主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
散々悩んで、そのまま高速に乗ることを選択。

「秦野中井辺りまで行ければ後は246へ。」

もうすぐこの長かった拷問旅行も終わる。
大井松田から渋滞にはまり、ノロノロ運転。
厚木まで7キロというところで、ボスのモチベーションが下がった。
「回春マッサージってあるじゃん、あれって○○台にもあるんだよね。」
ボスが独り言のようにつぶやいた。
こいつまだマッサージ・・・・。
「いや、韓国マッサで欲情してから、なんかこうモチベーションがさあ、あるじゃんそういうの。」
ねえよ。
「厚木って何かあんのかな?」
「厚木は風俗店とか結構ある気がする。ネットによく出てるよね。」
「黒羊さあ、厚木って言ってもさあどこにあるの?本厚木とか厚木とかさあ」
黒羊リサーチ開始・・・・・・。
「中町だねえ。ピンサロとか結構あるからその辺じゃね?」
なんかピコピコしてるけど、無視。
「福富町みたいなところないのかなあ。」
「だからその中町ってところに、キャバクラとか固まってるから、きっとあるよ。」
「黒羊さあ、俺さあ結構チョンノマが好きでさあ、結構行ったんだよね。」
ちょwwwww何のカミングアウトwwwww
「黒羊はあんまり行かないよね。」
「私は昔ソープに行ってひどい目にあってね、遠藤のせいで。」
「何があったの?」
「遠藤がどうしても行こうって言うからさ、行ったのさ。横浜の。店、なんて名前か忘れたけど。とにかくちゃんと写真見て選んだんだけどね、なんか40位のおばさん出てきてさ。当時19だしさ。無理だから、とりあえず、お金は先に払っちゃったからあきらめてすぐ出ちゃった。」
「下手すりゃ母親だもんなそれはきついなあ。俺さあ、ラテン系とか東南アジアの女の子に惹かれるのは、チョンノマの出入りとかしてた経験だろうなあ。」
「いやそれはDNAに刻まれてるだけだろう。」
「そうか・・・それはそうか。よしとりあえず厚木で降りよう。先に言っておくけど、厚木に行ったからってそういう店に行くかどうかわからないから、それは我慢しておいてね。」
「はあ?私行きたいなんて一言も言ってませんよ。」
「いや仮にね。ちょっと厚木に寄ってみないとこのもやもやが解消できないんだよ。」

わかったからもう行けよ。
「ボス、中町わかる?」
「あ、もうさっきナビに登録した。」
はええええええええええええええええええええええええええええええええええ

ということで厚木へ・・・・。
その後は、まあ、そんな感じです。
黒羊さんは、膝枕で最初から寝ました。幸せだったなあ。ボスは満足したようです以下の部分以外は。
「俺が巨乳好き、黒羊が貧乳好きって先に言うべきだったなあ。」


こうして、長い出張は終わりました。黒羊さんは家に着いて、5分も立たずに寝ました。

なぜ厚木部分の記述が少ないかと言うと、実は、黒羊さん眠気Maxで朦朧としていたので、
お座敷サロンという名の店に連れて行かれた気がする程度で、
「膝枕で少し寝させてください」
と言っただけで後はあんまり覚えてないんですよ。
辛くて・・・・。

こんど泊まりの時は、絶対ビジネスホテルに泊まる。シングルに。
ボスと二人部屋では眠れない。
そして特別なサービスは、中国で500元で、出がらしになることにしたいと思います。

っていうかこの肉体労働接待は、ちょっと見直したいな。
体も痛いし財布も痛い。
週末どうなるのかな?ボスちゃんと断れたかな?????
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/720-c739f97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。