FC2ブログ
主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

李・前総統が靖国神社参拝「個人的な事情で」
6月7日12時28分配信 読売新聞
 同神社には第二次大戦中、日本軍人としてフィリピンで戦死した実兄、李登欽(日本名・岩里武則)氏がまつられており、李氏は「個人的な家庭の事情での参拝。政治的にとらえないでほしい」と記者団に話した。ただ、中国政府は李氏を「台湾独立派の代表」とみなしており、反発を強めるものとみられる。
 参拝には、曽文恵夫人と作家の三浦朱門、曽野綾子夫妻らが同行した。
 参拝前に都内のホテルで記者会見した李氏は、「(兄と私は)二人兄弟で仲が良かったが、62年前、(台湾南部の)高雄で別れたままとなった。うちには遺髪も遺骨も位牌(いはい)すらない。いまは靖国に(魂が)残されているだけとなっている」などと説明、政治的な意図がないことを強調した。



李登輝前総統>靖国神社を参拝 「個人的な事情」と説明
6月7日11時27分配信 毎日新聞
 来日中の台湾李登輝前総統(84)は7日、東京・九段の靖国神社を参拝した。靖国神社には旧日本軍人としてフィリピンで戦死した2歳上の兄・李登欽氏が祭られており、李氏は以前から参拝を希望していた。中国は李氏を「台湾独立分子」と非難し、総統退任後初の東京訪問に抗議していた。8日にドイツで安倍晋三首相と胡錦濤国家主席による日中首脳会談が予定されており、その直前の靖国参拝によって中国日本への反発姿勢を強めるとみられる
 参拝前、李氏は「62年前に(台湾南部の)高雄で兄と別れて以来、私の家には遺髪も遺骨も位牌(いはい)もない。家族の一人として兄への尊敬の気持ちから参拝しなければならない」と説明。「(参拝は)全く個人的な事情であり、政治的にも歴史的にも何も考えないでほしい」と強調した。
 高齢な李氏は周囲に「最後の訪日となるかもしれない」と漏らしていた。また、「中国が靖国問題での批判の矛先を私に向けるのはおかしい」などとも述べていた。
 李氏は小泉純一郎首相(当時)の靖国神社参拝について雑誌のインタビューに「多くの若者たちが国のために命をささげたにもかかわらず、この国のトップがそれに目を向けないのは大きな問題だ」などと述べ、参拝を支持する姿勢を明確にしていた。自身の参拝がもたらす日台関係への影響より、遺族としての心情を優先させたようだ。
 今年4月に訪日した中国の温家宝首相は「台湾」と「靖国」の二つの問題で、日本政府にクギを刺していた。李氏が訪日した5月30日、中国国務院台湾事務弁公室の李維一報道官は「台湾独立分子に活動の舞台を提供しないことを希望する」と日本をけん制していた。
 靖国神社の参拝をめぐっては05年4月、李氏を精神的な支柱とする台湾政党の台湾団結連盟(台連)の蘇進強主席(当時)が所属議員とともに参拝している。【鈴木玲子】

李登輝さん、お兄様にお会いになられましたか?誠に喜ばしい限りです。日本のマスメディアは腐っているので、「個人的」や「中国様が反発必至」とかあほらしいことを書き立てていますが気にしないでください。
誰がいつ靖国神社に参拝しようが、自由です。
李登輝さんにまで、公人か私人かなんて愚問をしたのだろうか、アホマスメディアは?
中国がそんなくだらない反発をするなら、放っておけばよい。中国が馬鹿なんです。中国様に気を使って参拝するなって言う論調の新聞、テレビは皆中華人民共和国に移住して二度と日本に来ないでください。
台湾を、台湾人を助けるのは、戦後日本が台湾を捨ててから、日本国民の義務です。断じて、あんな反民主主義的な中華人民共和国に台湾を蹂躙させてはなりません。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
李登輝先生の靖国参拝に感謝申し上げます。ミケ
李登輝先生の靖国参拝に感謝申し上げます。ミケ
2007/06/07(木) 16:48 | URL | 屋根の上のミケ #mQop/nM.[ 編集]
おっしゃるとおりです。
李登輝さんがどこに行こうと勝手ですよね?
2007/06/07(木) 21:00 | URL | さっちゃん #u3MRTyDc[ 編集]
ミケさん
いらっしゃいませ。初めましてですね?
日本人は仰るとおり感謝してしかるべきです。
2007/06/07(木) 21:30 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
いつも靖国参拝で騒ぐ報道社は、日本に住まなくて良いから、他の国へ行って下さい。
お隣の国の人権侵害(チベット、東トルキスタン、スーダン)には目を瞑ってこれだから余計に・・・。
2007/06/07(木) 21:31 | URL | クリスタニア #-[ 編集]
さっちゃんさん
李登輝さんが、犯罪を犯さない限り、政治を行おうが、中華人民共和国を非難しようが、結社しようが、自由です。
ましてや靖国神社に参拝するという行為は内心の自由、信仰の自由、思想信条の自由で憲法で保証されることだと思うんですよね。
なのでマスコミの腐った報道はうんざりです。
2007/06/07(木) 21:37 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
クリスタニアさん
いらっしゃいませ。
>靖国参拝で騒ぐ報道社は、日本に住まなくて良いから、他の国へ行って下さい。
彼らには中華人民共和国や朝鮮民主主義人民共和国などの人民共和国がぴったりだと思います。
2007/06/07(木) 21:39 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/302-b689f1ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック