主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言論の自由はあるけどさ。
昨日miracleさんの記事「性犯罪者とともに生きる
に「1998年に東海道線で痴漢して罰金払った件も陰謀なのか?」と書いてみたんだけど、
たまには自分で調べようと、
売国者たちが狙う植草一秀さんの命!!
読んでみた。ぞっとした。

1998年の東海道線車両内でのできごとは、事件性はなかったが、ボックス席の対面席にいた女性が、ふとももの付け根の痒みに我慢できなくて掻いていた植草さんを誤解して、たまたま通りかかった車掌に不快感を示したことがきっかけだった。鉄道警察の取調べでは、「上申書を書けば帰してやる」という話に乗ってしまったのだ。無理もない。推定有罪を前提とした自白強要の典型例がここでも起きていた。


すげえ・・・・・。
「ふとももの付け根の痒みに我慢できなくて掻いていた」
すげえ・・・・。
隣の席に手が当るようなら、先に「ふとももの付け根の痒みに我慢できないので、ちょっと掻きます、すいません」と断るべきだ。
痴漢する奴なんか、性器切り落としより、もう死刑でいいですよ。

ってそんなことにムカついているんじゃなくて、こいつら、なんで被害女性そっちのけで、
植草を救うとか言ってるんだ?
お前らあれだぞ、痴漢されると尾を引くぞ。
私は、昔横浜駅の西口の某ゲーセンで、ゲームに夢中になってたら、
変な男に背中に股間押しつけられた。
もちろん、当時イケイケの私は、そいつを店の外に出してボコボコにしてやったけども、
それ以来、ゲーセンの背もたれのない椅子でゲームをやったことがない。
また真後ろに男が立ってると、ものすごく嫌。
あの不快感は忘れられない。
中国に留学中に韓国人の男に襲われそうになったけど、
あれも命カラガラで逃げたんだけど、あれ以来韓国人の男性は怖い、きもい、男同士二人きりでは会いたくない。(仲のいい韓国人であってもだ。)
男である私ですらそんなだ。
男性より非力な女性は、もっと心に深く傷を負うだろう。そんなの想像つくだろう、経験なくても。
ましてやレイプを完遂されたり、電車や密室で、触られたりした女性は、そりゃもう世の中の男性は全部そうだと思うだろう。
有罪確定したってことは被害者がいるんだよね。被害者へは配慮しないのかよ?
お前らの大好きな弱者じゃないんか?って私は不思議に思うよ。

植草が、テレビや教授の仕事で稼いだ金で、川崎なり、曙町なりの店で、
女の子に「ちょっと嫌がってください」とかいいながら痴漢プレーを楽しんどきゃ、
よかったんだろうよ。
それをありえない電車の乗り間違いとかさ、泥酔とかさ。
なんでうちのボスみたいに、ボーイングって看板を見て、
「ボインだ、ボインってすげえ名前の店だな」って欲情するくらいですまさないかな?
もしくは、うちのボスみたいにキャバ嬢にちょっとブラのホックを外させて欲しいとお願いして、
断られたら、あきらめるくらいのさっぱり感がないんだろうね。
その後オッパイパブ行って、あれは偽乳だと怒り狂って、フィリピンのお姉さんに抱きついて、
欲情して記憶失っちゃえばいいんだよ。

え?私ですか?私はよくうなじを触らせて欲しいとお願いすると、結構触らせてくれます。
でももっとうなじ見たいから、ずっと私に背中を向けておいてくれって言って怒られます。
(私と話したくないの??って責められます。)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
痴漢みたいな性犯罪の
偶然や冤罪は一度、まかり間違っても二度で打ち止めですよ。
一度でも冤罪をかけられたら、本人がもう徹底的に誤解の螺旋から逃れるようにしなければならない。
三度目はもう以前の冤罪すら疑われる。
2009/07/25(土) 13:35 | URL | 中畑 #x9BMrad6[ 編集]
お前ら自重しろ。>専務&BOSS
2009/07/25(土) 17:47 | URL | miracleさん #n2X17scw[ 編集]
中畑さん
いらっしゃいませ。
>偶然や冤罪は一度、まかり間違っても二度で打ち止めですよ。
二度は完全にまかり間違ってますね。
陰謀論なら何でもありですけどね。
痴漢で捕まる人なんて、基本的に常習者としか思えないですね。
2009/07/27(月) 10:38 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
miracleさん
いらっしゃいませ。
じゃあmiracleさんにボスは任すよ。私では、ボスの欲情を抑えることはできません。
2009/07/27(月) 10:40 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/714-a1dbd626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。