主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日朝作業部会、拉致問題は平行線たどる
 【ハノイ=長谷川秀行】日朝国交正常化に関する作業部会は8日午前(日本時間同日昼)、ハノイ市内の北朝鮮大使館で、拉致問題と国交正常化を議題に協議、今後も意見交換を続ける方向を確認した上で、2日間の日程を終えた。今作業部会では北朝鮮側が「拉致問題は解決済み」とする姿勢を崩さず、協議は平行線をたどった。日本側は拉致問題解決に向けた進展を目指したが成果を得られず、今後の交渉の行方も不透明だ。
協議時間はわずか45分
 8日の協議は、双方が拉致問題と過去の清算を含む国交正常化について基本的立場を改めて表明。協議時間はわずか45分だった。日本側代表の原口幸市・日朝国交正常化交渉担当大使は協議前、記者団に「今回の作業部会は基本的立場を述べ合い、互いに間違った印象を持たないようにしていくことが重要だという意識になっている」と語り、突っ込んだ議論にはならないとの見方を示していた。原口大使はまた、拉致問題について「日本政府の基本的立場をもう1度強調、先方の政府中枢に伝わるようにしたい」、国交正常化には「日朝平壌宣言の合意に従い進めることが必要だと強調したい」と、それぞれ表明した。
 7日の協議では、拉致問題解決がなければ国交正常化はないとの方針を打ち出した日本側に対し、北朝鮮側は「拉致問題でやるべきことはやった」と反発。午後に予定していた協議が見送られたが、その後の調整で、8日に協議を再開することで合意した。

 これに関連し、塩崎恭久官房長官は8日午前の記者会見で、北朝鮮側の対応について「想定内という感じだ」と述べた。


こんな誠意の欠片もない国に、軍事制裁も行えないとは、実に情けないです。憲法9条が無ければ、もっと対応は変わってるでしょうね。そもそも拉致すら起こらなかったかもしれない。
過去の清算については、日韓基本条約で終了ですので、韓国に請求してください。
兎に角拉致被害者を返せ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/222-9712e490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。