主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の記事も中途半端にしたので続き。

歴史についてそれは事実か、あったかなかったか、それは重要。
様々な面から、様々な資料から分析解析しなければならない。
集まった資料は、できるだけ正確であることが重要だ。

そして、何年何月何日にXXXXXXが起こる。

なんてことが記される。
それがどんどん積み重なる。それが歴史です。

その記述の中で、人が選択した道が、正しいか、誤りか、善か、悪かなんてどこにも出てこない。

つまり、残虐非道な日本軍なんて少なくとも歴史上には存在しない。
日本軍の行いの正誤善悪は、歴史では判断しない。
歴史で、正誤善悪まで語るなんて無理なんです。

価値観も時の流れに応じて変化する。

つまり認識になるわけだ。認識は立ち位置によって変わる。

しかしそのものは、実は何の変化もなくそこにあるわけです。
老子の道みたいな話になってきた。

次回、シビアな歴史について。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/23-e7977997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。