FC2ブログ
主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ
ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

TBS、興毅会見を生中継できず

10月27日9時59分配信 日刊スポーツ
 プロボクシング亀田兄弟の試合を独占中継してきたTBSは26日、長男興毅(20)が開いた謝罪会見を生中継できなかった。会見は午前9時に都内の協栄ジムで始まった。その時間にワイドショーを放送する日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日は冒頭から生中継。しかし、TBSは同時間は生活情報番組「はなまるマーケット」を放送。会見はニュースコーナーで数分取り上げただけだった。
 番組編成上の都合とはいえ、亀田兄弟が大阪に拠点を置いていた当時から追い続け、独占放送してきた同局が、謝罪会見は後れを取ったことになる。これまでの関係を考えれば、同局が情報番組を放送する午前11時以降に会見を開くよう依頼することもできたはず。しかし、同局関係者は「会見は協栄ジムと亀田家の話し合いで行われたもので、TBSは口を挟む立場にない。それに、周囲から言われるほど結び付きが強いわけでもない」と説明した。
 二男大毅(18)が反則を連発した内藤大助(33)との世界タイトル戦など同局の「亀田びいき」の放送内容は批判を浴びている。以後、反則問題も積極的に報じているが、独占中継の継続も含めて亀田家との距離の取り方には慎重になっている。

うんと亀田一家吊し上げ状態になってるんだけど、まあそれはある程度は仕方のないことで、兄弟に関してはDQN親に育てられた結果という話で終わり。
一番悪いのはTBSで、TBSがDQN一家を面白いからと好き放題させて、無理に作ったエンターテイメント性で、ここまでやったんだよね。
まあ他のメディアだっって結構便乗してたくせに、いろんな局の番組で好き放題の発言を許してたじゃん。他のメディアは空気を読む感じで少しずつFadeOutしていった。
TBSは最後まで、亀田への反発を強めるような実況をしたり、あいつらの好き放題を、がんがん全国ネットにのっけて放置していたわけだ。
なのになんで謝罪しないのかね?
私は亀田一家が謝る相手は、相手選手と、ボクシングファンと、その他のボクシング関係者だけでいいと思っていて、特に内藤選手が納得した時点で、終了でいいと思うんだよね。
でもTBSの罪は重い。
TBSは一連の責任を取って放送免許を剥奪されるべきだし、社長が国民に、誤りを平気で電波に乗せて、垂れ流したことを土下座して謝罪すべきだと思うよ。
TBSのような、馬鹿なテレビ局は、百害あって一利なしなので、とっとと畳んでもらいたいものだ。
スポンサーサイト