主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
っていうかあれだよね、融資のハードルを下げてくれればいいんじゃないかな。
モラトリアム法が成立したら、貸し渋りが加速したり、申請した企業には二度と融資しないとか、
ありそうだ。
実際、政策金融公庫なんかのセーフティネットでも既に1年くらいの猶予措置はあるわけで。
それで十分だろう。
3年も猶予期間持たせたら、金融機関のリスクが大きいよね。
国が肩代わりって言うの?財源は?増税?
なんか違うよね?
うちの会社なんかもあれだよ、もう少し、借りやすくしてくれればありがたいってだけの話。

そんなことより、政策として、内需でも外需でもいいので、大きな箱を作ってもらいたいですな。
後雇用の維持または、新規の雇用についても思うところがあるんだが。。。。
会社によっては先払いがきついから雇えないことが多いでしょ。
今の雇用支援は、働いた事実が認められて、初めてお金がもらえるので、
厳しいんですよね。もちろん、詐欺が増える可能性が高いからだろうけど。
休業補償も、先にマックスの給与払ってから、支援金が来る。
正直払えたら、支援金はいらんがな。
みたいな。
この辺はまだ頭の中で整理しきれてないが、モラトリアム云々は景気対策や、中小企業支援策とはちょっと方向性が違うと思われる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
既に行われている政府による中小企業支援では足りないのか、
そこへの説明がないから、よく分からんですね、こういうの。
もしかしたら、麻生内閣の補正予算から削る前提なのかな?

逆に、政府が援助するからと言って、銀行に貸せるだけ貸しなさい、ってなり、
不良債権がいっぱい、公的資金投入・・・
って事態になるのも最悪。
2009/10/03(土) 12:56 | URL | KM #yjwl.vYI[ 編集]
KMさん
いらっしゃいませ。
>麻生内閣の補正予算から削る前提
どうなんでしょうね。不透明だから、窓口がすごく混んでます。
>政府が援助するからと言って、銀行に貸せるだけ貸しなさい
まあ巨大な箱作り(公共事業、別にダム建設とかじゃなく)をしてくれれば、中小も隙間に食い込めるんだけどなあ。
2009/10/03(土) 21:28 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/762-a96f6f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。