたくても産めない人が増えている時に、こういった女性に産めよ増やせよ的な戦前の日本の人口政策のようなことをぬけぬけとみんなが見ている記者会見で発言したのだから、女性を侮辱しているととられてもしょうがないし、辞任を要求されて当然だ。


子供を産みたくても産めないのが、経済的になのかなあ?むしろ経済的に貧しい家の方が、子沢山だったよ。戦後の第一次ベビーブームはどう説明するのよ?中国は?インドは?
身体的要因で産みたくても産めない人はいっぱいいて、政府は積極的にサポートすべきだと思うけどね。でももし人をものに例えてはいけないのであれば、立場や、身分に関係なく批判すべきだよ。生産性は言い間違いで、機械は故意だなんて暴力的です。
それにしても救われないのが負け犬の人。

それらの根底には、「自分たちエリート・勝ち組(の男)以外は人でない。大衆は自分たちに奉仕するだけの奴隷か機械だ」という、恐るべき選民意識が存在する。


なぜそんなに飛ぶのかわかりません。飛びすぎだろう。
で勝ち組って何の勝ち組よ?また金ですか?
金なんてそこら辺に転がってますよ。んでさあホワイトカラー・・・ですけどね、意識としては、定時内に仕事を終わらせることができないのは無能の証と自分で意識しとくのは重要ですよ。実際残業代欲しさに、仕事の遅い部下なんてつけられたら最悪ですよ。残業代込み込みの給与を請求して認められれば、ホワイトカラー・・・なんて痛くも痒くもない。ダメなら転職?も視野に入れて動けばいい。
それはともかく「健全な希望」は全く失言ではないです。
子供を欲しいと思うことが不健全なわけがない。健全なんです。だから不妊に悩む夫婦もいるんです。子供を持たないと考えることだって不健全ではないです。価値観が多様化している時代ですからね。

とまあこんな感じで、柳沢批判、菅、小沢擁護は、彼らのデフォルトらしいです。
ちなみに菅氏「生産には出産の意味がある」とのたまわったらしいですが、あなたが言ったのは生産性ですからね。
しかしすごいダブスタでお腹いっぱいです。

追伸:
なんで先生もこみちたんも突然石原発言叩き?石原慎太郎は確かに下品で程度は低いけどね。今回のこととは関係ないでしょうに。

<エグゼンプション>反対が7割 賛成は2割に満たず
2月1日3時3分配信 毎日新聞
 残業代の概念をなくす「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション」に反対している人が約7割にのぼり、賛成が2割に満たないことが、毎日新聞の全国世論調査(電話)で明らかになった。
 調査結果によると、反対は71%、賛成は17%で、無回答は12%。男女別もほぼ同じ比率だった。年代別では、長時間労働が多いとみられる20代、30代の男性がいずれも83%で反対。女性は20代で76%、40代で79%が反対だった。
 反対理由は「長時間労働への歯止めがなくなる」39%▽「賃金の抑制につながる」37%▽「健康管理に不安」22%の順。「長時間労働」と「健康不安」を合わせると60%を超えており、制度が長時間労働の解消にはつながらないと考えている人が多数を占めた。
 一方、賛成理由は「自分のペースで働ける」47%▽「家庭生活を大事にできる」42%▽「休日が増える」7%。男性は「自分のペース」が65%だったのに対し、女性は28%。逆に、女性は「家庭生活」が60%に上り、男女間で理由の違いが明確に分かれた。
 安倍内閣を支持する人では、賛成24%、反対63%。支持しない人では、賛成12%、反対81%。支持者でさえ、反対が過半数を大きく上回った。【東海林智】
最終更新:2月1日3時7分


結局説明不足とメディアが煽ったから、よくよく検討されないのではないでしょうか?
まあ私もあまり理解していないですが。
私の周りにも残業代を小遣い稼ぎと考えて、残業代が無くなるのは困るという人もいますし、現実に残業代目的で、だらだら仕事する人もいます。
成果に対して報酬を出すという話みたいなんですが、その報酬に残業代も込み込みなのであるならば、そんなに大して問題ではない気がします。私個人としては、無駄な残業はしたくないので、定時の中でフル回転して終わらせるよう努力します。一方初めから、定時では終わらないことがわかっている場合があります。そういう時はいやいや残業します。でも残業代が出ないとなれば、それを見込んだ報酬を払えと会社に要求します。私の仕事ではある程度、時間を見積もってしまっているので明らかに、2ヶ月かかる仕事を1ヶ月で終わらせろとなれば、2ヶ月分以上の給料をいただきます。それが払えないとなれば辞めるかな。
そういう事なら、このホワイトカラー~も理解できます。
おそらく反対者の多くは、基本給は変わらず、残業代だけカットとなるに違いないと先入観だけで考えていると思います。今までの日本のやりかたにそぐわないとも思います。
私は社会人としての責任から、与えられた職務を如何に効率よく、無駄なく遂行するかというのは能力の問題で、当然それらの能力は評価されないといけないので、もう少し、経済界と、政府が踏み込んだ説明をしてほしいなと思いますね。
お前の今の基本給は変えない、でも残業代も払わないと言うのであればこの制度は悪用される気がしますね。
本当に成果報酬なのであれば、基本給いくらとかじゃなくて、この案件はいくら、あの案件はいくらとなるのはそれはそれで悪くはないと思います。

浦和レッズが優勝パレード 6万5千人沿道埋め尽くす [ 12月17日 17時03分 ] 共同通信
 サッカーのJリーグ1部(J1)で初優勝した浦和レッズの優勝パレードが17日、さいたま市で行われ、赤いユニホームやマフラーを身に着けて約1・5キロの沿道を埋め尽くしたサポーター約6万5000人が、選手らと優勝の喜びを分かち合った。
 やや肌寒い曇り空の下、ギド・ブッフバルト監督は馬車、選手は屋根のない2階建てバスで埼玉県庁を出発。山田暢久主将がバスの上でJリーグ杯の銀皿を高々と掲げると、沿道からひときわ大きな歓声がわき起こった。
 終点のさいたま市役所では、庁舎から大量の紙吹雪がまかれ、サポーターが「ウィーアーレッズ」と声を張り上げてパレードを出迎えた。


たまにはスポーツの話でも。
悲願の初優勝とメディアでも大きく取り上げられていました。
レッズの選手及びサポーターの皆さんおめでとうございます。
今回記事にしたのは、ニュースで見ていてとてもすがすがしい感じだったからです。さいたま市全体が大いに盛り上がったようで、見てるこっちも気分がよかったです。
とっかえひっかえ来る研修生への対応。今回は中国の南の方から来ている人がほとんどだったので、訛りという面では、聞きなれた南京の言葉と似ていて、shやch、zhなどのhが抜ける発音なので、助かった。北京だったら、終始舌を巻き続けて、口が痙攣してしまうところである。
さて、仲良くなりすぎて、毎晩彼らと食事をすることになり、食後は彼らの部屋で、2時間から3時間雑談して帰るのが日課になってしまった。
そしてそれはひょんなことから始まった。
学校の話になり、義務教育は何年だとかそういう話をしていると、一人が、「うちは、貧しかったから姉二人が小学校を卒業したらすぐ働いて、俺は大学まで出してもらった。俺は家でたった一人の男だから。」
・・・・・
沈黙。同じ中国人も沈黙。「俺は姉にお金を返すためにたくさんはたらかなければならない。」彼は目を輝かせて言った。私たちとしても、「お金は返せるけど、施された恩は一生かかってもかえせるものではないから、どうかお姉さんを大切に」と言うのがやっとだった。
中国は貧富の差が激しい。彼は、その中でも成功した部類に属する。外資系の会社に入り、それなりのポジションを得ていますから。

その後話題は、大学時代の恋愛の話などにシフトしていく。その中で、縁があるとかないとか、そういった話題。どこどこの出身の人とは合わないとか、付き合ってた彼女の家は裕福な家なので、反対されたとか・・・。
すると先ほどの彼がまた興奮し始めた。「うちの父親と母親は、仕方ないから結婚したんだ。誰も彼らと結婚したい人がいなかったから。」
一同「突然、なんてむちゃくちゃなこというんだ?」と言うと、「うちは地主だったから、文化大革命の時にひどい目にあったんだ。知ってるか、文化大革命を。」と私に聞くので、「当然知ってるよ。」と答えた。
「文化大革命で俺の爺さんも婆さんも、地主だったから、共産党に捕まって殺された。だから俺は共産党なんて大嫌いだ。」彼の興奮は止まない。日本では何でも好きなように口にできる、その環境が彼を饒舌にしたのだろうか?
「父親も、母親も、地主の家だった。地主の家の人間は、誰からも敬遠されたんだ、だから仕方なく結婚した。うちの父親はもう70だ、母親も68だ。俺は26だ。誰も結婚してくれないから、するのが遅くなったんだ。」
そこまで彼は一気に吐き出した。
「その気持ちはわかるけど、仕方なく結婚したというのは何かちがうよ。やっぱり縁あって結婚して、そして君が今ここにいるんじゃない?」と私が言うと、他の中国人も「文化大革命で、君の家がひどい目にあったことはわかるし、それについては言葉も出ないが、父母が仕方なく結婚したって言うのはやっぱり間違ってるよ。」と口々に言った。
「確かに仕方なくと言うのは違うかもしれないが、文化大革命でうちはあんな貧しくなったんだ。だから俺はもっともっとお金を稼いでやる。」少し落ち着いたらしい。
文化大革命の傷跡はやはり根深い。
ただ彼の家は、おそらくまだいいほうだろう。お姉さんのおかげでも、大学を出て、こうして外資系の会社に勤めて、それなりの給料をもらえているのだから。

そんな感じで、ホテルの夜は更けて行く。腹を割った話をするのはやはり面白い、そう感じる今日この頃。
静流さんの反日ブログ監視所で「アジアの街角」よりと言うエントリで朝日新聞の記事を紹介してもらいました。
ふと昔の留学中のことを思い出しました。
該当の記事で

先月末の日曜日、この街のレストランで「北京ブロガー交流会」が開かれた。北京で暮らす日本人留学生や社会人で自分のブログをつくっている人たちの集まりで、約30人が参加した。

部分でまず、私はまったくそういう集まりに参加したことがなかったので、というか毛嫌いしていた集まりを想像してしまった。(笑)
そもそも、中国留学する時に、お世話になった中国人に、北京、上海、南京のどこに留学するかって言われた時に、南京を選んだのは日本人が少ないから(笑)。大体日本人の悪いところで、すぐ日本人同士で集まる習性があり、当時はまず中国語がぺらぺらになることが目標の第一だったので、日本人コミュニティをシャットアウトしました。(爆)今考えるとその時はかなり反日日本人だったです。
結果的に、私が付き合った日本人はクラスメートの商社マンの奥様方と隣の部屋の日本人くらいで、あとの友達は、中国人はもちろん、アメリカ人、マレーシア人、韓国人、タイ人、シンガポール人、マカオ人、香港人であり、いずれも中国語を介してしか、コミュニケーションがとれない人ばかりだったので、自然中国語の上達が早かったです。
特にマカオの親友は、寮住まいの時のルームメートですが、普通話があまり出来なかったので、二人で日夜努力しましたね。基本的な生活、行動などもマカオの親友と共にしていました。当時は日本人の女の子から慕われる一面も持ち合わせていた私は、プレイボーイのマカオの親友の尻拭いも含め、公私にわたってそういう女子の兄貴分としてお世話してましたね。「お父さんみたい」とか言われてました。(そんな年齢違わないんだけど。)
で日本人の集まりの中では、私は知名度が低かったですね。まず行かなかったですから。それよりもマレーシアの学生の手料理を食べて、遊んでる方が楽しかったです。

発起人の一人、外資系PR会社駐在員の野中将司さん(28)によると、北京の日本人によるブログは現在約300に上り、この1年余りで3倍に増えた。総数では上海に及ばないが、「ビジネスマンの多い上海と違って、北京のブロガーは中国に住むことへのこだわりを持っている人が多い」という。

これは正直分からないです。私は5年間の留学生活で学んだのは、「住むのは日本に限る」でしたねえ。

日記風につづるブログの名前は「我愛北京」とストレートだ。昨春の反日デモの直後に開設した。
 「デモについての日本での報道は誇張されていて、本当のことが伝えられていない」との思いもあった。「自分が住む街を好きって言うのは自然なこと」と、ためらわずに命名した。

これはなかなか難しいですよね。上海で1万人とかの規模でしたっけ?人口比で見るとかなり少ないと思うんですよ。北京には3000万人とか4000万人住んでるとか言われていてその中のせいぜい1万人くらいがデモしたところで、現地にいれば、何も感じないでしょうね。日本でテレビに映るのは当然デモしてる人だけですからね。
ちょうど南京にいた時にコソボ紛争で、中国大使館を誤爆したことがあった時に、南京でも、1000人くらいのデモがありました。でデモが進むにつれて初め反米デモだったのが、反日デモになって、日本を批判していてたまたま、私が見たときに同級生の歴史学部の学生もいましたが、私と目が合ったら、すぐ俯いて、後で、「何でもないから気にしないでくれと弁解?していましたね。」
私が、一番ひどい目に合ったのは、故東史郎が南京に来た時です。極左の幹部と南京で、相当煽ったらしいです。中国人の友人が血相を変えて私に談判しに来ましたからね。まあちょっと話したら落ち着きましたが。日本人は南京事件を、否定してるらしいじゃないかって言うんで、「真っ向から全否定している日本人はそんなにいないし、私も全否定するほどの材料は持ってない。そもそも日本は中国と違って、言論の自由思想の自由は認められてるから、そんな興奮して私に言われてもどうしようもない。」となだめた?ら「確かにお前のせいじゃなかった。」とまあ冷静な頭は持っていたようです。
私の中国語の先生が言っていた「あんな小さい頃から、日本人が悪かった。悪かったと教えられたら、嫌でも嫌いになる。」っていう話は興味深かったですね。

TBS社長がモナキャスターに苦言「大人なんだから」
 TBSの井上弘社長(66)の定例会見が25日、東京・赤坂の同局で行われ、「NEWS23」を降板した山本モナ・キャスター(30)について「自分の責任と与えられた役割を分かって欲しい」と語った。
 「NEWS23」は山本キャスターや膳場貴子キャスター(31)を迎え、9月25日にリニューアル。しかし、山本キャスターは民主党の細野豪志衆院議員(35)との“不倫デート”が報じられ、出演はたった5日で10月2日から休養。23日に降板が決定した。井上社長は「リニューアルした途端に例の事件で、スタートしてすぐだけに残念。個人的には、大人なんだから、という気がします」と報道に携わる立場にふさわしくない行動に苦言を呈しながら「反省されればどこかで再チャレンジ出来るんじゃないか」と“出直し”を期待していた。
(スポーツ報知) - 10月26日8時4分更新


まあどうでもいい話題なんです。
不倫はいけないことだとは思います。ばれなければいいんだと私も思うことはありますが・・・・・。でばれた時の責任の重さを考えると、リスクの方が大きいからやらないかな・・・。
で何でこんな記事を乗っけたかと言うと、倫理観に背く行為をした二名の者がいて、一人は、職場を追われ、一人はお咎めなしになるのは不条理だねえという話です。しかも一人は自らその職場にいることを断念したわけです。不倫は、最低二人の人間がいないと成り立たないですが、社会的責任を問われるのは二人ともか、全く二人とも問われないかにしないと、あんまりバランスがよくない気がします。

中国、チベット亡命少年僧ら射殺映像が世界中に
 【北京=福島香織】9月末に中国チベット自治区とネパールの国境近くで亡命を試みたチベット尼僧(25)や少年僧(15)らが、中国の国境警備隊の銃撃を受け少なくとも2人が死亡した事件の映像が世界中で放映され、国際社会を騒然とさせている。
  北京五輪を控え、「和諧(わかい)(調和のとれた)社会」構築という胡錦濤政権が提唱する“理想”の陰で行われている中国の人権蹂躙(じゅうりん)に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)も調査を開始、米国などが非難の声を上げ始めている。 
 映像はルーマニアの登山家、セルゲイ氏が偶然撮影したものをルーマニア民放局が14日に放映。その後、日本を含む各国でも放映され、米国の動画投稿サイト「ユーチューブ」などインターネットの映像配信で世界中を駆け巡っている。
 現場はエベレストに近いチョオーユー峰のベースキャンプから見渡せる氷河。映像は9月30日早朝、氷河の上を1列に並んでネパール国境のナンパラ峠に向かって歩いている約30人の行列を見下ろすように撮影されている。警告発砲音が響いた後、次の発砲音で先頭の尼僧が倒れた。カメラは銃を構える中国兵士の姿、続く発砲で行列の最後尾の少年僧が倒れる様子、倒れた人を抱き上げる兵士の姿をとらえ、目撃した登山家の「犬のように撃ち殺された」というコメントが流れる。
  セルゲイ氏がテレビのインタビューに答えたところによると、一行はチベット仏教徒でダライ・ラマ14世に会うために亡命を敢行した。セルゲイ氏は兵士の襲撃を逃れた亡命者を助け、食料や衣類を分け与えたという。
  この事件について12日に中国当局は、兵士が違法越境者に対し引き返すように説得したものの、「(抵抗したため)発砲した。正当防衛だ」との公式見解を発表。1人が死亡、2人が負傷したとしている。
  しかし、映像が公開されたことで、亡命者の約半分が6~10歳の子供で、無防備な状態を背後から銃撃されたことが判明。チベットの難民組織など複数の人権団体の情報を総合すると、亡命者は全部で73人で、ネパールにたどりついたのは43人。そのほかは子供を中心に相当数が当局に拘束されているという。(産経新聞)


中国では人の命は軽い。
これは私が5年間生活して感じたことです。中華人民共和国という国の現実の姿ですね。
しかし反日メディアは、むしろその事実を隠そうとすらしています。一体君らは、中華人民共和国にいくらもらってるんですか?
日頃60年以上前の、日本軍が悪だった、残虐だった云々言っている、連中も押し黙ったまま。このチベットの事件は、今、この瞬間にも起きている現実の話ですよね?なぜそれには目もくれない?
これだから私は日頃から日本は平和憲法に守られて・・・など、核を議論するのは以ての外だなど言う嘘吐きを一切信用しない。
陰謀論の好きな連中は、北朝鮮同様、安倍首相と結びついて云々いうのですかね?笑っちゃいますよ。
人権屋よ、日本で、虫けらの如く、政府によって命を奪われる人間がいますか?中華人民共和国はそういう国ですよ。
小沢よ、そんな国にあからさまに、跪いて、あなたが得られるものは何だ?あなたの好きな金か?
チベットは、おとなしい宗教国家です。歴史上、中華の支配化には一度もなていません。チンギス・ハーンは、長春真人を大切にしましたよ。
なのに今の中華人民共和国は何ですか?侵略し、虐殺し、民族浄化、同化をしてチベットの人の命、文化、伝統を、破壊しつくそうとしている。まさに焼き尽くせ、殺し尽くせ、奪い尽くせを今、現在進行形行っています。
日本は一体何ができるんでしょう?今の日本では、こうやって眺めているだけです。しかしこのままでは、今のダライ・ラマが亡くなったら、きっと完全にチベット人は消滅させられます。
日本人として我々が何かをしなければならないのではないでしょうか?

朝日集中砲火 毎日、読売が苦言「おごり感じる」 安倍首相の歴史認識の社説で
 朝日新聞が16日の新聞各紙でやり玉に挙がっている。毎日新聞には、安倍晋三首相の歴史認識を論じた社説について「おごりを感じる」と苦言を呈され、読売新聞には、かつての慰安婦問題報道について名指しは避けられたものの「捏造して報道」と一刀両断されている。企業CMで「言葉のチカラ」を訴えている朝日。言論による反撃はあるのか?!
 毎日は、この日朝刊に、論説室の与良正男氏による「本当は悔しい?朝日新聞」というコラム(発信箱)を掲載した。
 12日付の朝日社説「君子豹変ですか」を取り上げたもので、安倍首相が村山談話の踏襲など歴史認識を軌道修正したことを、朝日が「『これじゃ朝日新聞の主張と変わらないよ』。旧来の安倍さんに期待した人たちからは不満も聞こえてきそうです」と書いたことを、こう指摘している。
 「朝日のおごりを感じないわけにはいかない」「(安倍首相が)修正すると嫌みのオンパレードである」「私には『どうだ、朝日の歴史認識の正しさが分かったろう。ざまを見ろ』と言っているようにしか聞こえない」
 厳しい苦言が続いた後、毎日の与良氏は「メディアは謙虚で素直でありたいと私はいつも思っている」と締めくくっている。
 一方、読売は同日朝刊に、「『慰安婦』決議案 日本政府はきちんと反論せよ」との社説を掲載した。
 米下院の国際関係委員会が、いわゆる従軍慰安婦問題で日本非難決議案を議決したことを取り上げたもので、読売は「こんな問題の多い決議案を放置すれば、日米関係に禍根が残る。日本政府はきちんと反論すべきである」と指摘している。
 この問題点をあぶり出す中で、同紙は「慰安婦問題は1990年代初頭、一部全国紙が、戦時勤労動員制度の『女子挺身隊』を“慰安婦狩り”だったと、歴史を捏造して報道したことから、日韓間の外交問題に発展した」と説明しているのだが、この一部全国紙が朝日であることは明白。
 昨年7月20日の衆院文部科学委員会で、中山成彬文科相(当時)も「ある新聞が(慰安婦狩りの)大キャンペーンをしたが、その後で(証言者は)『あれはウソだった』と言って取り消された。既にそのときにはこの言葉はひとり歩きをしていた」と語っているのだ。
 読売社説は「事実誤認や歴史の“捏造”まで、『継承』する必要がないのは当然である」と締めくくっている。
 賢明な読者は、どう読み比べたか。 
<ZAKZAK>from iZa


日本で一番大きな嘘つき新聞と言えば朝日である。朝日は戦前、政府の提灯持ち報道を積極的に行い愚民を煽り、戦後は反日、共産主義、社会主義のための反社会的報道を大々的に行ってきた、世界でも稀に見る下劣な新聞社である。販売店の数が多く、新聞に折り込まれる数が多いだけで販売枚数が日本で一番多いことを誇りにしている。
しかし、記事がいいからと購読している人間はそんなに多いのだろうか?少なくとも昨今、我々愚民は洗脳から目が覚めてきている状態では、購読数はむしろ減っているのではないか?
平均的な家庭である我が家も、不動産広告が多いという父の意向で、朝日を取っていたが、私が、朝日の捏造記事、歪曲記事、嘘つき記事にうんざりしたため産経新聞に変えるよう主張し、今は産経新聞を取っている。よく朝日の勧誘に来るが、「あなたのせいではないが、朝日新聞は嘘しか書かず、また嘘とわかっても訂正しないから取らない」と断っている。
朝日新聞にメールを何度か送った。捏造の慰安婦強制連行記事や、河野談話等、主に歴史認識等の問題で、少なくとも嘘とわかっているものに対して、全く謝罪も訂正も行っていない、行ったかもしれないが私は知らない。キャンペーンを張って宣伝したように、一面で、訂正謝罪、またテレビを通じても、正式に、訂正し、謝罪しろ。
朝日新聞の捏造のせいで、いつもくだらない歴史認識を様々な国の外交カードとして使用される。もはや立派な左翼系工作員であり、ジャーナリストではない。ジャーナリスト宣言ではなく、極左宣言の間違いだろう。
兎に角私は、朝日新聞に対して、報道の自由を認めるが、その自由に伴う責任と義務をきっちりと持つことを、訴え続ける。

歴史認識、格差で論戦 参院代表質問 [ 10月04日 07時05分 ]
共同通信
 参院は4日午前、本会議で安倍晋三首相に対する代表質問を行った。
 公明党の浜四津敏子代表代行は、冷え込んでいる中国韓国との関係改善に向け、歴史の共同研究を通した「歴史認識の共有化」を推進するよう提言。内政問題では、地方自治体の財政破たんを回避する施策を打ち出すよう要請する。
 民主党の平田健二氏は、格差拡大や厳しい雇用情勢を挙げ、安倍首相の所信表明を「庶民の視点がまったく感じられない」と批判。国民年金保険料の納付率が低いことも指摘し、対策を求める。
 代表質問は午後も行われ、自民党の有村治子氏、民主党の鈴木寛氏、共産党の市田忠義書記局長、社民党の福島瑞穂党首が質問に立つ。


公明党は本当に必要ない政党です。一体君らに何の権限があってくだらないことを参院本会議で主張するのか。時間の無駄なのでもう黙ってなさい。

冷え込んでいる中国韓国との関係改善に向け、歴史の共同研究を通した「歴史認識の共有化」を推進するよう提言。


歴史認識の共有化=思想の侵略
創価学会ではそれが常識なのかもしれないが、一般的に歴史事実の共有(ある出来事の存在の有無など)は、世界史の授業があるように可能だが歴史認識の共有化なんてナンセンスです。
歴史認識を共有することは、国を統合することと同義です。一国の国会議員は言論の自由とはいえ、他国からの思想侵略を容認いや、むしろ積極的に、実施しようとするのは、外患未遂罪に近い行為です。
中国や、韓国にとっても、歴史認識を共有することは非常に迷惑な話のはずです。日本の歴史認識など彼らが、到底受け入れられるものではありますまい。そもそも大韓民国や中華人民共和国は、戦後にできた新興国です。歴史の連続性の面で劣る両国が、最終的に頼らざるを得ないのは、日本にある一次資料です。そうなると歴史認識の修正を迫られるのは、確実に中韓両国です。つまり不可能なんです。
公明党はそんな世迷言を言う前に、売国発言をやめなさい。
個人的には、公明党がこういうことを平気でいうようであれば、創価学会に破防法を適用し、解散させるべきだとすら思います。
安倍さん、兎に角公明党を切りなさい。こんな宗教政党が幅を利かせるようでは美しい国なんてありえません。

民主党の平田健二氏は、格差拡大や厳しい雇用情勢を挙げ、安倍首相の所信表明を「庶民の視点がまったく感じられない」と批判。国民年金保険料の納付率が低いことも指摘し、対策を求める。


民主党は庶民の視点に立ってるかというと、庶民の私からすると自民党と同じように全く感じられませんが。
批判は簡単です。じゃあどうすればいいか、民主党が考える実現可能な対策を述べるべきです。民主党はどうせ政権取れないからと、いつも実現不可能あるいは非現実的なきれいごと対策を述べますが、それでは自民党の方がまだマシだと思ってしまいますよ。
国民年金保険料の納付率が低いのは、特にメディアが嘘を伝えたからでしょう。少なくとも払った額は必ず返ってくるとほとんどの人がわかってないです。
後は、年金の管理者の役人が、運用に失敗し、損益を出したのであれば、その非を明確にし、相応の罰を与えるべきです。
役人個人の金ならいざ知らず、国民の金を無駄遣いした役人は、死刑にして一族の全財産を没収し、国庫に返金するくらいあってもいいんじゃないでしょうか?
行政の人間は、立法府で決まったことを実施したわけだから、運用にミスろうが、くだらない施設をいくつ作ろうが、立法府が悪いと言い放ちますが、そんな暴言を国会議員は立法府の人間として容認できますか?
民主党も自民党もここらは一致して、役人の綱紀粛正、及び国家システムへの忠誠度をしっかり取り締まるべきです。
役人は、国家システムの中枢にいるのですから、国家に損害を与えたら死刑にしていいと思います。
それじゃあ役人の数が減るというのであれば、別にかまいません。やりたい人がやるべきです。覚悟と責任をしっかり持ってる人間こそ役人をやるべきです。海外留学のことしか考えない役人とか、ゴルフのことしか考えない役人とか要りません。

「SK-II」に怒り!P&G上海支社襲われる
 23日付の中国紙・南方都市報によると、中国当局が日本製化粧品「SK-II」ブランドの商品に金属類が含まれていると発表した問題で、上海では怒った群衆がP&G上海支社に押しかけ、玄関口のガラスなどを壊す騒ぎが起きた。P&G広州支社によれば「一部地域で重大な治安事件が発生している」といい、他の地域でも暴力事件が発生しているもようだ。(北京 福島香織)fromiZa


小人閑居して不善を為すと申しまして、如何に余っている人が多いかということがわかります。
じゃあ何で自分の国の農政関連施設を襲わないんだ?という突っ込みはおいておいて、このニュースで押しかけた群集の写真を見ると如何にも暇そうな人だということがわかるでしょうね。(想像ですが)
そもそも日本への輸出農産物に対する日本の厳しい姿勢に、因縁をつけた中国ですが、シンガポール、台湾、香港では、健康に問題がないと証明されており、空気中に含まれる微量の金属物質を、化粧品から見つけたと騒いでも、中国の農産物に含まれる尋常じゃない農薬とは次元の違う問題です。
中国政府は農産物くらいきっちり管理すべきです。さもないと我が家のように中国産は一切買わない状態が日本中の各家庭に広がることでしょう。

中国人よ、礼儀守れ…海外旅行急増で共産党が提言
 【北京=杉山祐之】中国共産党の中央精神文明建設指導委員会弁公室と国家観光局は、一般から募った声をもとに、海外旅行中の中国人によるマナー違反の代表例をまとめるとともに、「礼儀の国のイメージ」(同委員会)を守るための提言を出した。
 急成長を続ける中国では、昨年、海外、香港、台湾などに出かける旅行者が約3100万人に達した。代表例には、今や世界中の観光地にあふれる中国人客の様々なマナー違反が並ぶ。
 所構わずたんを吐き、手鼻をかみ、たばこを吸う。大声をあげる。先を争って乗り物に乗り、列に割り込む。シャツやズボンのすそをめくり上げる――といった中国国内では日常の光景のほか、外国人と強引に記念撮影する、バイキング式の食事で取りすぎて残す、ホテル備品を持ち帰る、などもヤリ玉にあがった。
(読売新聞) - 9月22日23時38分更新


中国にそもそも「礼儀の国のイメージ」はないです。少なくとも中華人民共和国に礼節も、仁義もないです。
狡猾、不潔、無礼、傲慢、粗雑など、それが中華人民共和国のイメージです。60年かけてそういう不名誉なイメージを世界にばら撒きました。
それは中国国内において、社会主義というものの成果ではないでしょうか?「倉稟充ちて礼節を知り、衣食足りて即ち栄辱を知る」という管仲の言葉ではありますが、中国は、今かなり衣食も足り、倉稟も充ちているはずなのに実際は世界に礼節を知らない民族としてイメージを振りまいています。
中国と言う国が、礼節をわきまえ、仁義を明らかにする国になれば、おそらく世界平和に大きく貢献することができるでしょう。
何せ、世界人口の5分の1を占めているんですから。

女性に会いに…海外への無断渡航自衛官575人、31回の猛者も
 防衛庁は22日、無断で海外に渡航した経験のある職員・自衛隊員が575人にのぼるとの内部アンケート調査の結果を明らかにした。海上自衛隊の1等海曹が内部情報を持ち出し、中国に無断渡航を繰り返していた問題の反省から、全職員・隊員約26万人を対象に調査を実施したもので、平成8年から31回の無断渡航を繰り返していた陸上自衛官もいた。
 アンケートは先月16日以降、記名式で実施。無断渡航をしたことがあると回答したのは575人で、延べ111件にわたった。渡航目的の約9割が観光で、渡航先は約2割が韓国。「渡航申請の期日に間に合わなかった」「面倒だった」などを理由に挙げている。
 31回の無断渡航を繰り返していた男性自衛官は、ある特定の女性に会うために、米国やメキシコを訪問していた。ただ、この男性に関し、防衛庁幹部は「情報漏洩(ろうえい)の恐れはない」と説明している。
 防衛庁は今後、無断渡航者の職責や渡航回数、目的などを考慮し、懲戒処分を決めるfrom iZa


自衛隊はこんなんですか・・・・。
中国の美人局に引っかかるバカとか・・・。いや日本人の女の子の方がかわいくていいぞ。
外務省の役人とか、政治家も中国に行くところっと行ってしまうのはなぜだろうか?5年中国にいたがさっぱり理由がわからない。確かに安くて楽しめるが・・・・。私はもっぱら足つぼマッサージに通ってるだけでまんぞくでしたがねえ・・・・。
外資のヒルトンなんかのホテルの地下にはディスコとかがあるんですが、そういうところには大体売春婦(1万円ちょっと)がいて、ものすごく熱い視線を投げかけてきます。あるホテルに泊まると、マッサージの勧誘電話がかかってくるんですが、それは売春のお誘い(7-8千円)。くるのは売春婦です。
街中には怪しい床屋がありますが、そういうところは、普通のマッサージ+Hなマッサージ(50元)があったりします。仲良くなると本番(50元+気持ち程度)があったりする。後はサウナ。ここも本番サービスが400元(6000円以下)で受けられたり。つまり美人局にはまる必要も無いわけです。
確かに上海あたりだろ中国選りすぐりの美女が集まってくるわけですが、そういうプロフェッショナルな職業の方より、素人の女性を口説くとお金もそんなにかかりません。(私?私は素人口説いて腋毛を見て萎えてもういいです。)
まあ兎に角、売国行為は死刑になってもおかしくないし、ましてや日本を守るべき自衛隊員には、一般人以上の道徳性、倫理性が求められていることを認識すべきです。
護憲派は、自ら平和主義者だといい、改憲派の人間を軍国主義者と決め付けてます。
根拠が全くない出鱈目ですね。そもそも今の日本国憲法が、平和憲法だなんて本気でお考えなんでしょうか?そうですか・・・・。
憲法には戦争を抑止する力があるのですか?逆に憲法で戦争を実行することは可能なんですか?
戦争は一国だけが勝手にやるんですか?
護憲派の方々は、愛する人が他者の攻撃により生命の危機を迎えた時、武器を手にとることはありえないのですか?
自らの命を悪意のある第三者に無抵抗にささげることが出来るのですか?

私は、改憲すべきだと思っています。それは日本としての主体性を取り戻したいからです。アメリカの奴隷にならざるを得ない現状況から日本は抜け出さなければならないと思っているからです。
さらに私は戦争は嫌です。出来るだけ避けたいと考えます。戦争抑止のための軍事力というものを私は、信じます。
他人を守り自らを守るためには自ら強くならなければならないと思います。何度も言いますが、江戸時代は300年近い平和を保ちました。それは、9条があったからでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。