主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さららさんのところのコメントで、名前が出てきたので関連して書いて見ます。

中国では、が先でが後なので、日本とは逆ですね。といっても、日本で言う所の中国では中国ではなだけですが。
は、血縁集団を表しているのですが、女偏なので、古代の中国は母系集団だったのではないかと言われます。
もっと細かく言うと、代表的な
姫→周王朝の王家
姜→太公望を出した羌族
女以(女偏に以"じ")→夏王家の
子→商(殷)王家の姓
などがあり、女偏の姓が多いことからも、それらの姓は元々は母系部族だったのではないかと伺えます。
それに対し族としてのがあるわけですが、
地名だとか、官職などから作られます。
日本でも同じように、時代が下ると姓との関係は曖昧になっていき今では消滅しています。
儒教では同姓の結婚を認めないわけですが、それは姓です。
なので周王室に魯や晋などの同じ姫姓家との婚姻はいけないわけです。
未だに華僑や、華人や朝鮮人では同姓の婚姻が認められないのですが、(法律で禁止されてるかどうかはしりません)、古い時代の習慣を踏襲しているわけです。しかし既に姓や氏といったボーダーがないので、どれほどの意味があるのかはわかりません。
例えば何度も取り上げている子産ですが、
姓は姫、氏は公孫、名前が喬で、字が子産ですが、鄭の穆公の孫なので、氏は公孫となっています。しかし、子産の家は国氏とも言われていますので氏として国を挙げることも出来ます。(子産の父親の公子発、座あざなは子国なので国氏)
つまり子産を姫喬とも公孫喬とも国喬とも呼べるわけですね。
で同じ氏が公孫であっても、例えば宋(子姓)や斉(姜姓)の国の公孫であれば、婚姻は認められるわけです。
ちなみに、
中国の古代でややこしいのは、諱と字ですね。諱は、親や、目上や、身分が上の人しか呼べない。普通は、字を呼びますね。
例えば
諸葛亮孔明は諸葛が氏、亮が名、孔明が字です。彼は蜀の丞相になったわけですが、劉備や、劉禅しか彼の名を呼べないわけです。
劉備玄徳も備が名で、玄徳が字になるわけです。
しかも字と名前には関係があることが多いです。
例えば、亮は明るいという意味ですので、孔明の字は孔だ(はなはだ)明るいです。劉備玄徳も徳を備えるということです。
また曹操孟徳の字の孟というのは最初と言う事ですから、彼が長男であることがわかります。
後は伯仲叔季が字に付いていれば、4人兄弟の何番目かがわかります。
姜維伯約なら、姜維は長男。
司馬懿仲達であれば、次男。
夏侯称叔権であれば、三男
劉邦季であれば、四男。
と推測できます。ところで劉邦についてですが、もちろん漢の高祖であるのですが、邦は、アニキくらいの意味しかなく、季も単に末っ子って意味しかないため、実は名前がないわけです。(親につけてもらえていない。)
次回は、苗字と出身地について考察してみます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
老師、勉強になりました!
ところで、知り合いの台湾人は
両親とも「陳」さんです。
こういうのはありなんですか?

2007/02/16(金) 20:53 | URL | さっちゃん #u3MRTyDc[ 編集]
さっちゃんさん
老師なんて恥ずかしいからやめてください。
黒羊ちゃんにしてください。
>両親とも「陳」さんです。
>こういうのはありなんですか?
まず法律では禁止されていないのでしょう。違法であれば処罰対象ですからね。
・儒教を信仰していない
・陳は氏で同じだが、姓は違う
などの可能性はあるし、
何より現在は、同姓結婚に関して意識的に薄れていると思いますよ。
韓国でも本貫(朝鮮半島で姓の発祥地を表すもの)が違えば、同姓で結婚しても良いらしいですよ。
ちなみに陳氏の元は、周の時代にあった陳という国から発生したと思われ、陳の公族であれば、女爲(女偏に爲、ぎ)と言う姓で、これは帝舜の裔ですね。
2007/02/16(金) 21:49 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
反論してもいいかなぁ・・・。
韓国では、今は、同じ本貫で同じ姓でも、法的には結婚は可能だと思います。
で、以前は、同じ本貫で同じ姓の場合のみ、結婚できなかったんじゃないかと思います。
自信もソースもないですが、そうだったような気がします・・・。
2007/02/17(土) 14:14 | URL | さらら #mQop/nM.[ 編集]
さららさん
いらっしゃいませ。
法律でどうなっているのかはWikipediaで確認したのですが、「今は八親等内の親戚の結婚は法的に認められない」だそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E8%B2%AB
そもそも私は法律で禁止されているかどうかは知らなかったのですが、前に韓国人とシンガポール人と中国人たちと話してる時に、「日本人は同姓で結婚していいのか?」という話があったんで、兄弟とか親子じゃなきゃいいですよ、三親等以内の結婚が認められていないことを言った話の中で、そういう話が出てきて、韓国人も華人も認められないと言っていたので、その時は、習俗的なものだろうと漠然と感じてましたが。
なので法律は抜きにして、韓国でも保守の人間は、同姓婚は避ける傾向があるんじゃないでしょうか?
2007/02/17(土) 15:45 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
ごめんなさい。
「本貫」が違えば、同姓でも、「同族」にはならないので、それは法的にも、慣習的にもOK。

「本貫」が同じで、同姓の場合、以前は、法的にも、慣習的にもダメ。
今は、法的にはOK、ですが、親の世代とかには反対されるでしょうね。

ってことです。
で、韓国の場合「姓」だけじゃなく、「本貫」が以外と重視されているんですよ、ということが言いたかったんです。
解かりにくい書き方して、申し訳ありませんでした。。。
2007/02/17(土) 23:46 | URL | さらら #mQop/nM.[ 編集]
なるほど
うんと、本貫が同じなら、異姓でも結婚できなかったんですか?
あと、古代の中国に関しては姓=いま言ってるところの「本貫」と同じだと思うんですよ。で氏が今言ってるところの姓で。
つまり姫姓の人間は、氏が同じつまり周王室と鄭公室では、氏が違いますが同姓であるため婚姻できない。
このルールって言うのは実は孔子の誕生よりずっとずっと前からあるもので、儒教ではって言ってしまいましたが、もっともっと前の習慣なんですよね。
面白いですね。
2007/02/18(日) 00:15 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
なんか、話をややこしくしてゴメンなさい。
黒羊さんの本分の、
>未だに華僑や、華人や朝鮮人では同姓の婚姻が認められないのですが、
この婚姻が認められない「同姓」というのが、「本貫+姓」が同じでないと、韓国では「同姓」という感覚にはならないと言うことです。

なので、コメント欄の
>何より現在は、同姓結婚に関して意識的に薄れていると思いますよ。
>韓国でも本貫(朝鮮半島で姓の発祥地を表すもの)が違えば、同姓で結婚しても良いらしいですよ。

に対して、結婚を基準にする場合、「本貫+姓」が同じでないと、韓国では「同姓」という感覚にはならないので、元々、結婚可能でした、ってことです。

なので、「本貫」と「姓」は同等と言うか、韓国の「本貫+姓」が、中国の「姓」と同じだと思ったんですが・・・。

で、韓国の「本貫+姓」が完全に一致した場合のみ、かつては結婚できなかったんです。

なので、韓国の人の言う「同姓」とは、「本貫+姓」が同じという意味だったんじゃないかと、思ったということです。

上手く説明できなくて、ますます、話をややこしくしていたらゴメンなさい。。。
2007/02/18(日) 01:06 | URL | さらら #mQop/nM.[ 編集]
ああ
わかりました。
その前に本文で「儒教では・・・」が「未だに華僑や、華人や朝鮮人では同姓の婚姻が認められないのですが、」に含めたつもりで書いてました。すいませんでした。
それで最初にも触れてましたが、姓というのは元々部族名で・・・と言うことなので、本貫と同じかなと思うんですが。
まあ、現代の氏と姓の感覚と日本人の感覚と全部まぜこぜに書いた私がややこしくさせてしまったようです。すいません。
2007/02/18(日) 01:28 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/194-d385a703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。