FC2ブログ
主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2007/081234567891011121314151617181920212223242526272829302007/10

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

☆新刊コミック
Nyarlathotepのく頃に~裸祭編~
舞台は仙台市国分町
たまたま旅でそこを訪れた黒羊は、
Nyarlathotepのヌードデモという異様な光景を目撃する。
惨劇はそこからはじまった・・・・・。

その惨劇の犯人は、おやじさまの祟りか、宇宙人か、未知のウィルスか、それともNyarlathotepの壮大な釣りか?
あなたは黒羊と共にその謎を解けるか?
黒羊の前に目の覚めるほどの美人を連れて現れたさららは敵か?味方か?
黒羊を国分町にいざなった10bullのたくらみとは?

今、全ての謎が明かされる。
Nyarlathotepのく頃に~裸祭編~
発売日:今秋予定
定価:11元3角2分(税込み)
出版社:KM企画(有)

三連休は伊豆で、目の覚めるようないい女と過ごそうと計画したけど、台風で面白くもなさそうなので、引き篭もることにした黒羊です。というか実際仕事詰めだったし、少しは家でまったりするのも悪くないですね。
しばし暇なので、「Nyarlathotepのく頃に~裸祭編~」の設定でも考えて行きます。追記部分に思いつく度に書いていきます。
コメント欄で、Nyarlathotepさんが秋までにストーリーを作成し、KM出版(有)さんが、コミックにして出版してくれるでしょうね。きっと。
[Nyarlathotepのなく頃に~裸祭編~]の続きを読む
スポンサーサイト