主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<もう過去に戻れない>

ホテルを目指す途中、何故か、Jamieは二度も同じ道を間違え、結婚を届け出る役所に2回も入り込んだ。
ひょっとしたらこれもフラグだったのだろうか。
わざとだったのかな?

その日の晩、Jamieの家族とお食事だった。
見ず知らずの日本人を暖かく迎え入れ、おいしい料理をご馳走してくれた。
ここから1週間ひたすら、何かしら食べ続けた気がする。

Jamieが一日仕事が入った日は、Jamieの友人が、私を連れていろんな所に連れて行ってくれた。
と言っても南京の頃から知っている、私の友人でもあるのだが。

とりあえずマーライオンも見た。
旅の空
↑ここに当時の写真がいろいろあるので、御覧になってください。

1週間はとても短かった。
最終日にJamieが熱を出し、完全に体調を崩したため、見送りも断ったんだが、聞き入れてもらえず、結局空港まで送らせてしまった。

最後に口づけを交わした。

それがJamieと会った最後の瞬間だった。


次がラストにします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/437-7782e09d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。