主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先生・・・。ありがとうございました。
浪人中に英語の個人教師をやっていただきました。
伯母の友人として、伯母が私に接するように、時に厳しく、
時に優しくご指導ありがとうございました。
おかげで公立の大学に受かることもできました。

その後紆余曲折をいつも暖かく見守ってくれましたね。
先生もいろいろと大変な目に遭われたのに、未熟な私は何もできませんでした。
癌でご入院された時も、いつもの高い声とテンションの高さで、
びっくりしたものです。

結局受けたご恩もまるで返せずに、無能な私は、先生を見送ることすらできませんでした。
申し訳ありませんでした。

先生どうかこれからも愚か者の私を見守っていてください。
いつか大成し、ご報告させて頂きたいと思います。
あなたはよく私に仰ってくれました。大器は晩成すると。
それを励みにこれからも頑張って参りたいと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
恩返しは
師筋の人に何かお礼をすることとは直接関係ないと思いますよ。

教えを生かしてより良く生きる、そして教えを後進の育成のために可能な限り伝える。
ですから恩返しが間に合わないと言うことはありません。

精神は命がなくなり名がなくなっても生き続けます。
これはある意味永遠です。
2008/01/09(水) 23:57 | URL | 中畑 #q1cvaNjE[ 編集]
中畑さん
いらっしゃいませ。
>師筋の人に何かお礼をすることとは直接関係ないと
まあそうなんですけどね。でもせっかくなら生きているうちに、私の成長した姿を見せてあげたかったりしますよね。
まあきっと天から見守ってくれてるでしょうね。
2008/01/15(火) 13:17 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/497-6bed88ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。