主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ自殺 “あなたは一人ではない。”松井選手メッセージ
 各地で続く学校でのいじめを苦にした子供の自殺に、ニューヨークでオフを過ごしているヤンキースの松井秀喜選手(32)から産経新聞にメッセージが届いた。かねて子供を取り巻く環境に関心を持つ松井選手にとって、日本から届くニュースの数々は悲しくてならない。いじめ自殺の再発防止に向けた動きが続く中、松井選手は「あなたの周りにはあなたを心底愛している人がいる。もう一度じっくり考えてほしい」と子供たちに訴えた。
 松井選手は現在、本拠地ヤンキースタジアムで週に2~3度、シーズン中に骨折した手首の可動域を広げる運動などを行っており、11月中旬に帰国する。その一方で、左手首のリハビリ中に受け取った日本人学校の生徒への謝意を伝えるため、10月18日から約2週間にわたり、日本人学校6校を巡る“お礼行脚”も行った。ふれあった児童、生徒の数は延べ1625人。「今度は優勝報告で来られるといいね」と来季の世界制覇を改めて誓っていた。
 子供を対象とするファンデーション(基金)の立ち上げを目指す松井選手はかつて、「いじめ撲滅」に向けて「人は夢を持っていると思う。僕の夢は野球そのものだった。いじめることが夢なんて人は一人もいないはずだ。かなう夢、かなわない夢があると思うけど、いじめは夢の遠回りになっている」とメッセージを発したこともある。
 いじめ問題については6日、池坊保子文部科学副大臣が昨年9月に北海道滝川市の小学校で起きた自殺について現地を訪れ、北海道教育委員会や遺族らから聞き取り調査を行った。自殺した小6女児の遺書にはいじめを訴える記述があったが、市教委は当初、遺書を「手紙」と呼び、「いじめがあったとは考えていない」としていた。
 福岡県筑前町で起きた中学2年の男子生徒のいじめ自殺では町教委が調査委を立ち上げ、近く学校側がまとめる報告書をもとに議論が行われる。
 文科省は相次ぐいじめ自殺に対する各教委の対応について「調査目的や調査方針が必ずしも明確でなく、遺書の公表など慎重になりすぎ。教職員一丸となった日常的な生徒の状態把握に課題があった」と、共通する問題点を指摘している。
                   ◇

 ■本紙に寄せた全文
 次々と子供たちが自らの手で命を絶つことには、僕も我慢がなりません。いろいろな理由があるにせよ、いじめをしている人、いじめで悩んでいる人には、もう一度じっくり考えてほしい。
 あなたの周りには、あなたを心底愛している人がたくさんいるということを。それは家族であり、親戚(しんせき)であり、友人であり、先輩であり、後輩であり、時にはペットであるかもしれません。
 人間は一人ではない。いや一人では生きてはいけないのです。だから、そういう人たちが悲しむようなことを絶対にしてはいけないと僕は考えます。相手の身になって、もう一度考えてみてください。
 ニューヨーク・ヤンキース 松井秀喜


有名な人が、このようなメッセージを発信するのはいいことだと思います。とにかく今将に死のうと考えている子を救うにはどうしたらよいのでしょうか?
生は死より難し。
身体髪膚是父母に受く、敢えて毀傷せざるは孝の始めなり。
言葉ではいくらでもメッセージを送ることができるんですが。。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
僭越ながら申し上げますが、私は以前、児童虐待といじめをテーマにした小説を書いたことがあります。そのとき、かなり多くの文献を読みましたが、実際、親からも愛されない子どもたちが存在するのは事実なんですよね。本当に、哀しいことですが…。
無論、松井選手の言を否定するわけではありませんが、

>あなたの周りにはあなたを心底愛している人がいる。

普通に考えればそうかもしれませんが、自殺にまで追い込まれる子どもには、却って酷な意見かも…。
2006/11/07(火) 23:36 | URL | おしょう #-[ 編集]
そうなんですよね
でも捨てる神あれば拾う神ありだと思うんですよ。
確かに松井選手の発言は、綺麗事じゃないか、と言われるかもしれないけど、彼は何かしなければと思い、アクションをしたので、私は素直にそれを評価しました。
だってマスコミは、自殺したことを報道します。いじめを無くそうといいます。でも、今将に死のうと考えてる子たちに何のメッセージも送らないじゃないですか。
2006/11/08(水) 00:06 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
追記
確かに、じゃあお前、今死のうと思ってる子供達の責任を全部負えるのかというと、正直負えません。
でもある一定数の人間が協力すれば、ある程度、彼らの力になれるんじゃないかと思うわけです。
2006/11/08(水) 00:24 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
そうですね。
松井選手のようなスーパースターの声が、苦しんでいる子どもたちの耳に届き、ひとりでも多く救われることを、願ってやみません。
2006/11/08(水) 01:38 | URL | おしょう #-[ 編集]
まあそれが
逆にプレッシャーになる可能性はおしょうさんの仰るように否定しません。
2006/11/08(水) 11:12 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/134-840334f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。