主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北、段階的に放棄 米「テロ支援国」解除へ
 【北京=有元隆志、大谷次郎】北朝鮮問題をめぐる6カ国協議は13日夕、北京の釣魚台迎賓館で全体会合を開き、共同文書を採択して閉会した。北朝鮮が寧辺の関連施設を停止・封印する見返りに他の参加国は重油5万トン相当の支援を行い、その後の措置履行に応じ、最大で重油100万トン相当を支援する。国交正常化に向けた日朝協議や、テロ支援国家指定解除のための米朝協議の開始も盛り込まれた。ヒル米国務次官補は13日夜、北朝鮮への金融制裁問題を30日以内に解決すると表明した。
 北朝鮮放棄をうたった2005年9月の共同声明の実現に向け、約1年半たってようやく第一歩を踏み出す。
 スノー米大統領報道官は13日、ワシントンで今回の合意を「北朝鮮放棄実現に向けた非常に重要な第一歩」と評価する一方、北朝鮮が合意を守らない場合は、国際社会を通じた制裁が継続される、と警告した。
 合意文書では、北朝鮮は寧辺の施設の活動停止・封印を行い、国際原子力機関(IAEA)による査察も受け入れる。プルトニウムを含むすべての核計画に関し、5カ国と協議するとした。
 北朝鮮は60日以内に「初期段階の措置」を取り、各国は重油5万トン相当のエネルギー支援を行う。ただ、日本政府は拉致問題での進展を前提との立場から支援は行わない方針で、各国もこうした日本の意向を理解しているという。
 北朝鮮はすべての核施設の申告と既存の核施設の機能停止に応じ、最大で95万トンの重油に相当する経済、エネルギー、人道支援を受ける。初期段階措置が実施された後に、6カ国は外相会談を行うとしている。
 また、個別の問題を協議するため、(1)朝鮮半島の非核化(2)米朝国交正常化(3)日朝国交正常化(4)経済、エネルギー協力(5)北東アジアの安全保障-の5つの作業部会を設置し、30日以内に初会合を開く。ヒル次官補は13日夜、高濃縮ウランによる核開発は作業部会で論議すべきだと述べた。
 日朝関係では、「不幸な歴史を清算、懸案事項を解決」し、国交正常化を図る。日本側は懸案に拉致問題も含まれるとしている。12日午後には、今協議では初めての日朝協議が行われた。
 北朝鮮は200万キロワットの電力など大規模なエネルギー支援を要求するなど調整が難航したが、議長国・中国は13日未明に合意文書の第2次草案を最終案として提示した。
 次回6カ国協議は3月19日に開催される。
(2007/02/13 17:47)(産経)


結局進展があったとは思えない内容だと感じます。「核」は持ったもの勝ちのご時世を見事に証明したと言えるでしょう。アメリカは同じ失敗を繰り返そうとしています。日本は、北朝鮮がいるから、イラクにまで自衛隊を送り込んだり、様々な妥協をして来たのですが、もはや無意味な気がします。そもそも北朝鮮の要望など聞く必要はない。テロには徹底的に戦うと宣言したアメリカもダメな国ですね。
北朝鮮という国が軍国主義で軍事主導であることから、軍事で叩くしかないと思います。
そのためには憲法改正が必要であり、自衛隊の敵地攻撃能力の拡大を図るべきでしょう。憲法9条のせいで、日本の外交の幅が極端に狭い。他国が外交交渉をやる時は、延長線上に戦争という選択肢もありうるということで交渉の幅が格段に違います。
もちろん改正してすぐ戦争というわけではなく、日本はいざとなれば、北朝鮮を叩き潰すぞという圧力をかけることが肝要です。
そして、拉致被害者を奪還し、在日朝鮮人を、北朝鮮に返還して、縁を切るというのが、最も国益に即してると思われます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/191-4f595eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。