主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、安保条約を強化し、自衛隊が米軍の指揮の下で動くように再編する計画が進んでいますが、これについてのあなたの考えを聞かせていただけませんか?


回答が遅くなり申し訳ありませんでした。やっと落ち着いてきたので、考えを述べたいと思います。

現在の状況下、安保条約を強化し、自衛隊を米軍指揮下で活動できるようにするという計画については、致し方ないと思っております。
賛成か、反対かであると本音では、反対です。アメリカの意志で、自衛隊を動かされてもそこには日本の主体性がないからです。
しかし、現実問題として、自衛隊単独で、中国の脅威には対抗できないのでここは止むを得ないだろうと考えています。
さらにいうと、憲法9条がある限り、軍事において、日本が主体的になれるわけがないので、アメリカの思惑通りと言えど飲まざるを得ないと思います。

次に、理想論を述べておきます。
基本的には、私は、経済面だけでなく、軍事力、その他諸々でアメリカと対等の関係でありたいと思っています。
しかし、西に中国、西北にロシアという軍事大国がある現状で、現行法では、日本軍というものの創設もままなりません。
そこで最終目標をアメリカとの対等な関係と位置付けて今後の戦略を次のようなものと考えます。
まず、アメリカがバックにあると言うことを100%利用した上で、国内的には、憲法を改正し日本が単独でも先に述べた脅威に軍事的に防衛できる能力を目指す。
一方対外的には、東南アジア、中央アジアと結び、中国の脅威を取り除きます。
東南アジアや中央アジアと結束を強めていくことは、中国の古くからの戦略である、遠交近攻策であります。中国の周りが埋まることにより、中国自身が変わらざるを得ない状況を作り、中国を民主化させます。中国が変化し、日本と連携が取れる様になれば、それはおそらくアメリカが最も恐れるであろう、大東亜共栄圏?でしょうね。
アジアに憂いがなくなれば、自ずとロシア、アメリカと対等に渡り合うことも可能です。
とりあえず、私はアメリカの正義なんてものを一切信頼はしていませんし、アメリカ中心の世界で、日本として主体性を持った動きが出来ないというのなら、何も日本という国ではなく、アメリカの州になった方がマシだと思っています。
実際アメリカの州にしたら、アメリカの総人口の3分の1を日本人が占めるという異常事態になり、日本人がアメリカの大統領になる可能性が膨らむんじゃないかなんて妄想も考えたこともありますが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
黒羊さん
回答ありがとうございます。

持論を述べて下さる方との議論は、自分も得るものがありますので楽しくなります。

内容についてのコメントは、また後ほどさせていただきます。

取り急ぎお礼まで、
2006/11/24(金) 10:01 | URL | Looper #aQVDc6X2[ 編集]
Looperさん
私のほうも出張などで、対応が遅くなりがちになりますので、よろしくお願いします。
2006/11/24(金) 22:35 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
ポイントは「軍事均衡論」?
黒羊さんの結論は、「致し方ないが、本音では反対である」ということですね。
素晴らしい!本音の部分は一致できたわけですね。で、問題は、なぜ「致し方ない」と考えるか、そうでないと考えるかの違いです。

黒羊さんの主張を読むと、いわゆる「軍事均衡論」を前提にされているように思います。

> 次に、理想論を述べておきます。
> 基本的には、私は、経済面だけでなく、軍事力、その他諸々でアメリカと対等の関係でありたいと思っています。

そう、「均衡論」に立てば、結局そうならない限り、日本は永遠にアメリカから独立できませんね。
で、実際それは、ほぼ実現不可能です。そう考えれば、「致し方ない」と考えるのも「致し方ない」と思いますね。

しかし、本当に「軍事均衡論」は正しいのでしょうか?ここに、一番の議論のポイントがあるのかもしれません。

この件で参考となる、URLを示しておきます。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hmminami/note-kokuren.htm

とりあえず、ここまでの私の考察についてのご意見を伺ってから、先に進みたいと思います。
2006/11/26(日) 11:02 | URL | Looper #aQVDc6X2[ 編集]
軍事均衡論の
側面ももちろん考慮しています。
しかしそれ以上に日本として主体的な動き、簡単にいうと責任を負うべきだと言うことです。
私は大東亜戦争にしろ、日支事変にしろ、軍部だけが暴走したという、軍だけが悪かったという論は採用していません。
まあそれを言い出すと別の話になってしまうので、それ以上は触れません。
とりあえず、日本が主体的に判断した上で(つまり今の民主主義で国民が選択した結果であれば)たとえ戦争という選択肢が生まれてもそれは日本人が負うべき責任と考えております。しかし、アメリカが、イスラエルなどと一緒になって宗教戦争になった(なっていますが)としても日本として、果たしてそれにかかわる意味があるかというと私はないと考える。そのないと言うのが国民の総意であれば、アメリカにはしっかりNOと言える対等の立場に立ちたいというのが、最終的な目標です。
2006/11/27(月) 21:06 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
黒羊さん
> 私は大東亜戦争にしろ、日支事変にしろ、軍部だけが暴走したという、軍だけが悪かったという論は採用していません。

あの~、私もそんな単純な見方はしていませんよ。保阪正康氏の「あの戦争は何だったのか」なんかも読んでますしね。

> 日本が主体的に判断した上で(つまり今の民主主義で国民が選択した結果であれば)たとえ戦争という選択肢が生まれてもそれは日本人が負うべき責任と考えております。

それに異義はありませんよ。
私が問題にしているのは、例え国民多数が戦争は嫌だと思っていても、日米同盟における集団的自衛権の『行使』を認めてしまい、今回の議題である再編計画が進み、自衛隊がアメリカ軍の指揮下に行動するようになれば、アメリカの戦争に自衛隊(日本軍)が自動的に参加してしまう危険、つまり自動的に日本が参戦させられる危険の事を指摘しています。

> 国民の総意であれば、アメリカにはしっかりNOと言える対等の立場に立ちたいというのが、最終的な目標です。

全く同意です。
では、そのために日本が進むべき現実的路線はどこにあるとお考えですか?
2006/11/28(火) 09:53 | URL | Looper #aQVDc6X2[ 編集]
Looperさん
誤解させてすいません。
> 私は大東亜戦争にしろ、日支事変にしろ、軍部だけが暴走したという、軍だけが悪かったという論は採用していません。
Looperさんに向けた言葉ではなく、日本が主体的にという部分に関しては、当時もそうだったと私は考えているということです。

>では、そのために日本が進むべき現実的路線はどこにあるとお考えですか?
アメリカが守ってくれる前提でしか存在し得ない、今の憲法を破棄することからすべて始まると考えます。
2006/11/28(火) 22:00 | URL | 黒羊 #3/VKSDZ2[ 編集]
自民党改憲案
> アメリカが守ってくれる前提でしか存在し得ない、今の憲法を破棄することからすべて始まると考えます。

なるほど・・・では、今自民党から出ている「改憲案」は、「アメリカが守ってくれる前提」から抜け出られるものとお考えですか?

私なんかは、今の自民党案だと、今以上にアメリカに従属させられることにしかならず、黒羊さんの考える方向と逆行しているんじゃないかと思うんですが、その辺はどうなんでしょうね。

あと「軍事均衡論」も、良ければ議題に入れておきたいですね。
2006/11/29(水) 00:30 | URL | Looper #aQVDc6X2[ 編集]
自民党案
自民党の新憲法草案を見ていろいろ考えていました。返答が遅くなり申し訳ないです。
前文と9条2項が破棄する部分で、新たに9条の2項が、
第9条の2(自衛軍)
(1)我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮権者とする自衛軍を保持する。
(2)自衛軍は、前項の規定による任務を遂行するための活動を行うにつき、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。
(3)自衛軍は、第1項の規定による任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び緊急事態における公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。
(4)前2項に定めるもののほか、自衛軍の組織及び統制に関する事項は、法律で定める。
逆行はしていないと思います。ただし私の認識と自民党の草案は方向がちがいますね。
私としては、平和だなんだをわざわざ憲法に盛り込まないでいいと思うし、自衛軍なんて名前じゃなくて日本軍で十分だと思います。
まあいずれにしても今の憲法よりマシになるとは思います。
後はアメリカからの真の独立のための過渡期になると思います。
2006/12/04(月) 07:37 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
理由をお願いします
うーん、折角お答えいただいたんですが・・・理由が書かれていないので理解不能です。

> まあいずれにしても今の憲法よりマシになるとは思います。

どの辺が?そして、なぜ?

> 後はアメリカからの真の独立のための過渡期になると思います。

過渡期ということは、「アメリカからの真の独立」という目標に向けて、完全ではないが何らかの前進が期待できるということだと思いますが、それは何で、なぜなのかをご説明ください。

だって、目的から遠ざかるものを、過渡期とは言いませんからね。
2006/12/13(水) 08:57 | URL | Looper #aQVDc6X2[ 編集]
理由は
9条2項がないからです。
少なくとも、今の憲法は、アメリカが守ってくれる前提でしか存在しえないのです。
アメリカから守ってもらう必要を除去するためには9条なんてそもそも必要ないです。
2006/12/13(水) 22:33 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/142-7e73c3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。