主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京、オリンピックに向け公衆トイレの改善と確保に懸命
1月17日8時45分配信 ロイター
 [北京 16日 ロイター] 北京市当局が、2008年のオリンピックを控え、今年中に北京近郊にある1000カ所の公衆トイレを改装する計画であることがわかった。国営メディアが16日に伝えた。
 新華社によると、当局は、悪臭を放つと指摘されていた路地裏にあるトイレの消毒や消臭にも努めるという。
新華社は、市当局責任者の話として「全てのトイレは清潔で節水が考慮され、効率的な換気装置が据付けられたものになる」と伝えている。
また、新華社によると、昨年末までに市内にある5580カ所以上の公衆トイレは「近代的な水準」に達したものの、どこからでも歩いて5分以内に公衆トイレを確保するとの同市の目標はまだ達成できていないという。
この問題を解決するため、北京市行政当局は、より多くのトイレを設置するとともに「約3000の商業ビルにトイレの一般開放を要請する」としている。
最終更新:1月17日8時45分


中国の公衆便所は恐ろしくてほとんど利用したことはないのですが・・・。といっても日本の公衆便所も大をしたい時は当然避けます。
で日本でも中国でもトイレは、中級以上のホテルやデパート(中国のデパートは、危険なので除外。)を使用している私でも、北京の公衆トイレは大丈夫なんですかねえ・・・。
北京には2回しか行ったことがないのであれですが・・・・。
ちゃんと個室になってるのかな?やっぱり溝が掘ってあって、何分かおいて水がドバーッと流れるシステムなのか非常に気になります。
大学のトイレは個室でしたが、ドアが真ん中部分しかないのでしゃがめば丸見えだったりしたのですが、それにもまして用を足しながらドアを開け放って待ってる友達と話す子とかいたんですが、そういうのもないでしょうか?
自分で確かめる勇気が持てないので、誰か教えて!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>北京には2回しか行ったことがないのであれですが・・・・。

おやおや、そうなんですか。私は10回ぐらい行きました。

以前、万里の長城の公衆トイレを覗いたことがあります。

ドアがなくて向かい同士の人がしゃべりながら大便してました。(男女とも同じらしいです)
2007/01/19(金) 02:39 | URL | 静流 #os126ke.[ 編集]
静流さん
いらっしゃいませ。

長城も2回行ったんですが、
恐ろしくてトイレに行こうとも考えませんでした。
>私は10回ぐらい行きました。
南京に住んでると、北京に行くのが一苦労なんで(今は飛行機で行く金はあるけど当時は学生なので列車移動)、江蘇省と上海一帯の旅行が主でした。
そのうち北京にもまた行こうかと考えてはいますが。。。
2007/01/19(金) 08:52 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
黒羊さん
本当に御無沙汰いたしました。自分のブログの例の件や家庭のことで手一杯でした。

今年もよろしく。

上海は北京以上によく行きました。定番コースの上海蘇州杭州のツアーコンダクターとして、です。

大晦日を蘇州で過ごす」というテーマのツアーがありまして、深夜寒山寺で除夜の鐘を聞くんですよ。
2007/01/19(金) 23:53 | URL | 静流 #os126ke.[ 編集]
静流さん
お元気そうで何よりです。
>「大晦日を蘇州で過ごす」というテーマのツアーがありまして、深夜寒山寺で除夜の鐘を聞くんですよ。
へえ面白そうなツアーですね。
江蘇省では蘇州が一番好きですねえ。

2007/01/22(月) 10:13 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
その寒山寺で除夜の鐘の件なんですが・・・
一応お昼の観光コースにも寒山寺が入っています。で、夕食後いよいよ除夜の鐘を聞くために観光バスで寒山寺に向かいます。

寺の前に到着したら日本人観光バスがずらっと並びます。周囲に明りらしい明りがないから、ほとんど真っ暗です。

バスから降りる際にはガイドさんから決して離れないように言われます。グループチケットで入る際に他のグループと混じるとお互いのガイドも切符切りも困りますから。

でも中に入るともうごった返しです。で、いよいよ除夜の鐘が鳴り出します。

そのときです。私はふと外を見ると中に入れずにいる大勢の人が柵の外でこちらを見ているのです。何やら文句を言っている人もいます。

あとでガイドに聞いたのですが、中に入れるのはほとんど日本人だけで、一般の中国人は入れないそうです。

なぜかと聞くと、政府の方針だそうです。寺院内への入場可能人数は限られています。当時の中国では中国人用、外国人用で入場料が大きく違っていました。(今でも?)

利益優先のために外国人(といっても除夜の鐘を聞きにくる外国人はまず日本人だけ)に優先権を与えるのだそうです。

それを聞いたときに私は怒りました。「いくらなんでもひどい!ここは中国じゃないか!」自国民と自国民の文化を軽視しているのではないか・・・

しかし、それもちょっと違うようです。私が行った年の何年か前から日本からの寒山寺除夜の鐘ツアーが始まり、年々日本人の参加者が増えてきたのですが、中国人はそれまで大晦日の寒山寺の鐘になど何の興味もなかったらしく、これだけ日本人が大勢押しかけるから、そこに何か価値があるのかもしれないと大晦日の深夜に近所の人がやってきているだけだとのこと。

そういえば中国の正月は1月1日ではないですから12月31日は年の瀬ではなく除夜の鐘の意味がわからないのも無理はありません。
2007/01/23(火) 00:02 | URL | 静流 #os126ke.[ 編集]
楽しくなったので新しいエントリを起こします。
2007/01/23(火) 10:54 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/160-e09a9a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。