主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しく入った社員に仕事を教えながら、自分のノルマをこなすのは無理だけどノルマをこなさなければ、無能の証だと思いつつ残業はしたくないけど、せざるを得ず、ガンダム無双になかなかありつけない黒羊です。

30過ぎて、今年33歳になるのかと思うと、今の間にできることってなんだろうかと思う。遊び人時代が長かったせいで、社会に出るのが出遅れたんだけど、結果的に順調に人生は動いている。
中学の保健室の先生に、「お前は一番結婚が早い」と言われ、高校時代に中学に遊びに行った時は「お前は不特定多数と遊ぶくせを直さないから絶対病気になる」と言われましたが、どうやらどちらの予言も外れました。
中国に留学したことは一つの人生の転機であり、日本を見つめなおすことができた以上に自分を見つめなおした。まあ中国でもかなりの遊び人だったわけだけれど、よく5年も住めたもんだ。
今から住めって言われたらかなり辛い。それでもおそらくまた住むことになるだろう。

某所で人と人は出会いが全てだなんて臭いことを言ってしまった。でもそれはつくづく思う。さてこれからの人生は親への恩返しの旅になるわけだ。うちの場合は非常に迷惑をかけたので、その落とし前はつけなければならない。とても払いきれるものではないけれど。

  對酒當歌 酒に対しては当に歌うべし
  人生幾何 人生幾何ぞ
  譬如朝露 譬えば朝露の如し
  去日苦多 去日苦だ多し
  慨當以康 慨しては当に以て康すべし
  幽思難忘 幽思忘れ難し
  何以解憂 何を以て憂いを解かん
  唯有杜康 唯だ杜康(註1)有るのみ
  青青子衿 青青たる子の衿(註2)
  悠悠我心 悠悠たる我が心
  但爲君故 但だ君が故が為に
  沈吟至今 沈吟して今に至る
  幼幼鹿鳴 幼幼として鹿鳴き
  食野之苹 野の苹を食う
  我有嘉賓 我に嘉賓有り
  鼓瑟吹笙 瑟を鼓し笙を吹く
  明明如月 明明たること月の如き
  何時可採 何れの時にか採るべき
  憂從中來 憂いは中より来たり
  不可斷絶 断絶す可からず 
  越陌度阡 陌を越え阡を度り
  枉用相存 枉げて用って相存す
  契闊談讌 契闊談讌して
  心念舊恩 心に旧恩を念う
  月明星稀 月明らかに星稀に
  烏鵲南飛 烏鵲南へ飛ぶ
  紆樹三匝 樹を紆ること三匝
  何枝可依 何れの枝か依る可き
  山不厭高 山は高きを厭わず
  海不厭深 海は深きを厭わず
  周公吐哺 周公哺を吐きて
  天下歸心 天下心を帰す
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/217-b2a0cc72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。