主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前国家食品薬品監督トップに死刑
5月30日8時0分配信 産経新聞
 北京市第一中級人民法院(地裁)は29日、医薬品の許認可に絡んで、収賄罪に問われていた鄭篠萸・前国家食品薬品監督管理局長(62)に対し、死刑判決を言い渡した。全財産も没収される。中国の食品や医薬品に対する不信感が世界的に広がる中、胡錦涛政権がこの問題に臨む厳しい姿勢をアピールした形だ。
 新華社電によると、鄭前局長は、医薬品の許認可権限を悪用、645万元(約1億円)のわいろを受け取った。鄭前局長は1998年から2005年まで国家食品薬品監督管理局長を務めた。
 中国では党・政府の高級幹部の汚職では、死刑判決でも執行猶予付が多かったが、今回の極刑は汚職官僚に対する見せしめの意味もありそうだ。(北京 野口東秀)
最終更新:5月30日8時0分

こういうところはすごいね。汚職は死刑というのは若干賛成だったりします。例えば、社会保険庁の今回の怠慢など、遡ってここの役人、元役人から全財産没収して補償すべきだと思います。
でまあ、死刑もやはり政治的に利用されるのが中国
さらに言えば、この人はたまたま運が悪かったのだと思うよ。デフォルトで中国の役人、共産党員は皆汚職してるんだろうし。
それよりも今世界にばら撒いている危険を解消してください。食品や薬品に毒を盛ると言うのは、テロと言われても仕方ないだろう。
で買うほうもなんだけど、所詮中国は"安かろう"だよってことは忘れないように。安くていいものなんて中国にほとんどないですから。
中国人とも言い合いになったが、結局日本の物が高いのは、中国の物より質において勝るからです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/287-0b05896b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。