主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拉致、日中韓で懸念表明 温首相、4月来日 (産経新聞)
 【セブ(フィリピン中部)=佐々木類】安倍晋三首相は14日午後(日本時間同)、セブ市内のホテルで中国の温家宝首相と会談した。温首相は4月上中旬に来日する意向を表明、今年下半期の安倍首相の訪中を招請した。安倍首相は訪中の検討を約束した。北朝鮮による拉致問題で温首相は中国首脳として「必要な協力」を初めて表明した。韓国の盧武鉉大統領を交えた日中韓首脳会談では(1)北朝鮮の核実験への懸念(2)人道上の懸念(拉致問題)に対する対処の重要性(3)3カ国の投資協定締結交渉の早期開始-を明記した共同記者声明を発表した。
 日中首脳会談で安倍首相は、昨年末の6カ国協議が頓挫したことに言及。「北朝鮮は、核開発と関係ない金融制裁に固執して進展がなかった。態度を改めるよう中国からも促してほしい」と要請し、両国が連携していくことを確認した。また、安倍首相が拉致問題の「重大性と早期解決に理解と協力を求める」と述べたのに対し、温首相は「必要な形で協力を提供したい」と応じた。
 歴史認識について温首相は、今年が盧溝橋事件から70周年であることなどを念頭に「今年は敏感な年であり、適切に対処したい」と指摘。安倍首相は「過去の歴史を謙虚に振り返り、平和国家としての歩みを続けていく。日本の戦後60年の平和国家としての歩みを中国国民に理解してほしい」と述べた。
 東シナ海のガス田開発問題では、共同開発の方向で早期に解決することを確認。安倍首相は中国が停止している日本からのコメ輸入の再開を要請、温首相は積極的な検討を約束した。両首脳は(1)経済閣僚会議の新設(2)中国国防部長の来日を含む防衛交流の活発化-などでも合意した。
 一方、日中韓首脳会談は2004年11月以来、約2年ぶり。安倍首相は北朝鮮の核開発について「国連決議を実施して圧力をかける必要がある」と強調、盧大統領は韓国がコメ支援を中断していることを説明した。拉致問題は3カ国の共同声明で初めて、「人道上の懸念」と明記された。
 国連改革では、安倍首相が「安保理常任理事国を務める用意がある」と協力を求めたのに対し、温首相は「国連の権威と能力の向上の点で協力する」と述べた。
(2007/01/15 01:32)

日中韓の共同声明で、拉致問題を盛り込めたのはよかったです。
>歴史認識について温首相は、今年が盧溝橋事件から70周年であることなどを念頭に「今年は敏感な年であり、適切に対処したい」と指摘。
鈍感な年はあるのかが知りたいですが・・・・・。
さてこれからどうなっていくのでしょう?いろんな意味で。
韓国の大統領とはあんまり話をしなかったんでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/158-fd1670ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。