主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我愛上讓我奮不顧身的一個人
我以為這就是我所追求的世界
然而衝直撞被誤解被騙
是否成人的世界背後 總有殘缺

我走在每天必須面對的分岔路
我懷念 過去單純美好的小幸福
愛總是讓人哭讓人覺不滿足
天空很大卻看不清楚 好孤獨
(孫燕姿:天黒黒)

ということで、ストレスが溜まりまくりの黒羊です。
ボスが地元で飲むほうが安いと言い張るんで、
ボスの好きな東南アジア系の女性のいる店なんかに飲みに行ったわけです。
高いよ。
変わらないよ。
辺鄙なところだと需要が少ない分余計に高いんだよ。

まあ私は福富町の住人で十分です。

っていうか、自分は夜遊びに行ったりとか、
何とかの活動もないんだろうから、いいけどさ、
他の人は、ある程度何時に終わるかとか計算して生きてるのよ。
特に週末ともなればね。
自分は特に予定もないから大丈夫だと、だらだらと無駄に残業させちゃまずいだろう。

時間とか、仕事でちゃんと切って管理職と交渉しないと、
すごい無駄ジャンか。

あれですよ、自分の時間が必要な人もいるってことは常に考慮に入れないとね。








自分の身などどうなってもいいくらいの人を愛する。
それが私の求める世界だと思ってた。
でもがむしゃらに突っ込んで、誤解され、騙され、
大人の世界の背後には欠陥があるんじゃないか?

私は毎日必ず出くわす分かれ道を歩く。
昔の単純で美しい小さな幸せを懐かしく思う。
愛はいつも人を泣かせ、不満を覚えさせる。
空はとても大きいけど、かえってはっきり見えないから、とても孤独だ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/704-77f5f1ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。