主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国韓国と仲良くした方がいい?しなくてもいい?
 ◇ふー、びっくりした
 この秋に2度、韓国に取材旅行にいった。日本韓国を舞台にした恋愛小説を来年書くためだ。訪れたのは、ソウルとプサン。どちらの街も元気で勢いがある。それはたのしい取材旅行だった。ソウルは高層ビルの建築ラッシュで、プサンは国際映画祭の真っ最中。とても華やかだった。たべものはおいしいし、女の子はかわいい。男性は徴兵制のせいか、みなたくましくスーツがよく似あう。ついでにいえば、現地では誰に会っても、おかしな反日感情などなかった。
 うーん、今回は簡単だとぼくは思っていた。だって、中国韓国はおとなりの国だものね。これからもずっとつきあっていかなければならないのだ。この質問のこたえなんて考えるまでもない。けれど、最近の東アジア情勢を、みんながどんなふうに感じているのか、それが探りたくてこのテーマにしたのだ。
 するとあらら、不思議。寄せられたのは厳しい反韓国・反中国のメールばかりだった。なぜなのかしらん? というわけで、今回は多数を占める「しなくていい」派からいってみよう。
 「近隣国と友好関係をつくるのは『望ましい』ことであって、『なすべき』ことではない」(住所不明・匿名さん)。「都合のよいときだけ、新時代にむけて新しい関係をといいながら、なにか起きると過去の清算だ、教科書問題だという国となぜつきあわなければならないのか?」(大阪市都島区・嫌人さん)。「隣国とは仲良くしたほうがいいに決まっているが、日本側から頭をさげてまで仲良くする必要はない」(海外在住・匿名さん)。「友情ごっこのような関係ならいらない。中国韓国とは必要があれば協力し、なければ距離をおくくらいでちょうどいい」(北海道旭川市・優子さん)。
 ふー、びっくりした。でも、反対派の意見はほぼ一点に集中している。中国や韓国は反日だから、仲良くする必要はないというもの。それ、ほんとなのかなあ。賛成派のメールを読んでみよう。
 「3年ほど中国東北部で働いています。日本でおおきく報道されている『反日』は、こちらでは報道ほどひどくはありません。一般人のなかには、単なる反日よりも、冷静に日本との上手なつきあいかたを模索している人のほうが多いように感じます」(東京都世田谷区・モモトン)。「実家のまわりには在日韓国人が多く住んでいて、それがあたりまえでした。結婚して住んだ場所には中国人が多く、小学校の運動会では中国語のアナウンスがつくほど。どちらの国の人とも、近くにいることが自然。人間なんだから、仲良くしたほうがいいと考えるのが当然だと思います」(神戸市垂水区・匿名さん)。「当然、仲良くすべきです。隣国の中国や韓国と仲良くしないで、遠くの国とばかりの外交では、成功なんてありえないのでは?」(千葉市花見川区・匿名さん)。
 ぼくはつぎの10年間で、現在の日米関係と同じくらい日中関係・日韓関係は重要になると思う。すでに対中貿易は日本経済のおおきな柱のひとつなのだ。仲良くしなくていい、無視すればいいというのは一見強そうだし簡単だ。でもそうすれば、すぐとなりに住むたくさんの人たちがいなくなるのだろうか。
 今回のこたえは数字のうえでは「しなくていい」派が圧倒的だったけれど、応募しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。中国・韓国とは仲良くしたほうがいい。
 あたりまえの話だよね。メールをくれた「多数派」はあまり反日報道やネットの情報に踊らされないほうがいいのではないかな。では、最後にシンプルなメールをひとつ。
 「夢みたいなことだとはわかっているけど、中国・韓国というよりは、すべての国と仲良くなってくれたらいいなと思ってます」(東京都練馬区・匿名さん)。別に夢なんかじゃないよ。ぼくだって、ジョン・レノンだって、それにその他大勢の地球人がそう願っているのだから。
==============
 ◇投票結果
 <有効投票数>9010
 (男6284,女2726)
 ((1)はした方がいい、(2)はしなくてもいい
 <全体>
 (1)42.8%(2)57.2%
 <男女別>
男(1)33.6(2)66.4%
女(1)64.2%(2)35.8%
 <年齢、男女別>
10代以下男(1)12.4%(2)87.6%
10代以下女(1)60.4%(2)39.6%
20代男  (1)31.4%(2)68.6%
20代女  (1)64.4%(2)35.6%
30代男  (1)31.5%(2)68.5%
30代女  (1)66.1%(2)33.9%
40代男  (1)42.3%(2)57.7%
40代女  (1)64.8%(2)35.2%
50代男  (1)45.0%(2)55.0%
50代女  (1)60.5%(2)39.5%
60代男  (1)41.7%(2)58.3%
60代女  (1)54.1%(2)45.9%
70代以上男(1)45.9%(2)54.1%
70代以上女(1)29.0%(2)71.0%
毎日新聞 2006年10月31日 東京朝刊


既にいろんなところで取り上げられてるんですが、私もこの記事にはびっくりしましたよ。
私も夏にソウルに行きました。女の子は、不自然な二重か、朝鮮顔(いや私も朝鮮顔ですよ、はい。)、チェジウとか、チョンジヒョンとか、イヨンエみたいに可愛い人が全然いないじゃん。ついでにスーツ着てる男なんてほとんど見なかったですね。おかしな反日感情?おかしいとか正しいとかが反日感情にあるのか知りませんが、今まで反日感情むき出しの韓国人とは出会ったことはありません。でも国家が反日であることは周知の事実ですし、そんな政権を選んでるのは、韓国民ですね。
で「そもそも仲良くしたほうがいいと思うか?」なんて曖昧な質問だ。
黒羊さんと赤狼さんがいます。二人は会うといつも口汚くお互いの欠点を指摘し合います。時には殴り合いの喧嘩をします。ある時二人が一緒にいると、銀蝿さんが、勝負しようと言ってきました。そこで、黒羊さんと赤狼さんは、お互いの欠点をカバーしながら、銀蝿さんを追い払いました。さてこの黒羊さんと赤狼さんは、仲がいいですか?
黒羊さんと青蛇さんがいます。青蛇さんはいつも蔭では他の人に黒羊さんの悪口を言います。黒羊さんも青蛇さんには腹が立つけど、周囲の人に仲良くしろと言われるので、我慢しました。青蛇さんは、黒羊さんが何も言わないので、増長して、ジュースを買って来い、垣根が壊れたので直せ、家を建てようとしたら金が足りないので寄越せ、と要求をしていき、黒羊さんが断ると、周囲の人に黒羊さんのあることないことを吹き込みます。黒羊さんは、もう青蛇さんを相手にしないことにしようとすると周囲の人間は仲良くしろと言うので、仕方なく要求を飲みました。さて黒羊さんと青蛇さんは、仲がいいですか?
黒羊さんと灰鼠さんがいました。黒羊さんが一度灰鼠さんの家を吸収合併しました。その後、黒羊さんは、灰鼠さんに謝罪し、家も土地も返し、更に損害賠償をしました。灰鼠さんも黒羊さんの謝罪及び賠償を受け仲直りしました。しかし事あるごとに灰鼠さんは、黒羊さんが、謝罪していない、反省していないと言います。黒羊さんは、灰鼠さんが可哀想なので、譲歩に譲歩を重ねました。いつしか灰鼠さんは、黒羊さんなしでは生きられないことに気付き、必死に過去のことを盾に黒羊さんに迫るようになりました。黒羊さんと灰鼠さんは仲がいいですか?

仲良くがどういうことなのか定義されないまま、なかなかこの手の質問に答えることはできないでしょうね。
この記事を書いた石田さんは、更にむちゃくちゃです。仲良くしなくていいと答えた人が、多いのがショックだったのです。仲良くすべきと言う人の意見を引用して、

ぼくはつぎの10年間で、現在の日米関係と同じくらい日中関係・日韓関係は重要になると思う。すでに対中貿易は日本経済のおおきな柱のひとつなのだ。仲良くしなくていい、無視すればいいというのは一見強そうだし簡単だ。


経済の話に、突然絞っています。急に論点を摩り替えざるを得なかったんでしょうね。経済、文化、政治、思想などで石田さんは金だけが重要なんだよって言ってるんですね。亡者ぶり発揮ですね。
仲良くしないとか、無視するとかって簡単ですか?ぺこぺこ相手の言いなりになって子孫の迷惑を顧みず、せっせと金を貢ぐほうが楽ですね。はいご馳走様。
さらにここは皆さんが叩いていますが、サイレントマジョリティの声を重視するから、アンケート結果は無視しますだって。無視するのは簡単だからだめって、自分が言ってませんでしたっけ?

メールをくれた「多数派」はあまり反日報道やネットの情報に踊らされないほうがいいのではないかな


私なんかは、5年中国に住んで、韓国人の知己も多い人間としては、安易なお友達ごっこレベルの仲良しなんて必要ないと思います。石田さんこそ、地球市民なんていう、くだらない幻想に踊らされてどうするんですかね?毎日新聞もさすがいい仕事しますね。馬鹿新聞は、ほんと資源の無駄遣いですよ。

アンケート結果で、70代以上の女性の71%が仲良くしなくてもいいと答えている結果が妙にリアルです。戦争を体験した世代の女性の話をもっと聞きたいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おじゃまします
石田衣良は直木賞作家ですが、完全なサヨクです。

>経済の話に、突然絞っています。急に論点を摩り替えざるを得なかったんでしょうね。

ほらね、サヨクの典型的な行動パターンではないですか。
出版業界は、文芸書が売れないと嘆いておりますが、こういうサヨクをもてはやすからです。
2006/11/04(土) 21:07 | URL | おしょう #-[ 編集]
おしょうさん
いらっしゃいませ。

最近の直木賞も芥川賞も安っぽくなったなと思い興味もないんですが、そうですか石田氏って直木賞作家なんだ・・・・。
2006/11/04(土) 23:24 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
「アンケートはこうだった、でも僕はこう思う」ならば…
 1年以上前の記事にコメントするのはどうかと思いながらも、拝読させていただきましたのでコメントを付けさせていただきました。

 学者の文章ではなく、作家の文章ですから飛躍や省略があっても「まあそんなものだろう」とは思います。そもそもアンケートも単なる話の枕として使う気だったのでしょう。
とはいえ
「アンケート結果はこうだった。なおこの問いに対する自分の見解は是であり、理由はこうである」
「ぜひ読者氏の意見を聞かせて欲しい」
 こういう展開にすればよかったのにサイレント・マジョリティという言葉を持ち出したのはいかにもまずかったですね。
 総投票数に対して年代別の票数比率が出ていないし、そもそも年代回答が信頼できるものか検証されてもいない。だからどちらがマジョリティであるか判断できない。
 「決定させてもらう」というのもまずい。決定は己の価値判断に従ってすることであって、「多数決でこうした」あるいは「サイレントマジョリティを考慮して(多数決で)決定した」と本気で書いたら付和雷同のそしりを免れない。
 たった一語の不用意な使い方が、筆禍を引き起こすという見本でしょうか。
2008/01/27(日) 12:34 | URL | 今皿次郎 #mQop/nM.[ 編集]
今皿次郎さん
いらっしゃいませ。
コメントありがとうございますね。
>たった一語の不用意な使い方が、筆禍を引き起こす
そうですね。素直に、アンケート結果はこうだけど、私はそれでも仲良くした方がいいと思いますと、論を展開させるべきだったと思います。
2008/01/27(日) 14:24 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
こんにちは
もうこの記事から5年以上経過しましたが、私も拝読させていただいたのでコメント付けさせていただきます。この記事では70代以上の女性約7割の方々が仲良くしなくても良いという意見でしたけど、それより下の世代は平均6割が仲良くしたほうが良いという意見だったのが気になりました。男性は年齢が下がるにつれ、仲良くしないほうが良いという意見が多いのにもかかわらず。韓国と仲良くしたほうが良いよと言う前に、その韓国の正しい歴史や文化、その国の日本という国に対する感情を考慮に入れてから判断をすべきです。石田氏の記事の中にある最初の文と最後2つの文は必ずしも中国、韓国に反感があるとは言えないでしょう。客観的な外交策を言ってるだけでしょうね。ちょっと決め付けすぎですね。私もあまり学のない単純な若者ですがここ数年テレビだけを見て、歴史や、文化、民族感情を知らずに液晶のK-POPアイドルを見て好きと言う女性が多すぎると思います。後半はただの愚痴になってしまいました。こんな駄文を長々と語ってすみません。
2011/11/10(木) 14:20 | URL | jjp #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/121-bed12f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 ちょっと古い話だが、作家の石田衣良が『毎日新聞』で「中国、韓国と仲良くした方がいい?しなくてもいい?」という質問で読者投票をとったところ、石田にとって意外なことに、「しなくてもいい」が多数を占めた。しかし仲良くするべきだと考える石田は、「サイレントマジ
2006/11/04(土) 02:50:23 | トラッシュボックス
 マガジン9条のオンライン投票「どうする?どうしたい?自衛隊」が注目を集めていま
2007/05/16(水) 23:55:41 | Peace Powers!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。