主張すべきことは主張する、いつでも毅然とそして礼節を忘れない国へ

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
官房長官、戦後補償に前向き 日韓基本条約は無視
 

仙谷由人官房長官は7日の記者会見で、1965(昭和40)年締結の日韓基本条約で韓国政府が日本の植民地をめぐる個人補償の請求権を放棄したことについて「法律的に正当性があると言って、それだけで物事は済むのか。(日韓関係の)改善方向に向けて政治的な方針を作り、判断をしなければいけないという案件もあるのではないかという話もある」と述べ、政府として新たに個人補償を検討していく考えを示した。
 仙谷氏はまた、日韓基本条約を締結した当時の韓国が朴正煕大統領の軍政下にあったことを指摘し、「韓国国内の事柄としてわれわれは一切知らんということが言えるのかどうなのか」と強調。具体的に取り組む課題に関しては「メニューは相当数ある」として、在韓被爆者問題や、戦時中に旧日本軍人・軍属だった韓国出身者らの遺骨返還問題などを挙げた。
 これに先立ち、仙谷氏は東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演し、日韓、日中間の戦後処理問題について問われた際に「1つずつ、あるいは全体的にも、改めてどこかで決着というか日本のポジションを明らかにすべきと思う」と発言した。ただ、「この問題は原理的に正しすぎれば、かえって逆の政治バネが働く。もう少し成熟しなければいけない。大胆な提起ができる状況にはないと私は判断している」とも述べ、幅広い国民的合意が必要だとの認識も示した。
 日韓間の補償問題をめぐっては、日韓基本条約で決着済み。韓国は対日請求権放棄と引き換えに得た資金で経済建設を推進、個人補償は徴用死亡者のみに限定した。条約締結の際に日韓両国が結んだ「請求権・経済協力に関する協定」でも、両国政府と両国民間の請求権は「完全かつ最終的に解決された」ことを正式に確認している。


法律的に正当性があるだけで物事が済まないとしたら、法治とは?
なんだこいつらあれか、増税して朝鮮人に寄付しようって腹か。
すげえな。
菅首相が小泉元首相の靖国参拝を批判

菅直人首相は8日、熊本市内で演説し、小泉純一郎元首相が在任中に毎年、靖国神社を参拝したことについて「小泉さんは『俺は言ったことは絶対やる』と言って、靖国に毎年参った。そのことによって、アジアの国々との政治レベルの交流が非常に滞っている」と批判した。さらに首相は「アジアとの連携がこの10年間必ずしもできなかった。気が付いたら中国に欧州の企業が物凄い勢いで出てきた」と述べた。


首相のくせにアジアは中国と朝鮮半島しかないと思ってるの?大丈夫か?
韓国と政治レベルの交流が滞ってるとは思えない。中国とも特に滞っていない。嘘つき。
中国に欧州の企業が出てきたって?ものすごい勢いで?嘘つき。
日本もまだまだ出てるしね。経済状態の問題は、政治的影響より、必要か必要じゃないか、儲かるか儲からないかが先に立ってるから関係ない。
交流が滞っているのに、なんで、私は今年に入って2/3の時間を中国で過ごしてるんだよ?馬鹿か?
ものづくりに関しては、中国からベトナムなどに移りつつある。
なぜなら、品質が保証できないから。
まあ、菅自身が靖国参拝するかしないかは、自由なんで、したくないと思えばしなければいい。
したくない人間が無理やりお参りに行ったところで英霊には迷惑以外の何者でもないし。
高らかに宣言する必要は毛頭ないけどね。
そのような姿勢は個人的には歓迎しないけどね。

まあ民主党の中のサヨクがうようよと動いて外国人参政権を実現させようとか人権擁護法案を成立させようとか、気持ち悪いったらありゃしない。
っていうか日本の経済を立て直して、ものづくりを日本人の手に取り戻そうよ。
いいもの作りたいじゃない?日本人にしか無理だよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blindsheep.blog19.fc2.com/tb.php/894-98e132f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。