主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長江に魚を取り戻せ 三峡ダム「ゴミ汚染」と戦う(産経Web)
私は、日本での遊び人生活を切り上げ、単身南京に留学したわけですが、もちろん日本人が比較的少ないということと、最大の理由は、三国時代の呉の都、建業だったからです。
長江沿いの大都市です。
しかし、長江大橋を渡ったときのあの悲しさ・・・・。
何だ、この色。鮮やかな赤、黄、緑の流れ。汚染が激しい・・・・。
で三峡ダムによりさらに汚染が深刻になったというのはひどいありさまですね。
重慶---武漢---南京---------海
確かに重工業地帯が続きますねえ・・。


三峡ダム 湖北省宜昌市に建設された世界最大級のダム。総額1216億元(予測)の国家プロジェクトとして1993年に着工し06年、ダム本体が完成。周辺設備建設など09年までにプロジェクト全体が完了する予定。治水、発電、水運改善というメリットが強調されている。ダム湖の長さは570キロにおよび、湖底に沈む土地の住民約140万人が強制移住させられた。「三峡移民」と呼ばれるこれらの人たちの生活保障も社会問題化している。


「治水、発電、水運改善」と引き換えに重要なものを捨ててしまっていますね。水位が上がって、昔ほど三峡下りはよくないと聞きます。
長江は、中国の文明の発祥地とも言われ(黄河とは別の)、戦国時代には楚の国が、三国時代には呉が恩恵を受けました。
最も、呉の長江デルタ地帯を整備したのは、始皇帝ですが。
ああもったいない・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/181-03b7f29c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。