FC2ブログ
主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2019/081234567891011121314151617181920212223242526272829302019/10

<時は流れる、それは過酷で・・・>

その年の12月には、早速Jamieが来日した。
当然うちに泊まるので、両親にも紹介した。

1ヶ月の滞在。もちろん私は、休むわけには行かないので、母親や伯母が、昼間はJamieの世話をしてくれた。
伯母はボランティアで外国人に日本語を教えていたので、その集まりを紹介してもらい、Jamieは日本語の勉強を始めた。

兎に角彼女が行きたいと思ったところには全て連れて行った。
12月には私の誕生日もあり、とても幸せだった。

夢のようだった。Jamieが日本にいる。横浜にいる。
「シンガポールには冬がないから、冬が好き。」彼女はそう言ってわらった。

元々彼女は日本が好だと言ってた。でも日本で、中国人と間違えられて、大泣きした時は、正直参った。中国人とは一緒にされたくないと言う気持ちはわからなくもないが、泣くことはないだろう・・・・。

本当は正月も過ごしてもらいたかった。日本の正月はどんなものか見てもらいたかった。
私も正月休みがあるしね。

でもJamieも仕事があるので、クリスマスが過ぎたら、またシンガポールに戻って行った。

南京での別れと違い、この別れは未来へ繋がる別れだった。それでもJamieは涙を流し、別れを惜しんだ。

私も、彼女がずっと思っていた日本を実際に紹介できて、とてもうれしかった。彼女にとてもよくしてくれた、両親や、親戚、友人達にもとても感謝している。
ボスの奥さんは、豪勢な手料理でJamieをもてなしてくれ、彼女もすごく気に入っていた。
Jamie自身、英語もぺらぺらなので、それなりに日本でも何とかなったらしい。
日本語は、外国人に思われるから、もっとうまくなってから話したいとわけのわからないことを言っていたのも可愛かった。

何もかもが順調に始まった。

急激に眠気に襲われたので続きは明日。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
なんか、切なくなってきました。
2007/10/07(日) 02:34 | URL | KM #yjwl.vYI[ 編集]
KMさん
いらっしゃいませ。

まだまだこれからです。
2007/10/07(日) 14:57 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/434-e620a67f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック