FC2ブログ
主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ
ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

やっぱね、私には無理だ。
あの物体には付いていけない。
屁理屈重ねて、言ってるけど、元々誠意の欠片もない人間を擁護できる神経が理解できないです。

論点逸らししかできないような人間の何をどう信頼するのか。
そんなくだらんチキンレースには乗れないね。

「折角・・・・してくれてるのに」
ああ馬鹿らしい、こっちが先に「折角・・・・してやったのに」って返しますよ。

もう君も、そのチキンレースに乗る必要はないですよ。無意味。無駄。
議論には勝つ為の議論っていうのがあって、そんなもの何が楽しいのかな。
勝つ為にやるんじゃなくて、ある問題に答えを出すためにやるんだよね。
ところが、あれはいつも、罵倒から入り、詭弁でごまかし、最終的にはちゃぶ台をひっくり返して滅茶苦茶にして勝ったという。

最近非常に短気な私には、くだらなくてついていけません。
スポンサーサイト



<もう過去に戻れない>

ホテルを目指す途中、何故か、Jamieは二度も同じ道を間違え、結婚を届け出る役所に2回も入り込んだ。
ひょっとしたらこれもフラグだったのだろうか。
わざとだったのかな?

その日の晩、Jamieの家族とお食事だった。
見ず知らずの日本人を暖かく迎え入れ、おいしい料理をご馳走してくれた。
ここから1週間ひたすら、何かしら食べ続けた気がする。

Jamieが一日仕事が入った日は、Jamieの友人が、私を連れていろんな所に連れて行ってくれた。
と言っても南京の頃から知っている、私の友人でもあるのだが。

とりあえずマーライオンも見た。
旅の空
↑ここに当時の写真がいろいろあるので、御覧になってください。

1週間はとても短かった。
最終日にJamieが熱を出し、完全に体調を崩したため、見送りも断ったんだが、聞き入れてもらえず、結局空港まで送らせてしまった。

最後に口づけを交わした。

それがJamieと会った最後の瞬間だった。


次がラストにします。


楽しい時間はあっという間に終わる。
苦しい時も後に楽しさがあることがわかっていれば、乗り切れる。

Jamieと約束したことがあった。禁煙。
もう破ってるけど。吸わずには居られない。

6月、私はシンガポールに行った。
1年ぶりにJamieに会える。それも、彼女が生まれ育った街で。

シンガポールは暑い。蒸し暑い。
Jamieが空港まで私を迎えに来てくれた。
彼女の運転する車でホテルを目指す。
最初、リビングに泊まれと言われたんだが・・・さすがにね。

そこで事件が起こった。
車の中で、「私のどこが好きか」と言うので、「全部」と即答したら、怒られた挙句、泣いてしまった。
その件は、途中で許してくれたんだが、何だかよくわからなかった。
もっと具体的に挙げるべきだったのかもしれない。

・私以上にわがままなところ
・笑顔
・涙顔
・怒った顔
・恥ずかしそうな顔
・低すぎる沸点
・料理がすごい下手なのに、一所懸命作ってくれること
・突然見せる子供みたいな、ささやき
・168cm、48kgのモデル体型
・たまに淋しげな後姿
・私が先にキレルと、同じものに怒りを覚えていたはずなのに、急速に冷めるところ。
・家族思いのところ
・実は世間知らずのお嬢様なところ
・責任感の強いところ
・動物が死ぬのを見ると涙が止まらなくなる私を優しく包み込んでくれたこと
・最愛のルンが亡くなった後、南京で1週間くらい、私を24時間ずっと励ましてくれたこと
・中国人の辞書に、並ぶという文字がないと北京空港で、大泣きしたこと。
・スカートの方がかわいいよと言うと、素直にスカート穿くところ。
・私の大好きな猫が、大の苦手なところ。
・日本のことが好きなところ
・私より前を歩きたがるところ
・すごくナルシストなところ
・先生をやっていた叔母さんを尊敬して止まないところ
・一日に最低2回はシャワーを浴びなければ気がすまないところ
・ピンクが大好きなところ
・豚、特にピグレットがお気に入りのところ
・胸がすごく大きかったら、裸で町を歩いてもいいと言ったこと
・・・・・
・・・・・
・・・・・
・・・・・
いっぱいありすぎる・・・・。

のでまた明日。