主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウオッカが現役続行!ドバイWC参戦!
 

1番人気のジャパンCを優勝し、史上4頭目、牝馬では初のJRA7冠馬となったウオッカ(栗・角居、5)の現役続行が6日、濃厚となった。来年3月27日にドバイのメイダン競馬場で行われる「ドバイワールドカップ」(GI、オールウェザー2000メートルの予定)がラストランになる模様だ。 ウオッカは2センチのハナ差でオウケンブルースリを破ったJC後に鼻出血が判明。今回が1度目の発症で、JRAの規定によりレース翌日から1カ月の出走停止となり、ファン投票1位の有馬記念(27日、中山、GI、芝2500メートル)には出走できなくなった。
 国内外の強豪を一蹴し、日本の牝馬で初めてJCを制したスーパーホースに対してファンからは称賛の声が高まり、最強馬としてまだ活躍できるとの見方が支配的だった。このまま引退して繁殖入りか、それとも来年も雄姿が見られるのか…。今後の動向が注目されていたが、現役続行の方向で固まった。
 ドバイは08年、09年と2年続けて挑戦。いずれもドバイデューティフリー(GI、芝1777メートル)で4着と7着に終わり、09年は現地の前哨戦(GIIジェベルハッタ)で5着だった。来年参戦予定のドバイWCは、今年の1着賞金が約3億4200万円という世界最高賞金レース。舞台はナドアルシバから来年以降、新競馬場のメイダンにかわり、全天候型トラックで開催される。賞金総額もこれまでの600万ドルから一気に約1000万ドルへ大幅アップされることが決まっている。3度目となるドバイ遠征が集大成のレースとなりそうだ。帰国後は繁殖に入る予定。正式には8日に発表される模様。
 ウオッカは、レース後も連日、厩舎周りで軽めの引き運動を行っており、鼻出血の影響はなさそう。近日中に栗東トレセン近くのグリーンウッドに放牧に出される。

正直もう休ませてやっって欲しいという気持ちと、まだまだやってくれって気持ちがあるんですが。。。。。
個人的には、ブエナビスタとやって欲しかったんですが、贅沢すぎますよね。
しかし、牝馬>牡馬にいつからなったんだ??
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
来春の繁殖入りまでに、さらに箔をつけられそうなレースといえばドバイぐらいしかないのは分かるんですが、もう充分過ぎるほど走った名馬なのでこのまま大人しく引退させてあげてほしいものですが・・・。史上単独トップのGI8勝に対するこだわりですかね?

ドバイでラストランの後に繁殖入りのプランって12年前のホクトベガの悲劇を思い出してしまいますので、これが変なフラグにならなければ良いのですが・・・。とにかく最後のレースを無事に走り終えてほしいモンだと思います。
2009/12/07(月) 19:13 | URL | KOH #-[ 編集]
KOHさん
>12年前のホクトベガの悲劇
それだ。なんか引っかかりがあるなあと思ったんですよ。まさにそれが怖い。
>史上単独トップのGI8勝
そこにこだわる気持ちも分からなくもないですけどねえ。
2009/12/07(月) 23:42 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/805-aa11b0f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。