主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<伊吹文科相>英語必修に慎重な考え示す
 次期学習指導要領に盛り込まれる見通しの小学校5年生以上の英語必修化について、伊吹文明文部科学相は27日、「必須化する必要は全くない。まず美しい日本語が書けないのに、外国の言葉をやってもダメ」と必修化に慎重な考えを示した。文科省が実施した市民からの意見募集でも必修化に消極的な意見が約4割を占めており、今後論議を呼びそうだ。
 伊吹文科相は、英語教育よりも最低限の素養や学力を身につけさせることが先決だという認識を示した。さらに中央教育審議会が英語必修化を答申した場合について、「中教審のお考えを入れるか入れないかは、私が判断をしなければいけない」と述べた。【高山純二】
(毎日新聞) - 9月27日21時53分更新


今回の文科相の発言は非常にいいと思います。しっかりと日本人を育てるべきです。語学でしたら、大きくなってからでもやる気と根気とセンスがあればいくらでも習得できます。
国際社会の中で英語と言うのは確かにすごく重要になります。しかし一生のうちをほとんど日本国内で過ごす日本人にとっては、英語より日本語、さらに精神修養を小さいうちにやっておくべきです。
英語はいらないとは申しませんが、少なくとも英語をやりたい人がやるべきです。で私の場合ですと、大学で少し中国語を勉強し、個人的に少し勉強し、基本部分だけ覚えて、現地で5年、今では中国語で話すと中国人に福建人や広東人と思われるようにまではなっています。(その先にはかなり壁がありますが)書くほうに至っては、メッセやSkypeなどでは、中国語で打ち込んだら日本人と言っても信じてもらえません。
つまり後からどうにでもなります。まず日本語と道徳をしっかり教育してください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
賛成です
>>まず日本語と道徳をしっかり教育してください

全く仰せの通りです。
知識、技能、と人格は全く別物ですし、その証拠は政界、官界、教育界に毎日と言うほど現れています。
人間の根本である人格、品性教育があって初めて知識、技能が正しく発揮されると考えます。
品性下劣な者が知識、技能だけ習得すれば、益々犯罪が増えるでしょう。
2006/09/29(金) 09:27 | URL | 小楠 #00DmkO4s[ 編集]
小楠さん
いらっしゃいませ。
受験教育の弊害か、いい大学に入りいい企業に入るためだけに、詰め込み型の知識教育のみを優先させるから、モラルが下がるんだと思います。
仰るように、人格や品性教育の建て直しが必要だと思います。
もっと根本的な教育改革を期待したいですね。
2006/09/29(金) 12:57 | URL | 黒羊 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/81-d9434d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。