主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀子さま、男児ご出産
 秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前8時27分、入院先の総合母子保健センター「愛育病院」(東京・南麻布)で帝王切開手術を受け、男のお子さまを出産された。
 皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに次いで第3位。男子の誕生は1965年11月の秋篠宮さま以来41年ぶりとなる。
 宮内庁によると、お子さまは身長48・8センチ、体重は2558グラムで、母子ともにお健やかという。
 紀子さまの帝王切開手術は午前9時7分に無事終了し、病室に戻られた。
 紀子さまは胎盤が子宮口の一部を覆う「部分前置胎盤」で、早期出血が心配されたことから8月16日にご入院。胎児が十分に発育する妊娠37週目を待って、この日に帝王切開手術を受けられた。手術は主治医の中林正雄・同病院院長が執刀し、麻酔科や小児科の医師ら12人体制で行われた。


めでたい話です。おそらくご懐妊のニュースが出た頃には男子とわかっておられたのであろうとは思いますが、非常にめでたいと思います。
皇室典範の問題がありましたが、女系天皇容認は完全に棚上げになるのでよかったです。
こういうのを本当の意味で風と呼ぶのではないでしょうか?天皇の歴史を断絶させまいと八百万のも力を貸してくれたのかもしれません。
個人的には天皇家としての伝統と文化を世界遺産に登録したい気分です。今回の新宮様御生誕は、日本社会の明るい未来を暗示しているのではないかと思い、我々もますますこれからの日本を考えていかねばと新たな決意を胸に、頑張りたいと思います。
友人の発言より
「万世一系が崩壊する歴史的な場面に生きている間に遭えるかと思ったができなかった。」
私も確かに歴史学的な観点からは、非常に奇跡的な貴重な体験であると言えるので同意。滅亡、崩壊もまた歴史ですから。
同友人より、
「土壇場で男子誕生というのは、まさに天皇が現人であるといえるかもしれない。」
確かに、がかり的な奇跡の気がします。現人とまでは思わないにしても、日本人の心が天に認められた気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
たった今、静流さんのお部屋にお邪魔し、「反日日本人」の愚かさをたっぷりと見せ付けられたばかりですので、たいへん、ゲンナリした気分でしたが、この記事を見て、また元気が沸いてきました。
2006/09/07(木) 22:39 | URL | おしょう #-[ 編集]
おしょうさん
私も静流さんのまとめてくださってる、人間以下の生き物の発言を見て、怒りに打ち震えています。
一つの命の誕生を、素直に喜べないのは、人でなしです。
2006/09/07(木) 22:42 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/44-b24ba0cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
昨日、初見のアドレスからの比較的大量アクセスがあったので、辿ってみたら「石根せいいちろう」さんという方のブログ「きち☆石根」であった。「個人的に社会の問題点を探して独りで文句を言います。無精者blog。。」と
2006/09/07(木) 22:46:26 | ★★反日ブログ監視所★★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。