主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金保険料横領、社保庁が全国で実態調査
 年金保険料の一部を収納担当の職員が横領している事例があるとして、社会保険庁は全国の実態調査を始めた。保険料横領は発覚している分だけで2002年までに1億1000万円を超すと判明、未発覚のケースもあると見られる。社保庁は市区町村職員を調査する方針だが、同庁の地方出先機関も対象になる可能性がある。保険料横領は、払ったはずの保険料納付記録がなくなっている「消えた年金」などの一因とみられる。調査と情報公開を急ぐ必要がありそうだ。
 会計検査院の調査資料によると、1989―02年までの公的保険料の横領額は発覚した分だけで約1億1000万円。4年間にわたり加入者から受け取った保険料を国庫に納付せずに着服していたケース(東京・蒲田)、架空の被保険者記録を職員が作り自ら開設した金融機関口座に年金を振り込ませていたケース(愛知県・半田)など計7件。 (日経07:00)

有権者がマスコミの姦計に引っかかり、自治労が諸悪の根源であることを、忘れられては困ります。
年金問題で一番悪いのは自治労。つまり社保庁の全ての職員です。
そして民主党の支持母体です。民主党では年金改革ができません。比例区で当選をした相原久美子は自治労の代弁者ですが、彼女も国民がせっせと預けた年金を、すき放題にした国賊です。
マスコミが必死に隠したい自治労の問題ですが、ここを叩かないで自民党はどこを叩くんですか?
民主党は、年金を払ってもない人に、私達の税金を投入して払おうとしております。有権者の多くはマスコミにそれを隠され、自民が悪いと思い込んでいますが、一番悪いのは自治労です。
それを隠す民主党マスコミに騙されないように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/387-4989ab3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。