主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
想定内の圧勝。
テレビ朝日が、最大のライバルだ、宿敵だ、宿命のライバルだと嘘ばかりつくので、
辟易していましたが、よかったです。
侍ジャパン打線爆発!14-2で宿敵・韓国にコールド勝ち!

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第1次ラウンドA組(日本14-2韓国、7日、東京ドーム)大会連覇を目指す日本代表は北京五輪金メダルの宿敵、韓国代表と2次ラウンド進出をかけて対戦し、14-2と7回コールドゲームで圧勝した。
 日本は松坂大輔、韓国は左腕の金広鉉と両エースが先発。投手戦が予想されたが、宿敵・韓国との対決で不振のイチローがついに蘇り、韓国を圧倒した。
 一回、先頭打者のイチローはWBC初安打を放ち、日本打線に一気に火が付いた。続く中島も中前打を放ち、青木の適時打でイチローが先制のホームを踏む。村田、小笠原は連続三振に倒れたが、稲葉に代わって6番・一塁に入った内川が二死一、二塁から左翼線に適時二塁打を放ち、2点を追加。二回には、城島が中前打、岩村の四球の後、イチローがセーフティーバントで無死満塁とし、中島が押し出し、続く青木の遊ゴロの間に2点を追加。さらに4番・村田が2試合連続となる3ランを放ち、韓国のエース・金広鉉をノックアウトした。
 イチローは6打数3安打1盗塁と打って走って日本を引っ張りと完全に復活。松坂は一回に4番・金泰均に左翼席へ特大の2ランを浴びたが、その後は安定した投球を見せ4回を投げ4安打2失点。その後、渡辺、杉内、岩田のリレーで韓国打線を無失点に抑えた。

 日本はA組の2位以内が確定、米国で15日(日本時間16日)から開催される2次ラウンドに進出が決まった。韓国は8日に行われる敗者復活2回戦に回り、台湾を4-1で下した中国と2次ラウンド進出を懸けて争う。


正直、実力考えると、順当な勝ち方です。
二次ラウンドおめでとうございます。
何で、テレビ朝日のアナウンサーは、コールド勝ちを予想できなかったんだ?
私は順当なら、コールド勝ちだと思ってましたけどね。

岩田・・・・。緊張しすぎだよ。
でも、よかった。あのボークは事故だ。審判がプレイを言ってないのにボークもくそもあるか。

で再度言いますが、野球において、韓国は別に宿敵ではありません。
守備見ればわかるよ、レベルの違い。

ドミニカ、キューバ、アメリカ。ライバルはこの3つだろう。
ジータのいるアメリカは強いぞ。
スポンサーサイト
原で決定。
原監督の就任が決定=コミッショナーの要請を快諾-WBC

来年3月に開催される野球の国・地域別対抗戦、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督に、巨人の原辰徳監督(50)の就任が28日、決まった。プロ野球の加藤良三コミッショナーが川崎市内の読売ジャイアンツ寮に原監督を訪ねて就任を要請。同監督が快諾した。会談後、原監督は「自分の持てる力を出して、強いチームをつくる力になりたい」と語った。
 日本は2006年の第1回大会を王貞治監督の指揮で制しており、今度は原監督が率いて連覇を狙う。
 原監督への要請は、27日に開かれた第2回WBC体制検討会議で決議され、加藤コミッショナーは、原監督の経験と実績に加え、若手指揮官の起用で球界内の若返りが図れることを理由として挙げていた。
 同コミッショナーはこの日、まず都内で巨人の滝鼻卓雄オーナーと会って原監督の就任を要請した後、直接本人と会談した。原監督によると、オーナーからは「巨人の監督としてだけでなく、日本のために監督として頑張れ」と指示されたという。


まあ私は阪神ファンですし、巨人は正直嫌いです。大嫌いです。テレビで巨人戦中継するのも止めて欲しいと思うくらい嫌いです。
巨人の選手も基本的に嫌いです。
私が生まれてからであれば、王さん、原、篠塚、中畑、松井は結構好きなんです。巨人であることを超越して。
大嫌いな代表格は、江川とか、元木ですね。あの辺のわがままな奴は大嫌いですね。
東海大相模で甲子園に出場したことから、うちの母親がよく、原君、村中君、津末君って名前は、小さい頃よく聞いてた。もちろん私は小さすぎて、彼らの高校時代は知らんですが。
まあ母親に嫌悪感がなかった=私にもないです。
巨人は、うちにとって「悪」そのものの集団でしたが、その刷り込みの中に原は含まれていなかったですね。
王さんは当然別格です。幼稚園にもならない頃に、テレビで王さんが出てるのをすごく楽しみにしていたことは覚えています。
篠塚は、センター前のクリーンヒットがきれいな弧を描くので。
中畑は、いつも元気なので。オロナミンCのコマーシャルは、彼が一番でしょう。
松井は、同い年ですし、阪神ファンだって言ってたから、巨人に指名されて嫌だったろうなとは思うんだけど、それを気にせずよく頑張ってるから、応援しています。
ねじくれた性格の私でしたら、巨人に指名されたら、とりあえずハワイに野球留学していたでしょう。
多分松井は掛布にあこがれて、左打者になったんだろうな。私もそんな少年時代でしたし。
今回WBCで現役監督は、現実的ではないと言うのは、一理あると思ってました。
WBCは優勝が求められますが、シーズンも優勝が求められ、最悪どっちも逃した場合のリスクは、
大きいですからね。
大言壮語しないなら、星野でもよかったと思います。
現役監督でということであれば、グレーゾーンの岡田とかね。
だって、辞めたから暇ジャン。
後は、シーズンの優勝争いとは無縁そうな、野村ね。
そうやっていくと結構誰でもいいじゃんみたいな・・・。
私は、今回イチローの発言には、違和感と、一種の不快感は感じてますが、
皆さんはそうでもなかったでしょうか?
いや、言うならはっきり言えばいいんですよ「星野じゃ、俺出ないよ」って名指しで。
それをどう考えても星野のことを言っているのに、名前は出さない批判は、
卑怯だろうと思いました。正確に言うと、王さんが批判されたようなもの。

今回よく巨人が、飲んだなと思った。正直あの巨人だから、原はだめとか言うかと思ったけど。
なんせあの巨人なんで。と思ったら、読売新聞主催なんだね。
うん。じゃあ断れないな。
でも、原君で適任だと思いますよ。実績は相当あるし。
前に一度巨人の監督を首にされたときは、さすがにひどいだろうと思いましたし。
突然上から目線で話してみました。

まあ兎に角、ディフェンディング チャンピオンとして、是非、総力を結集し、
頑張ってもらいたいです。

後、クライマックスシリーズは早めになくしてください。お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。