主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
miracleさんが、「カル」ってカタカナが書いてあるだけで、
反応してしまう、カルデロン一家の件ね。
普段は護憲派の論調が面白い。テレビとかでも。
平気で違法行為を黙認させようとしてるんだ。護憲って何?
合法か違法かと言う問題と、
かわいそうかかわいそうじゃないという問題は全く異なるので、
一緒にしちゃだめだ。
とりあえず、違法行為のため、一家の強制送還と言うのは、ごく当然の措置。
今回、娘は日本に居てもいいよ、
「ご両親も本来なら(退去強制処分で)5年間は再入国できないが、柔軟に、1年ぐらい、それを待たずしても一時的な上陸特別許可を出すこともやぶさかではない」
って法務大臣も言ってる。
すごい温情じゃない?超法規的措置じゃないの?
で支援の人がやることは一つ。今度は、ちゃんと両親が合法的に日本に来られるように、
職を提供してやるとか、一人残った娘のケアとかすればいいじゃん。
経済的にも支援してやりゃいいじゃん。まさか、血税でケアしろとか言わないよね?
私が、もし彼らに同情したら、そうするな。何なら、娘も預かってやっていいと考えるし、
一家のために、日本で職を探してやるし、住宅とかの保証人になってやるけどな。
ただ合法的に来日してくれよって話なんじゃないのかね?
こんなもん法律的に認めたら、不法入国しても、子供生んで育てりゃOKみたいなむちゃくちゃな話になるよね。っていうか護憲の人は、憲法の前文と9条と25条以外はどうでもいいのかね?
出入国管理法とか、刑法とか民法とか、いやそもそも日本国憲法の前文と9条と25条以外は、関係ないのですか?そうですか。それは護憲なのですか?なら私の方が護憲じゃないかね?
ちゃんと日本国憲法第96条に則って改憲しましょうって言ってるだけだし。

もっともどこかの集団みたいに、集団で訪れて、学校とか市内で「帰れ」って叫ぶ連中も頭おかしいと思うけどな。

いやなんで護憲派に絡めて書いたかというと鳥越俊太郎さんが朝テレビで、法律が現実に即していないんだから変えないといけないって言ってたのでね。
それなら憲法9条も現実にマッチしていないんだから変えないとねって話は通じるよねと思ったのですよ。
スポンサーサイト
何かやたら忙しくなった挙句、風邪でぶっ倒れてしまった黒羊です。
いろんなところにレスしないといけないんですが、
もう少しお待ちください。
それもひどいんですが、
今日はこの記事。
<海自無線LAN>セキュリティー甘く傍受可能

海上自衛隊舞鶴基地(京都府舞鶴市)と呉基地(広島県呉市)に停泊している護衛艦に、セキュリティーの甘い非暗号化の無線LANが設置され、第三者が通信内容を傍受できる状態だったことが分かった。実際に電子メールのパスワードなどが流出した。海自は「インターネット接続用で、防衛に関する重要情報は扱っていない」としているが、専門家は「情報セキュリティーの基本が分かっていない。直ちに対策をとるべきだ」と非難している。
 関係者によると、舞鶴基地に停泊中の護衛艦数隻から発信された無線LANの電波は、暗号化が施されておらず、電子メールを送受信する際に必要なIDとパスワードや閲覧中のサイト情報などが今月上旬に傍受できたという。また呉基地に停泊中の護衛艦からも同様の無線LANの電波が確認された。
 無線LANは利便性から、会社や家庭での利用が浸透しているが、悪意の人物が非暗号化の無線LANを使って通信を盗み見するなどのケースが問題化している。
 海自幕僚監部広報室は非暗号化の無線LANの存在を認め、「艦の隊員がネットに接続してサイトを閲覧したり、メールをやり取りした。防衛上見られて困る情報はないが、ネットワーク情報が明らかになるのは好ましくない。無線LANは廃止する方向で進んでいる」と話した。【高橋望】
 ▽軍事アナリストの小川和久さんの話 情報セキュリティーにとって最悪。あまりに無防備といえる。防衛省、自衛隊をあげて直ちにセキュリティー保全を行う必要がある。


無線LANを使用する際は、本当に気をつけないとね。
ステルス設定とかちゃんとやらないとダダ漏れですよ。やっても怪しいですけどね。
ちなみに自宅で、調べると近所の人のどの家かまではわかりませんが、
SSID、MacAddressなど拾えちゃいます。
Passwordを設定していない人もいるので、誰かに悪用されますよ。
特にYahooBBの検出率が高いです。
自衛隊ともあろう組織が、そういう対策を怠っては大問題ですよね。
無線LANといえば、WPAで、

WPA-TKIPの暗号を部分的に解読、ドイツの研究者が報告
無線LANの暗号化規格「WPA(TKIP)」について、暗号を部分的に解読する方法を発見したという研究成果が、ドイツの研究者によって発表された。
 ドイツのMartin Beck氏とErik Tews氏が発表した論文によると、WPAで用いられる暗号化プロトコル「TKIP」において、定期的に更新される鍵(セッションキー)の一部を12~15分で解読する攻撃方法を発見したという。この攻撃は、より強力な暗号プロトコルの「AES」には有効ではなく、また攻撃としては限定的なものだという。
 Tews氏が技術関連サイトの「Ars Technica」に明らかにしたところによれば、この攻撃は短いパケットのみに有効なもので、これによって一部の攻撃は可能になるものの、ネットワークへの侵入やすべてのデータの解読が行えるものではないとしている。また、攻撃への対抗策としては、TKIPのキーストリーム変更周期を短時間にする方法や、攻撃に伴って発生する改竄フレームの検出通知をクライアントに送出しない方法などがあるが、最も良い方法はTKIPではなくAESを使用することだとしている。
 Tews氏はこの研究成果について、11月12日~13日に東京で開催されるセキュリティカンファレンス「PacSec 2008」で解説する予定となっている。

なんてニュースもありましたね。
日々セキュリティの穴は見つけられ改善されていくんですが、
私たちは、現在とりうる最善のセキュリティ状態を保つ必要がありますね。
ましてや、自衛隊にしろ、政府にしろ、会社にしろ、ちゃんと専門家を抱えて対策しておけと思います。
「ああ、まただ」とため息=国会でも持論展開に-防衛省職員ら
うーん。この証人喚問の意図がよくわからないですね。
私の中ではまず行政しかも防衛省の重要な地位にいながら、政府見解と異なる論文を発表してしまったことが一番の問題かなと思っています。。(中身はともかく)
次に中身にも大きい問題をはらんでいたと。(もちろん全てがおかしいわけではない。)
本人は、その後辞職したわけです。つまり、現在の立場は、無職、少なくとも既に役人ではない。
その人を国会に呼んで尋問しても、今度は、表現の自由や思想の自由を侵害する恐れがある気がする。まあ私も論文をきっちり読んではいないので、内容については、あまり指摘できませんが。
自由人になった彼が国会に呼ばれて、何を発言しようとも、問題はないんじゃないのかな。
この証人喚問は何のために行われたんだろうか・・・・・・。
久々に、最近のネタについて、書きます。
巨人渡辺会長「CSくだらん」

巨人の渡辺恒雄球団会長(81)が22日、都内のホテルでクライマックスシリーズ(CS)第2ステージで屈辱の3連敗を喫し、今季の幕を閉じた原巨人に対し、不満を大爆発させた。まずはCSの存在を否定し、原監督と中日落合監督の采配を比較して敵軍の監督を持ち上げ、自軍の監督をこき下ろした。さらに、ふがいなかった外国人選手にも怒りの矛先は向き、フロント批判まで展開する暴走ぶりだった。
 大勢の報道陣が集まったホテルのフロアで、渡辺会長のダミ声が響き渡った。5年ぶりのリーグ制覇を果たしながら、CSで3連敗して日本シリーズ出場権を逃しただけに「制度がよくない。リーグ優勝はなんの意味もない。おれがオーナーの時は絶対に反対した。誰がどうしたか知らねぇが、こんなくだらん制度をつくった」と次から次へと不満をぶちまけていった。
 CS制度の次にやり玉に挙がったのが、原監督の采配だった。第2戦に投手の川上にバスターを決められたことを挙げて「これは作戦ミスだよ。作戦ミスが3日続けば負けるんだよ。ベンチワークが敗因か? それもある。あいつがしっかりしてるんだよ、落合が。落合の方が頭が良かったんじゃないかな」と一気にまくし立てた。「原君もリーグ優勝したんだから。来年に向けて戦力を補強して。来年は勝ち抜くことだ」と、散々こき下ろした後に、フォローにならないフォローをした。
 返す刀で、フロント批判も展開した。不振続きの外国人補強に言及。「こんなバカな状況で補強しないでいられるか。おれは十何年、言い続けているが、ろくな外人がいない。クロマティ、ちょっとローズとペタジーニぐらい。全部間違っている。それが分からねぇ、フロントがどうかしてるわな。だから負けるべくして負けるんだよ」とめった切り。「これを教訓にして来年、生かせないようなら、巨人はおしまいだな。だけど、おしまいになると、野球が全部つぶれるな」と時折、声を荒らげながら、約7分間の“大演説”を締めくくった。
 確かにCS制度の改革の余地はあるが、敗戦が決まった直後での批判は負け惜しみ以外のなにものでもない。ましてや球団トップの人間が、自軍の監督批判は論外。シーズン中間報告やリーグ優勝報告では絶賛していた原監督の采配も、たった3試合のCSでの敗戦で、あっさり手のひらを返して猛批判。白けムードが漂った。大権力者の傍若無人な発言がチームの士気を弱め、巨人人気を低迷させていることに、まだ気がついていないようだ。【小島信行】


耄碌爺は百害あって一利なしだから死んだ方がいいと思うんだ。
CS推進したのは巨人の滝鼻だろう。
阪神も中日も反対した。もしするならリーグ一位のチームにアドバンテージ与えろと中日が言ったのを突っぱねたのも滝鼻だろう。
爺さん、耄碌して忘れたんだろう。
こんな奴が福田政権を誕生させたんだから信じられないですね。
原はよくやったが、上の耄碌じじいがこんなだとやる気失せるだろうね。フロントとか監督とか言うより、一番の害は、ナベツネ
老害ここに極まれり。
まあ阪神ファンの私には、老害がいてくれた方がいいのですが、日本人の立場で考えると、本当にこのじじいは死んで欲しいなあと思います。

15日靖国参拝せず=政局の混乱回避、中国にも配慮-安倍首相
8月9日19時2分配信 時事通信
 安倍晋三首相は9日、終戦記念日の15日に靖国神社を参拝しない方針を固めた。参院選での自民党惨敗で政権の求心力が著しく低下する中、仮に参拝すれば連立を組む公明党が反発するのは必至で、政局の混乱を招きかねないと判断した。首相の年内訪問合意など、安倍政権下で改善しつつある中国との関係も考慮したとみられる。
 首相は、小泉前政権で靖国参拝が外交問題となったことを踏まえ、参拝の有無について明らかにしない方針を繰り返し表明。9日夜も、終戦記念日に参拝するかどうかをただした記者団に対し「行く、行かないについて明言する考えはない」と語った。 
最終更新:8月9日21時1分


靖国参拝>首相、15日は見送りへ 小池防衛相も参拝せず
8月7日21時54分配信 毎日新聞
 安倍晋三首相は7日、終戦記念日の15日に靖国神社に参拝するかどうかに関し、首相官邸で記者団に「靖国神社に参拝する、しないについては申し上げないことにしている」と語り、参拝について明言を避ける首相就任以来の姿勢を重ねて示した。ただ、参院選での惨敗を受け、公明党をはじめ参拝に批判的な与党内の声に一層配慮せざるを得ず、15日の参拝は見送る公算が大きい。
 首相周辺は「首相は15日には靖国神社に参拝しないだろう。公明党との関係もある」と語り、公明党への刺激を避けるためにも15日参拝は見送るとの見方を示した。
 また、小池百合子防衛相は7日の記者会見で、15日の靖国神社参拝について「スケジュール的に可能性はない」と述べ、参拝しない考えを表明。小池防衛相は小泉内閣で環境相を務めた04、05の両年、終戦記念日に靖国神社に参拝していた。【田所柳子、近藤大介】

首相は明言しないと言っているのに記事読んでも、行く、行かないとは明言しないが結論になっているのに、記事の見出しは、何でか参拝せずになっている。小池さんは行かないと言っていると書いてあるのであれですが。
しかし、首相も防衛大臣も若干ヘタレなようなので、不肖私が、15日に靖国に参拝しに行って来る事にします。
こう最近つくづく感じるのは、新聞とかインターネットにしても見出し付きのニュースの見出しは東京スポーツ並みにひどいを書きますね。
まあ東京スポーツはそういうネタを売り物にしていますから、高校時代はそれが楽しくてたまに買ってましたが・・・。
7月28日(土)「We'll live and die in these towns」

日本人でよかったで取り上げた、民主党馬鹿の話。
なんか開き直って逆切れ状態です。
しかも40過ぎ。1960年代生まれの連中には馬鹿が多いと思っていたんですが、その一つも証明できました。
バブル期に何にも生産しなかった奴らと同じですね。
もちろん60年代生まれでも、優秀な人も一杯いるんですが、こういう馬鹿は目立つから、60年代生まれは皆馬鹿なんじゃないかと錯覚してしまうわけです。
この人に言わせると海外に行ったことのない田舎のおっさんのみ「日本人でよかった」と行っていいらしいです。
大体海外にすまないと日本がどれほどよいか分かるわけないだろう。
子供が乞食をする必要がない。
子供がむやみに撃ち殺される心配がない。
子供が飢え死にしない。
子供が学校に行けない。
世界には、ひどい国が一杯あります。それを見て日本人でよかったと思うのは普通のことです。それを素直に受け入れられない馬鹿に政治なんてできるわけなかろう。
こんな馬鹿を大量に飼っている民主党は信用できません。
皆マスコミの流す嘘情報に騙されちゃだめ。
民主党は馬鹿の集まりです。
中国が「活仏転生」許可制に チベット族激怒

【北京=福島香織】中国政府は活仏(生き仏)の転生を中央政府の許可制とする「チベット仏教活仏転生管理規則」を9月から導入すると決定した。高齢のダライ・ラマ14世の後継者問題をにらんだ措置とみられるが、宗教の伝統を無視した管理強化にチベット族の不満は高まっており、今月初めには四川省のチベット族自治州でチベット族と公安当局の衝突も発生。ダライ・ラマ14世帰還のめどが立たないなか、現地の混迷は深まっている。
 中国の国家宗教事務局の発表によれば、中国政府はチベット仏教で活仏と呼ばれる高僧の転生に9月1日から申請許可制度を導入。「活仏転生は国家統一、民族団結、宗教和睦(わぼく)と社会の調和維持の原則に基づくこと」「すでに排除されている封建特権を復活させてはならない」「外国や個人の干渉と支配を受けてはならない」とも規定した。活仏に対しては同局から「活仏証明書」が発行される。
 チベット仏教では活仏は死去したのち、そのまま別の人間に生まれ変わるとされ、生まれ変わりは預言や神秘現象などをもとに高僧らが探しだし活仏に指名する。とくに最高指導者のダライ・ラマ、それに次ぐ地位のパンチェン・ラマは相互に後継者を指名し合う仕組みだ。しかしこの規則により、チベット仏教指導者は事実上、中国政府が選出する制度が確立されることになる。
 だが宗教の伝統を中国政府の都合のよいように改変するやり方に信仰深いチベット族の不満は高じており、8月1日には四川省の甘孜チベット族自治州理塘県で行われた競馬大会会場で、チベット族住民100人前後と公安当局が衝突する事件が発生。電話取材に答えた理塘県当局者によると、「チベット族男性が会場の舞台にあがり中国仏教界を攻撃する発言をし、国家の公共安全を脅かした」のがきっかけだという。男性は拘束中だ。
 ダライ・ラマ14世は1959年以来、インドに亡命中で、中国政府から「国家分裂活動家」のレッテルを張られ帰国を禁じられているが、チベット族の間では今も「宗教最高指導者」として崇拝されている。この影響力を断ち切ろうと、中国政府は95年にダライ・ラマがパンチェン・ラマとして指名したゲンドゥン・チューキ・ニマ少年(当時6歳)の代わりに、現パンチェン・ラマ11世(ギャンツ・ノルブ、17歳)を選定し、98年から北京で「教育」している。
 しかし記者がこのほど、パンチェン・ラマの本拠地チベット自治区シガツェを訪ね、チベット族の農民家庭に飛び込み取材を行ったところ、ほぼ全員が「ニマ少年が本物。今のパンチェンは偽物だから、ダライ・ラマの転生者は探せない」と迷わずに答えていた。現パンチェン・ラマへの不信感があるうえに、反発を招く制度が導入されたことで、現地の宗教的混迷は深まるばかりだ。
 こういう状況を打開するため、人々の期待はダライ・ラマの帰還に集まっている。先月末、チベット仏教4大宗派の一つ、サキャ派のサキャ寺のパルデン・ドニュ住職は産経新聞など海外メディアを前にした記者会見で「ダライ・ラマ14世に帰ってきてほしい。彼はチベット仏教の最高指導者だ」と訴えた。当局者同席の公式会見であり、「あとで面倒なことになるかもしれない」との覚悟の上の発言だった。

こんな無道がいつまで許されるんだろうか。
チベットはチベット人のもので中華人民共和国や漢民族のものでは断じてない。
日本は、アジアの秩序、伝統を守るためにも積極的にこの問題に対処すべきだと思う。
中国は、今すぐチベットから手を引け。
チベットのラマ教のことは、ダライ・ラマが決める。漢民族が決めていい問題ではない。
共産党と言う奴はやはりキチガイですね。
チベットをチベット人の手に取り戻すために、私も及ばずながら、力になりたいと考えております。
完全アウエーでの収穫(1/2)
U-22 4カ国トーナメント2007中国・瀋陽
2007年08月04日

サッカー日中戦で中国人観客が騒動、紙コップ投げつけ罵声
8月4日12時33分配信 読売新聞
 

【瀋陽=牧野田亨】中国遼寧省の瀋陽で1年後の北京五輪のプレ大会として3日夜行われた男子サッカーのU―22(22歳以下)代表による日本中国の試合終了後、中国人観客が日本人観客の一部に紙コップを投げつけ、集団で罵声(ばせい)を浴びせる騒ぎが起きた。
 けが人は出なかったが、日本人観客が一時、場外に出られず、スタンドで待機した。
 会場の瀋陽五輪体育場に集まった中国人観客は5万人。日本人観客は約100人で、うち9人がゴール裏手で日の丸を掲げて応援していたが、試合終了と同時に9人に紙コップが次々と投げつけられた。さらに、スタンドからの出口通路に100人以上の中国人が殺到、中国国旗を振り回しながら、「小日本日本に対する蔑称(べっしょう))」などと叫んだ。9人は公安当局の車でホテルに送られた。

食料や水の問題、大気汚染もありますが、こんな民度の低い状態でオリンピックなんて、選手も、応援団もひどい目に逢うのが目に見えている気がします。
サッカーの国際試合とかはよく分からないんだけど、用意するのが中国人の審判って段階で、参加せずに帰ってもよかったんじゃないのかな?大切な選手や、熱心なサポーターにもしもの事があったら、悔やんでも悔やみきれなくなるし。
そんな危険な試練はいらないと思うんだよね。
「小日本」って頑張っちゃってその日本なしに存在できない中華人民共和国がよく言うよ、って私は中国人によく言ってやります。侮辱されたら、その場で言い返してやれる中国語の能力があってよかった。

アジアの一員として、中国、韓国をはじめ、アジア
諸国との信頼関係の構築に全力を挙げ、国際
社会においてアジア諸国との連携を強化します。
特に、エネルギー・通商・環境分野において、ア
ジア・太平洋地域の域内協力体制を確立します。


民主党はマニフェストでこんなこと、書いてますけど、中国との信頼関係構築において、変わるべきは一方的に中華人民共和国の方です。マニフェストでそんな売国方針を唱えられると、益々信用できませんね。
安倍降ろし工作に忙しいマスコミ。
産経新聞も完全にぶれぶれ。
小沢民主の政権なんて、湾岸戦争時代と全く同じだめだめ自民党でしょう。
だって小沢だし。何といっても自民党のがん細胞だったのは小沢です。みんなそれを忘れちゃいけないよ。
北朝鮮を苦しめているのは、小泉でもなく現安倍政権であり、辞任すべきと、辞任すべきじゃないという世論調査はどこも拮抗している。
それは何故か。安倍は悪くないとむしろ安倍がいいと考えている人が多いからに他ならない。

首相「人事は白紙の状況」…自らの辞任改めて否定
 安倍首相は2日夜、次の内閣改造で公明党が冬柴国土交通相の留任を求める方針であることについて、「まだ、人事についてはまったく白紙の状況だ」と述べ、冬柴氏の処遇も含め、今後、検討する考えを示した。
 首相官邸で記者団の質問に答えた。
 一方、参院選投開票日の先月29日午後に、自民党の中川幹事長、青木参院議員会長、森元首相が「自民党が40議席を割れば首相は続投困難」との見解で一致し、中川氏が首相に伝えたとされることについて、「そういう話は幹事長からは聞いていない」と否定した。
 首相は「40議席を下回れば厳しい状況だということは私自身も認識している。しかし、その(40議席割れなら続投困難との)話は、誰にも聞いていない」と繰り返し述べた。その上で、「衆院(議員)の任期はあと2年だ。その時に政権選択の選挙を行うと見ている」と述べ、参院選の結果では辞任しない考えを改めて強調した。
- 読売新聞 [08/02(木) 21:21]

中川幹事長、青木、森なんてダメ人間三人が辞めるべしと言ったってことは、やれと言う天の啓示ですね。
麻生さんを今持ってくるのも麻生さんに失礼な話だし、麻生さん自身は人の弱みに付け込むような真似はしないと流石ですね。
マスコミよ、お前らいい加減にしろ。
お前ら自分達がどれほどの権力を持っているかよく考えろ。20世紀になってから、一番人を殺しているのは、共産主義より、マスコミかもしれないだろうね。
嘘を平気で垂れ流す。
情報を恣意的に操作する。
都合の悪いことは報道しない。

郵政の時もそうでした。
いえ戦争の時もそうでした。
日本で一番の害悪はマスコミです。
民主党の年金案は素人でも突っ込めるのにスルー
民主党の支持母体に自治労があるために、社会保険庁の中の人が一番悪いに決まっていることを、まるで安倍首相が悪いかのように捏造して報道。
民主党は党首が事務所費問題を起こしているのに、怪しげな紙を出したからと、それだけでスルー。一人の大臣を自殺に追い込んだのもマスコミ。
アメリカの従軍慰安婦決議案が採択されたことについて、10人で決まったことがよほど悔しいのか報道しない。
民主党の平岡とか言うネクスト法務大臣を名乗る輩がいじめで我が子を失った母親に対し、畜生にも劣る暴言を吐いてもスルー。
麻生大臣がアルツハイマーの発言を行った時には大げさに攻め立てたくせに、田中真紀子が、麻生さんこそアルツハイマーだと言ってもスルー。
子供は産む機会だと言った柳沢大臣を責めても、生産性に例えた菅にお咎め無し。
北朝鮮が、安倍政権下の日本に苦しめられているのに報道しない。
安倍首相が、ヨーロッパでの外交である一定の評価されるべき実績を残しても報道しない。
韓国の俳優に興味がある人が多いわけでもないのに、韓流と叫ぶマスコミ。

今の日本は全てマスコミの情報操作によって動かされます。
インターネットの普及で、マスコミが隠しきれなくなったからと、インターネットを盛んに攻撃するマスコミ。

諸悪の根源であるマスコミと私は戦っていきます。

米下院、慰安婦決議を採択=本会議で初、日本に謝罪要求-安倍政権に打撃
7月31日5時1分配信 時事通信
 【ワシントン30日時事】米下院は30日午後(日本時間31日未明)の本会議で、従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議案を採択した。慰安婦問題をめぐり、下院本会議で決議が採択されたのは初めて。決議に法的拘束力はないが、参院選の与党惨敗で政権基盤の弱まった安倍晋三首相にとっては大きな打撃で、同盟強化を進めてきた日米関係に影響が出る可能性もある。
 決議の採決は発声投票により実施。出席議員から「異議」は出されず、議会規則が定める「3分の2以上の賛成」が認定され、全会一致に近い形で採択された。 

やはりアメリカ人は、この世から消えるべきですね。アメリカ人ほどのキチガイを私は知りません。中国人は馬鹿だけど、アメリカ人はキチガイです。日本はとっとと軍備増強してアメリカに原爆を二発食らわしてやるべきだ。こんなクソなアメリカ人の、どこに正義なんてあると言うのか?
テロは許されないかもしれないが、アメリカ人は滅びた方が世界のためだね。
日本で一番アメリカに国を売ったのは、民主党党首の小沢一郎であることも忘れてはならない。小沢さん、湾岸戦争の時に得たお金はどうしましたか?うはうはでしたでしょう。
まあ、新聞、テレビ共にうれしそうに自民党大敗って書いていて、なんで安倍さんが続投するんだなんてことを言ってるんですが、当然続投OKです。何の問題もありません。
安倍さんが退陣すると喜ぶのはサヨクと北朝鮮ですね。嫌です。それは。

今回つくづく感じたのは「マスコミの力って強い」です。恐怖感すら感じております。また日本人も戦中の朝日新聞に煽られた頃から大して変化がないのが非常に残念です。
民主党のいい加減な年金政策、民団組織員の候補者、社会保険庁の諸悪の根源である自治労これらの情報は、ニュースにすらならず、マスコミはひたかくしにしましたね。

これからはこういう、民主のネガティブ部分はどんどんブログの記事に書くと共に、皆頭で考えようぜと呼びかけて行きたいと思います。
民主は早く、自浄作用を発揮し少なくとも売国奴は、追い出してください。任せられません。まだ。
「戦争記念館展示は誤り」 中国人作家、反日批判論文を撤回
 

【北京=野口東秀】中国・上海大学中文系教授で作家の葛紅兵氏(38)が今月上旬、中国各地の抗日戦争記念館について、「復讐(ふくしゅう)心をあおるような展示はやめるべきだ」とする論文を発表したところ、非難が殺到、葛氏は10日弱で論文を取り消す事態に追い込まれた。胡錦濤指導部は「中日友好」を重視し、対日批判を押さえ込んでいるが、葛氏への非難のなかには「(中日)友好宣伝に反感がわく」と政府批判まで登場、当局は社会の安定を重視し事態を沈静化させる方向に動いたとみられる。
非難殺到、政府にも矛先
 論文は、日中戦争の発端となった盧溝橋事件から70周年にあたる7月7日に北京郊外の抗日戦争記念館で行われる行事を前に今月12日、同氏のブログに掲載された。
 論文は「歴史を記憶させることに反対はない」としながら、「しかし恨みをあおる展示の仕方は誤りであり反対する」「寛容と和解を抱くことが中国の国益にもなる」などとして、事実上、「反日教育」の転換を訴える内容だった。
 葛氏は論文撤回直前、産経新聞に対し、「事態はすでに自分がコントロールできる範囲を超えた」などと返答、電話などでの批判が想像を超えるほど多いことを示唆した。ただ、当局から論文撤回要求があったかどうかは明言しなかった。
 ネットでの葛氏への非難は、「おまえは中国人か」「日本に対し中国は、まだ寛容ではないというのか」といった批判や、旧日本軍の「人体実験」や、靖国神社参拝問題、石原慎太郎都知事の過去の発言に言及し非難を展開したものもあった。一方、「中国人の反日感情は中国政府の中日友好の宣伝教育のなかで生まれたものだ」などと政府への反発の意見も少なくなかった。
 論文が削除された後の22日のブログで、同氏は「私の論文がネットで反復され重大な争議を巻き起こした。その影響は予想もできなかった。ここで正式に論文を撤回する。多くの読者の民族感情を傷つけ謝罪する」としている。
 胡錦濤指導部はすでに、靖国神社参拝問題や南京事件についてメディアや学術界で反日をあおらないよう通達しており、逆に19日の中曽根康弘元首相を顧問とする「日中青年世代友好代表団」の一行と胡国家主席らが会見したことを大々的に報道した。「友好」と「対日関係重視」の姿勢を示すことで、反日の動きを封じ込める狙いがある。
 消息筋は「当局は葛氏の論文をめぐる動きが反日を逆にあおる導火線になると判断したのではないか」と指摘する。
(2007/06/25 09:25産経)

今まで、反日教育を続けてきた結果が顕著ですね。中国人が自国の国益を本当に考えたら、どうすればいいのか、自ずと答えが出るはずなんですがね。
中華人民共和国とは、日本は関わらなければどうしようもないが、それは中華人民共和国も同じ条件。
ただ中国人の中でも、特に天安門世代の友人や、文革の被害者の子孫なんかは、中国の反日教育に疑問符を持っています。しかし共産党一党独裁のその中国ではそのような声は圧殺されます。
慰安婦署名

河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力をお願いします。 

平成5年8月4日に、当時の河野洋平官房長官が発表した、「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」(所謂河野談話)は、我が国の誇りと名誉を大きく傷付けただけではなく、次代を担う青少年の精神に「自虐」という猛毒を注入し続ける亡国の談話です。
(河野談話についての詳しくはこちら)
虚構である慰安婦強制連行は、マイク・ホンダ米下院議員の議員工作を梃子(てこ)にして世界を駆け巡り、このままでは日本を貶める歴史偽造が国際的に定着してしまいます。
この危急の事態に際し、私達ネットブロガー有志は、この「河野談話」の白紙撤回を求める運動を開始しました。
全国からできるだけたくさんの署名を集め、陳情書と共に総理大臣官邸へ提出します。
ぜひ、皆さんの想いを署名という形で示してください。
ご協力をよろしくお願いいたします。
河野談話の白紙撤回を求める市民の会 団体概要
代表:西村修平 「主権回復を目指す会」 代表
呼びかけ人:
瀬戸弘幸:政治ブログ「極右評論」 主宰
よーめん:政治ブログ「この国は少し変だ!よーめんのブログ」 主宰
他、有志一同
賛同者:
有門大輔:政治ブログ「侍蟻」主宰
鵤 卓徳:「日本再生ネットワーク」代表
栗原宏文:「日本メディアリテラシー研究会」代表、元愛媛大教授
古賀俊昭:東京都議会議員
酒井信彦:「日本ナショナリズム研究所」代表、元東大史料編纂所教授
桜井 誠:「在日特権を許さない市民の会」会長/「東亜細亜問題研究会」代表
土屋敬之:東京都議会議員
中嶋文雄:「静岡レスコハウス(株)」代表取締役社長
西村幸祐:ジャーナリスト
沼山光洋:「靖國会」事務局長
野村旗守:ジャーナリスト
博  士:政治ブログ「博士の独り言」 主宰
細川一彦:ウェブ・ライター
増木重夫:「百人の会」事務局長
諸橋茂一:「河野談話の取り消しを求める裁判」原告代表、「(株)KBM」代表取締役
やじざむらい:政治ブログ「やじざむらい的日々雑感」主宰
吉田康一郎:東京都議会議員
(五十音順)

私は普段一人で行動するので、団体活動にはあまり参加しませんが、日本を守るために今回は署名運動に参加します。もし何かを感じた人がいるなら、署名をお願いします。
>総理大臣官邸へ提出します。
個人的には、安倍さん自身は撤回したいんだと思います。なのでここは非道な、河野洋平自身に、署名を送りつけてやりたいですね。
慰安婦問題については、アメリカだろうがなんだろうが徹底的に戦ってやる所存です。アメリカ人が四の五の抜かせば、私は確実に死ぬまでに二発原爆をアメリカに投下してやるので、よく覚えていろアメリカ人め。
ジアンパ・ピンツオ氏、ダライ・ラマは単なる宗教家ではないと非難 2007-06-20 17:09:45 cri
 

中国チベット自治区のジアンパ・ピンツオ主席は20日北京での記者会見で、「ダライ・ラマは単なる宗教家ではなく、政治屋である」と非難しました。
 ジアンパ・ピンツオ氏は、「ダライ・ラマが外国の政府部門や政治界の要人と頻繁的に接しているが、これは単なる宗教の問題でなく、中国の祖国統一と領土保全、国家分裂反対に関わる問題である。中国政府とチベット自治区は一貫して外国政府と政治界の要人がダライ・ラマと接することに反対している」と示しました。
 ジアンパ・ピンツオ氏はまた、「ダライ・ラマが『チベットにおける高度な自治』を打ち出したが、下心がある。歴史を顧みると、この言い方はチベット人民の願いに背くもので、中国の憲法や現行の基本制度にも違反している。つまり、形を変えた漸進的な独立を企むものである」と指摘しました。(翻訳:姜平)

チベットは、中華人民共和国が一方的に侵略し、民族浄化を行っている地域です。中国共産党と人民解放軍は、この平和で、穏やかな宗教国家を蹂躙し、悪逆非道の限りを尽くしているものであります。チベットはチベット人に返されるべきで、中華人民共和国は、そこからすぐにでも撤退すべきです。歴史上一度も中華人民共和国に所属していなかったチベットを侵略し、不法占拠し、民族浄化を行っているような状態を国連は、見ないふりをし、正義を唱えて止まないアメリカもアクションを起こしません。
将来的にアジアの平和を守るには、日本が目覚めるしかないのです。
チベットをチベット人の手に戻しましょう。
チベットでの宗教保護政策を政府機関がアピール―中国

2007年6月20日、国務院新聞弁公室で行われた記者会見によると、現在チベット全自治区には、1700余りの宗教活動場所があり、4万余りの僧侶、尼僧が寺に居住し、さまざまな宗教活動が行われている。
チベットは、チベット伝統仏教の発祥地である。チベット仏教は人々の間に深く浸透し、信者の数も多く、多種多様な宗教活動は、特有の文化・雰囲気を創り出している。
チベット自治区人民政府の向巴平措主席は、中国政府がチベットにおいて信教の自由政策を施行し、信仰の自由を保護していると報告した。さらに向巴平措主席は、「チベットでは、信者も非信者も、さらに異なる宗教の信者も、互いに平和に暮らしている。これは世界でもあまり見ないことである」と述べた。(翻訳/編集・wume)


共産主義者が、宗教を保護するなんて、笑わせるな。
中国が出て行けば済む話だ。こんな腐った国が、日本からの援助を受け、一方で反日プロパガンダを流し、やりたい放題。
そして国連の常任理事国。世界は狂っている。
私はそもそもアメリカ人が嫌いだ。
日本の政府にお願いしたい。負けるな。
慰安婦問題は、どう考えてもアメリカ人の頭がおかしい。悪い。
記憶力なさ過ぎる。死ね。って感じです。
死ぬまでに、二発原爆をアメリカに落としてやりたい黒羊ですが、政府がしっかりと毅然と対応しろと思います。
アメリカ人は脳みそがアメリカンコーヒー並にうすいから仕方ないかもしれないが、お前ら自分のやったこと忘れすぎ。
今も仕事でアメリカ人との付き合いあるが、いい加減すぎ。中国人の次にいい加減なアメリカ人だ。
っていうかアメリカの知識層は大丈夫なのか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。