主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということで昨日は、送別会イベントにも関わらず、
日付が変わる前には帰宅した黒羊です。
体力的にもたないですからね。さすがに。

ああ、そういや、何で郵政の西川を替えられないんだろう?
するっと替えてしまえばよかったのに。
麻生さん失敗じゃない?

なんてことを考える今日この頃。

後、
小池元防衛相が党基地対策委員長を「抗議の辞任2009.6.16 16:48」


小池百合子氏 自民党の小池百合子元防衛相は16日、党本部で記者団に、党基地対策特別委員長を辞任したことを明らかにした。
 党の国防関係合同会議が麻生太郎首相(党総裁)に提出した提言の「敵基地攻撃能力の保有」の項目に「予防的先制攻撃を行わない」との文言が盛り込まれたことに抗議したという。
 この文言は、提言の作成過程で、自民党の防衛庁長官・防衛相経験者会議が「外国に誤解を与えてはいけない」とする山崎拓元副総裁らの主張を取り入れて採用した表現。
 敵基地攻撃は国際法や憲法、専守防衛の範囲内の「先制攻撃」の一種。「予防的先制攻撃」は差し迫った脅威ではないが放置すれば将来、受け入れがたい脅威をもたらす可能性のある相手を攻撃する国際法上違法な「予防攻撃」を指す。
 小池氏は産経新聞の取材に対し「『専守防衛』で手足を縛り、『予防的専制攻撃』でさらに縛る。縛る話ばかりだ。日本の防衛政策を縛り続けていいのか。近隣諸国への配慮といっても、向こうは配慮なんてしない」と語った。

憲法の範囲内の「先制攻撃」の意味がわからない。
現行憲法は武力放棄をうたってなかったっけ?違憲だろう?
と言うことでとっとと改憲しましょう。
憲法の範囲内では、どこをどう読んでも、自衛隊が合憲とは思えないんだけど。
防衛すら認められんだろ、あの文面じゃ。あほらしい。
なんで、こんな無意味で、国に不利益しかないような馬鹿憲法の範囲内で、皆で言葉遊びを楽しまなければならないのか本当に理解に苦しむな。
解釈どうこうとか私のテスター魂からすると、すごくいい加減な話なんだよね。
ばっちり書けよ、Yes/Noを。んで今の憲法にはばっちりNoと書いてあるよね、武力行使は。

んで小池さんの、
「近隣諸国への配慮といっても、向こうは配慮なんてしない」
という意見はその通りだと思います。
憲法の前文にあほうなことが書いてあるんだけど、
平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼し。。。。
どこが?日本の周りに公正と信義を信頼するに足りる国なんてないじゃんよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/691-4aafec62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。