主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
憲法について
-改正が必要だと思う。
 ・前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼し」の部分がおかしいから。
 ・9条を読んで、自衛隊が違法だとしか思えない何か無理矢理解釈しないと自衛隊の存在が認められないようではね。
 ・9条の2項で、国際法とかで認められるはずの軍事的な自衛権を否定されているとしか思えません。
-安保について
 ・こんなあほらしい憲法がある限り、安保は必要。

理想について
まず現行憲法とそれに合わせて、国会で立憲された日本国憲法の改正手続に関する法律に基づいて改正を望みます。←重要
間違っても破棄とかはなしで、正々堂々と改正されるべき。当然議論は国民も巻き込んで行うべき。マスコミは手を出すな。この問題にマスコミの思想を入れて報道するマスコミがあれば、取り潰して全員島流しにする法律も造って欲しいですね。
少なくとも日本一国で中朝から守れるくらいの軍事力が必要。
その上で、安保より、軍事同盟をアメリカと結ぶ。利害が一致する限りは、アメリカが日本に悪意のあることをするとは思えない。

以上のことより、現憲法下の集団的自衛権の行使とかどうでもいい。
いわば義務とは言え。
自衛隊自体違法じゃん。

と言うことでまずあほなヘタレ平和を唱えてないで、皆でいろいろ考えるんだ。今まで9条のおかげで平和だったわけではない。アメリカの核の傘に守られた、アメリカの集団的自衛権に守られたことを(もちろん利害が一致してたからだけど。)認識しろ。
追記
反日ブログ監視所で、
護憲派は改憲派との対話が嫌?
のエントリは面白いので興味があれば御覧下さい。
個人的には、改憲派にも、人の話を聞かない人間はいるので、対話が嫌なのは、護憲派とか改憲派には関係ないのじゃないかと思ったりもしますが。
ただ、護憲派で、対話拒否を貫く人間が目立つのは確か。
どうしても議論とは勝ち負けを決めるものだと意識しているとしか思えないんですよね。
なので対話拒否するのはなぜか?については負けるのが嫌だからとしか思えません。

でも議論するのはより良い結論を出すためであって、決して論破のためにするものではないんですよね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
結局は安保強化or日本の軍事力強化なんですよね。
どっちも否定するから、意味不明な理論に陥るわけで。

中国・ロシアも軍事協力っぽい状態になっていくだろうし、
力をつけることで、第2の冷戦が始まりそうなのが心配です。
2007/08/22(水) 13:05 | URL | KM #yjwl.vYI[ 編集]
KMさん
いらっしゃいませ。
>安保強化or日本の軍事力強化
まあ極論としてはそれ以外ないですね。
>第2の冷戦
もう既にいろんなところで始まってますね。ロシアは北極海を巡ってヨーロッパ、カナダとしのぎを削りはじめてますし。
中国は、アジア支配の野望を明らかにしています。冷戦になってもそれは日本のせいではないわけですし。
ただ民主主義の大きな流れに、中国が抗することができるかというと、それはないと思います。第二の冷戦になる前に、中国では何かが起こると思います。
2007/08/22(水) 22:05 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/407-eeeb8277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。