主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李・前総統が靖国神社参拝「個人的な事情で」
6月7日12時28分配信 読売新聞
 同神社には第二次大戦中、日本軍人としてフィリピンで戦死した実兄、李登欽(日本名・岩里武則)氏がまつられており、李氏は「個人的な家庭の事情での参拝。政治的にとらえないでほしい」と記者団に話した。ただ、中国政府は李氏を「台湾独立派の代表」とみなしており、反発を強めるものとみられる。
 参拝には、曽文恵夫人と作家の三浦朱門、曽野綾子夫妻らが同行した。
 参拝前に都内のホテルで記者会見した李氏は、「(兄と私は)二人兄弟で仲が良かったが、62年前、(台湾南部の)高雄で別れたままとなった。うちには遺髪も遺骨も位牌(いはい)すらない。いまは靖国に(魂が)残されているだけとなっている」などと説明、政治的な意図がないことを強調した。



李登輝前総統>靖国神社を参拝 「個人的な事情」と説明
6月7日11時27分配信 毎日新聞
 来日中の台湾李登輝前総統(84)は7日、東京・九段の靖国神社を参拝した。靖国神社には旧日本軍人としてフィリピンで戦死した2歳上の兄・李登欽氏が祭られており、李氏は以前から参拝を希望していた。中国は李氏を「台湾独立分子」と非難し、総統退任後初の東京訪問に抗議していた。8日にドイツで安倍晋三首相と胡錦濤国家主席による日中首脳会談が予定されており、その直前の靖国参拝によって中国日本への反発姿勢を強めるとみられる
 参拝前、李氏は「62年前に(台湾南部の)高雄で兄と別れて以来、私の家には遺髪も遺骨も位牌(いはい)もない。家族の一人として兄への尊敬の気持ちから参拝しなければならない」と説明。「(参拝は)全く個人的な事情であり、政治的にも歴史的にも何も考えないでほしい」と強調した。
 高齢な李氏は周囲に「最後の訪日となるかもしれない」と漏らしていた。また、「中国が靖国問題での批判の矛先を私に向けるのはおかしい」などとも述べていた。
 李氏は小泉純一郎首相(当時)の靖国神社参拝について雑誌のインタビューに「多くの若者たちが国のために命をささげたにもかかわらず、この国のトップがそれに目を向けないのは大きな問題だ」などと述べ、参拝を支持する姿勢を明確にしていた。自身の参拝がもたらす日台関係への影響より、遺族としての心情を優先させたようだ。
 今年4月に訪日した中国の温家宝首相は「台湾」と「靖国」の二つの問題で、日本政府にクギを刺していた。李氏が訪日した5月30日、中国国務院台湾事務弁公室の李維一報道官は「台湾独立分子に活動の舞台を提供しないことを希望する」と日本をけん制していた。
 靖国神社の参拝をめぐっては05年4月、李氏を精神的な支柱とする台湾政党の台湾団結連盟(台連)の蘇進強主席(当時)が所属議員とともに参拝している。【鈴木玲子】

李登輝さん、お兄様にお会いになられましたか?誠に喜ばしい限りです。日本のマスメディアは腐っているので、「個人的」や「中国様が反発必至」とかあほらしいことを書き立てていますが気にしないでください。
誰がいつ靖国神社に参拝しようが、自由です。
李登輝さんにまで、公人か私人かなんて愚問をしたのだろうか、アホマスメディアは?
中国がそんなくだらない反発をするなら、放っておけばよい。中国が馬鹿なんです。中国様に気を使って参拝するなって言う論調の新聞、テレビは皆中華人民共和国に移住して二度と日本に来ないでください。
台湾を、台湾人を助けるのは、戦後日本が台湾を捨ててから、日本国民の義務です。断じて、あんな反民主主義的な中華人民共和国に台湾を蹂躙させてはなりません。
スポンサーサイト

次期首相に参拝中止要請 米大物議員の抗議相次ぐ [ 09月15日 10時36分 ] 共同通信
 【ワシントン14日共同】米下院外交委員会の重鎮、ラントス議員(民主党)は14日の公聴会で、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を非難し、次期首相に参拝中止を要請した。さらに、太平洋戦争中の南京大虐殺の実態を否定する教科書を「日本政府が認めている」と指摘。「歴史を否定する者は(同じことを)繰り返す」と、歴史問題に対する日本政府の態度を厳しく批判した。
 同委員会のハイド委員長(共和党)も同神社内の展示施設「遊就館」の太平洋戦争に関する説明内容を修正すべきだと主張しており、米議会の大物が日本側の歴史認識に相次ぎ抗議した格好だ。
 11月の中間選挙で野党民主党が下院を奪回した場合、ラントス議員は同委員会の委員長に就任する予定。同議員は第2次大戦中のホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の生存者でもある。



 

<米議会>靖国神社遊就館の展示に変更求める ハイド委員長 [ 09月15日 11時50分 ]
【ワシントン及川正也】米下院外交委員会のハイド委員長(共和党)は14日、日本と近隣諸国に関する公聴会で、靖国神社にある戦史展示施設「遊就館」について「事実に基づかない歴史が教えられており、修正されるべきだ」と述べ、展示内容の変更を求めた。
 また、民主党のラントス筆頭委員は小泉純一郎首相の靖国神社参拝を「日本の歴史に関する健忘症の最もひどい例だ」と指摘し、「次期首相はこのしきたりをやめなければならない」と参拝中止を求めた。米国内には首相の靖国参拝による日中関係悪化を懸念する声があり、米外交に影響力を持つ両議員の発言は日米間に波紋を広げそうだ。
 ハイド委員長は「遊就館が第二次大戦は日本による西側帝国主義からの解放だと若い世代に教えていることに困惑する」と批判。ラントス議員は「A級戦犯が祭られている靖国神社への参拝はドイツで(ナチス幹部の)ヒムラーらの墓に献花するのと同じ。韓国や中国の怒りをあえて招くことをする限り、日本が国際社会で重要な役割を演じるのは難しい」と述べた。
毎日新聞


いろんな方々が次はアメリカ様はこう言ってますよと言い出すに違いないっていう予想通りです。さすが共同通信、タイトルに大物議員の抗議相次ぐって二人しか名前出してないですが?アメリカの下院の大物はこの二人だけですか?そうですか。
アメリカ合衆国政府の公式見解として、靖国に干渉してきた時は、内政干渉だ!!と抵抗しますが、議員個人が、日本の何を否定、非難しようが、それは彼の思想、信条、言論の自由ですよ。ただし、私は一個の人間なんで、このブログで抗議します。
ラントス議員の発言は自らの見識の無さと頭の悪さをさらけ出してるにすぎません。
歴史を否定する者は繰り返すという頭の悪い発言をそのままラントス議員に返します。「原爆を実験目的、及びソ連への威嚇目的で落とした」ことも繰り返しますね。
ナチスと一緒にしたくてしょうがないようですが、日本にはナチスのヒムラーに該当する人物は歴史上存在しておりませんし、そもそもナチスみたいな集団自体存在してません。A級戦犯は、連合国が、該当者を適当に選んでみただけです。「アメリカの歴史に関する健忘症の最もひどい例だ」と黒羊はラントス議員を非難します。
反日マスコミは情報を都合のいいように垂れ流すのはやめてくれませんか?
アメリカだろうがなんだろうが、人様の靖国神社問題や歴史認識に口出す権利はないでしょう?アメリカにアメリカの主張があるように日本には日本の主張がある。
これで朝日新聞の夕刊と明日の社説の記事がほぼ決まりですかね?

首相→靖国に参拝→反日マスコミ→中韓にご注進→中韓騒いでみる→効果なし→天皇を持ち出す→政治利用やめろと非難される→アメリカ様の左派議員にご注進→一部議員が騒ぐ→効果なし
なんだ、反日マスコミは結局、アメリカ追従じゃないですか?
次のカードは何ですか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。