FC2ブログ
主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2009/031234567891011121314151617181920212223242526272829302009/05

ご挨拶
■礼の宇宙について
タイトルは宮城谷昌光さんの小説「子産」の中から頂きました。
礼とは、宇宙の原理、原則だと考えて頂いてよろしいかと思います。
しかし礼の深淵の地にたどり着くのは非常に難しいものですね
■このブログで語られること
ここはそもそも黒羊の毒を吐き出す場所として、生まれました。 とりあえず、毒がいろんな方向に飛んでいきます。反日との戦いは継続中ですが、反日とは何かをまずおいおい研究していかなければなりません。少なくとも、日本の"サヨク"は、日本のためなんて考えていないと思います。 憲法9条は欺瞞だと思っており、実装に合わせて仕様を変更すべきだと思っています。 でも政治的や社会的な問題より、まず現実生活の問題点が多いですね。ということでよろしくお願いします。
■黒羊のお勧め




↑置いてみました。ぽちっとやってみて下さい。
オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

清水の舞台
ということで、
さららさんおみやげです。
ご査収ください。
っていうかかなり解像度落としたんで、
今度もっといい奴をどこかに置きますね。
スポンサーサイト



通常、初めての町で遊び場所を探す時は、
事前にある程度調査するんだけども。
有名な、キタの一角なので、余裕をかましていたと言うミスがあった。

しかしだ。橋下君。
変な規制かましたら、私はどこで遊べばいいんだい?

ということで仕方が無いので、目に入った、ガールズバーに入ってみた。
女の子のバーテンが酒を作ってそれを頂く店です。カウンター越しにね。

11時に店を出て、再び街を眺めると、やはり寂れてる。
中国人の客引きが、「お兄さん、マッサージ3000円」と声をかけてくるくらい。
それは、あれだマッサージの後にHがある奴でしょう?福富町と同じだ。

数軒ある無料紹介所を遠巻きに覗くと手招きされたので、入ってみる。
おっさん「店探してるんでしょ?」
黒羊「うん。でも呼び込みとかいないからよくわからないんだ。」
おっさん「最初に言うとくけど、キャバクラしか表立っては紹介できへんで。」
黒羊「え?キャバクラしかないの?」
おっさん「いやいろいろありますけどな、ワシらは紹介したらあきまへんのや。」
黒羊「なんと!!橋下か?」
おっさん「よーご存知で。4月から強化ですわ。あいつ自分がたくさん子供おるから、もうどうでもええんですわ。わしら独身者のことなんかかんがえてませんねん。」
黒羊「やろー。許せない!!!!!!」
おっさん「でどうします?キャバクラと、ツーショットキャバクラがありますけど?」
黒羊「ツーショットは、あれか、交渉次第で・・・・って奴?」
おっさん「そうや。他の奴やったらうちでは紹介できへん。表向きは。」
黒羊「そうですか。んじゃあ普通にキャバクラにしようかな?どこがいいの?」
おっさん「いくつかありますけど、この二つがお勧めや。」
黒羊「どっちがいいの?」
おっさん「こっちの方がこの辺では一番やな。」
黒羊「んじゃ一番の方がいい。」
おっさん「そしたらちょっと待っといてください。」

と結局、キャバクラへ。

橋下君、君、いかんよ。私のように流しでちょこっと遊びたい人には、
呼び込みとか、紹介所とか重要だよ。必要悪っちゅう奴です。
お前は何の権限があって、大阪を楽しくなくしようとしているんだ?おい。
呼び込みとか、紹介所で紹介してもらったら、後はぼったくられても何されても、
自己責任だろうが??
ああむかつく。人の楽しみを奪いよって。
ということで橋下不支持です。(横浜市民だけど。)

で怒りに打ち震えながら、キャバクラへ。
案内の店員「かわいい子と綺麗な子と、ちょっと落ちる子がいますけど。」
黒羊「ちょっと落ちる子ってwwww」
店員「正直にいわなあかんと思いますんで。」
黒羊「ちょっと落ちる子は、情が移って危険なので、綺麗な子にしてください。」
店員「何すか?それ」
黒羊「かわいそうだなと思うと無理と無茶をする可能性があるってことです。」
店員「そういう考え方もあるんですね」

なんて話しつつ店へ。
で・・・・・・。

すげえ楽しい。大阪のキャバクラはいい。
女の子のしゃべりがうまい。
でも変な褒められかたした。
「黒羊さん、関東の人やのに、ようしゃべりはるから楽しい。」
はい。私、根は関西人ですから。
思わず延長しちゃったよ。楽しかったね。

で、翌日。
あきさんからメールで、
「黒羊さんがよくしゃべるんがびっくり。」
なんて言われたwwww

っていうか、何、私おとなしいイメージ?
ずっと喋ってますよ。ほうっておいたら。
だって根は関西人ですから。横浜弁を喋っているだけです。

次は、大阪のことだからきっと立ち直っているはず。
橋下、もうこれ以上楽しみを奪うのはやめろ。
でもあのキャバクラはまた行こう。